Office Hack

Windows 11のアップグレード対応チェックアプリについて

  • Release

使っているPCがWindows 11にアップグレードできるか不安な方は多いかと思います。

本記事では、お手持ちのPCがWindows 11のアップグレードに対応しているかチェックする方法についてまとめています。

また、記事の後半でWindows 11に対応しているPCをいくつかご紹介していますので、参考にしてみてください。

Windows 11のアップグレード対応チェックアプリについて

今お使いのPCがWindows 11のアップグレードに対応しているかどうかについては、「Microsoft公式サイト Windows 11」で確かめることができます。

現時点(2021年9月15日)ではチェックアプリは準備中です。

Windows 11

Microsoft公式サイト Windows 11にアクセスし、スクロールバーを【下にスクロール】します。

互換性の確認

「互換性の確認」までスクロールします。

現時点(2021年9月15日)では「準備中」の表示が出ていますので、チェックアプリが使用できるようになりましたら画面の指示に従ってお進みください。

「このPCはWindows 11に対応していません」の時の対応

Windows 11のアップグレード対応チェックアプリで「このPCはWindows 11に対応していません」と表示された場合は、どのようにすればよいでしょうか?

その対応を下記に示しますので、ご参照ください。

PCスペックの確認を行う

Windows 11に必要なPCスペックは、Windows 10よりもハードルが高いものとなりました。

Windows 11に必要なPCスペックの内容と手持ちのPCスペックを確認する方法については、以下の記事をご覧ください。

全てのWindows Updateを適用する

Windows 10のバージョンが最新でない場合、Windows 11にアップグレードできない可能性があります。

Windows 11にアップグレードする前に、あらかじめWindows Updateを行い最新のバージョンにしておきましょう。

Windows Updateを実行する方法については以下のとおりです。

設定を開く

①【スタートメニュー】、②【設定】の順に選択します。

更新とセキュリティを選択する

【更新とセキュリティ】を選択します。

更新プログラムのチェック

PCの状態に応じてメッセージが表示されます。アップデートがある場合はこの画面に表示されます。

【更新プログラムのチェック】ボタンを押して、アップデートがあるかどうか確認をしてみてください。

TPM2.0の対応を確認する

使っているPCがチェックアプリで非対応と表示された場合、TPM2.0がオフになっている可能性があります。

TPMやセキュアブートがPCにそもそも搭載されていない場合は、対応機種の購入が必要になってきます。

TPM2.0の対応を確認する方法については、以下のとおりです。

ファイル名を指定して実行

①スタートメニューを【右クリック】し、②【ファイル名を指定して実行】を選択します。

ファイル名を指定する

「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスが表示されます。

①「名前」に『tpm.msc』と入力し、②【OK】ボタンを押します。

TPMの状態を確認する

画面中央に「TPMは使用する準備ができています」と表示されている場合は、Windows 11にアップグレードできます。

「TPMはオフで、TPMの所有権は取得されていません」と表示される場合はTPMがオフになっているため、以下の「UEFIでTPM2.0を有効にする」セクションを参考にTPMをオンにしましょう。

UEFIでTPM2.0を有効にする

UEFIでTPM2.0を有効にする方法については、以下のとおりです。

設定を開く

①【スタートメニュー】、②【設定】の順に選択します。

更新とセキュリティを選択する

【更新とセキュリティ】を選択します。

再起動する

①【回復】を選択し、②【今すぐ再起動】ボタンを押します。

トラブルシューティングを選択

「オプションの選択」という画面が表示されますので、【トラブルシューティング】を選択します。

詳細オプションを選択する

【詳細オプション】を選択します。

UEFIファーム設定を開く

【UEFI ファームウェアの設定】を選択します。

再起動する

「再起動して UEFIファームウェアの設定を変えます」と表示されますので、再起動を行います。

TPMをオンにする

UEFIの設定画面が表示されます。

①【Security】タブを選択し、②「Enable TPM(recommend)」を【On】にします。

再起動する

①【Exit】タブを選択し、②【Restart now】ボタンを押して再起動を行います。

これでTPMがオンになりましたので、確認してみてください。

セキュアブートの対応を確認する

セキュアブートの対応を確認する方法については、以下のとおりです。

ファイル名を指定して実行

①スタートメニューを【右クリック】し、②【ファイル名を指定して実行】を選択します。

ファイル名を検索して実行する

「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスが表示されます。

①「名前」に『msinfo32』と入力し、②【OK】ボタンを押します。

セキュアブートの状態を確認する

BIOSモードが「UEFI」になっていること/セキュアブートの状態が「有効」になっていることを確認してください。

UEFIを最新バージョンにアップデートする

UEFIのバージョンが古い場合、Windows 11のアップグレード時に不具合が発生する可能性があります。

UEFIを最新バージョンにアップデートする具体的な方法はPCのメーカーごとに異なってきます。

UEFIをアップデートする場合はお手持ちのPCメーカーのサイトにアクセスし、最新のバージョンが提供されているか確認をしてみてください。

以下に公式のホームページをまとめましたので、お手持ちのPCのメーカーを調べたうえでご参照ください。

各社対応機種(PC)の購入を検討する

Windows 11発売日前にもかかわらず、Windows 11に対応しているPCが次々と発表されています。

メーカー各社のWindows 11対応機種(PC)の例について、以下取り上げましたので購入を検討されている方はご参照ください。

なお、以下に紹介されているメーカー毎のノートパソコンで、Windows 11対応と書いていない商品のご購入については十分ご注意ください。

HP

株式会社日本HPのHPシリーズノートパソコンは、最初からインストールされているソフトウェアが少なく、シンプルなデザインであることが特徴です。

例えば、HP 15s-fq2000のノートパソコンであれば、Windows 11の無料アップグレードに対応しています。

NEC

日本電気株式会社はNECの名称で有名ですが、創業が1899年(明治32年)と古い老舗のメーカーです。

機種は多様でデザインが良いと評判で、LAVIEシリーズでは15.6インチFHD LAVIE Direct NSなどのノートパソコンがWindows 11の無料アップグレードに対応しています。

Dynabook

Dynabook株式会社のノートパソコンは、スタンダードノート、ホームモバイルノート、モバイルノート、5in1/2in1 モバイルノートの4種類のシリーズに分かれています。

長持ちするバッテリーと高品質のスピーカーで定評があります。

Lenovo

レノボは香港に本社を置くPCメーカーで、ノートパソコンはコストパフォーマンスが高いと評判です。

ThinkPadシリーズ、ThinkBookシリーズ、Lenovoシリーズなどが有名で、すでにWindows 11の無料アップグレードに対応しているノートパソコンも登場しています。

Dell

Dellは、コンピューターおよび関連する製品とサービスを開発、販売、修理、およびサポートするアメリカの多国籍コンピューターテクノロジー企業です。

Dellのノートパソコンは大きな故障が無く、コストパフォーマンスが良いと評判です。

Windows 11の無料アップグレードに対応している機種も登場しています。

Surface

Microsoft製品であるSurfaceの既存機種は何でもWindows 11の無料アップグレードに対応しているかというと、そうではありません。

Surfaceの以下の機種であれば、Windows 11の無料アップグレードに対応しています。

機種発売年月(米国)
Surface Book 2(第8世代Intel CPUを搭載したモデルのみ)2017年11月
Surface Pro 62018年10月
Surface Laptop 22018年10月
Surface Studio 22019年1月
Surface Pro 72019年10月
Surface Laptop 3 13.5インチ2019年10月
Surface Laptop 3 15インチ2019年10月
Surface Pro X
2019年11月、2020年10月
Surface Book 32020年5月
Surface Go 22020年5月
Surface Laptop Go2020年10月
Surface Pro 7+2021年2月
Surface Laptop 4 13.5インチ2021年4月
Surface Laptop 4 15インチ2021年4月
富士通

富士通株式会社は日本の総合エレクトロニクスメーカーで、ITサービス提供企業としては国内1位/世界4位(2015年)の売上高を誇ります。

安心で高品質で使いやすいと評判で、LIFEBOOKやFMVなどのブランドが有名です。

Windows 11の無料アップグレードに対応している機種も登場しています。

ASUS

ASUSTeK Computer Inc.は台湾に本社を置く企業で、ASUS(エイスース)のブランド名で有名です。

ノートパソコンはZenbook、Vivobook、ExpertBookなどのシリーズがあり、比較的低価格でバッテリーの持続時間が長いと評判です。

Windows 11の無料アップグレードに対応している機種も登場しています。

Windows 11の対応CPUについて

多くの人が「Windows 11をサポートするCPUは何だろう?」「32bit版は互換性があるのかな?」と疑問に思っています。

以下の記事では、Windows 11の対応CPU一覧と32bit版の対応の可否について紹介していますのでご参照ください。

[Windows 11 基本情報]の関連記事

当サイトは、マイクロソフトアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top