投稿者:公開日: 

Wordのページ番号の入れ方と途中からの挿入・削除する設定方法

Wordのページ番号の入れ方と途中からの挿入・削除の設定方法

はじめに

Wordで何十ページ、何百ページにおよぶ長文を作成したとき、「余白にページ番号を入れて印刷したい」と思う方が大勢いらっしゃいます。

また、

  • 「途中からページ番号を入れたい」
  • 「最初のページ番号は2枚目から始めたい」
  • 「ページ番号を削除したい」

と細部の設定方法を知りたいという方もいらっしゃいませんか?

本記事では、ページ番号を数字で入れる方法、ページ番号を文章の途中から挿入する方法、ページ番号自体を削除する方法、ページ番号の指定の際によくあるトラブルについてご紹介していきます。

ページ番号の設定方法を一通り覚えて、仕事を格段に効率化させていきましょう。

Wordでページ番号を挿入する手順

ページ番号

Wordでページ番号を挿入する手順は、

  1. 挿入タブをクリック
  2. ページ番号をクリック
  3. ページ下部、中央に配置する場合、ページの下部→番号のみ2の順に選択

です。以下より詳しく説明していきます。

ページ番号を挿入する手順

ページ番号のページを準備

ページ番号を設定するページを用意します。

挿入タブから選択

「挿入」タブ、「ページ番号」、「ページの下部」、「番号のみ2」の順に選択します。

番号のみ2を選択

フッターにページ番号が挿入されました。

ページ番号設定の際に表示されたフィールドコードを数字に直す

フッターにページ番号が挿入

ページ番号を入力する際に、数字ではなくフィールドコードで表示されてしまう場合があります。これでは、印刷する場合にページ番号の確認ができません。

例えば、{PAGE ¥*MERGEFORMAT}のようなコードが出た場合はどのように対処すれば良いでしょうか。

PAGE ¥*MERGEFORMATの表示

その場合、{PAGE ¥*MERGEFORMAT}を選択した状態で【右クリック】して、【フィールドコードの表示/非表示】を選択すれば数字に変わります。

設定でフィールドコードを次回から表示させなくする

フィールドコードの表示/非表示

また、ページ番号がたびたびフィールドコードで表示されて困っている方については、まず【ファイル】タブを選択します。

フィールドコード解除の設定

次に【オプション】を選択します。

オプションの選択

「Wordのオプション」のダイアログボックスが表示されますので、【詳細設定】を選択し、「構成内容の表示」にある「値の代わりにフィールドコードを表示する」のチェックマークを外し、【OK】を押せばフィールドコードの表示の設定は解除されます。

ページ番号の書式を指定する方法

総ページ数(例:1/2)を表示させる

太字の番号2の選択

Wordの文章のページ数が多くなった場合、「△ページ/総ページ数」の形で表示すると、全体との位置関係が理解しやすくなります。ここでは、「△ページ/総ページ数」と表示させる方法をお伝えします。

【挿入】タブ、【ページ番号】、【ページの下部】、【太字の番号2】の順に選択します。

<img src=

ページの下の余白に「△ページ/総ページ数」が入力されました。ここでは、「1/2」が表示されています。

ページ番号を章番号(例:1-1)で表示させる

ページ下部の余白にページ番号を入れる

Wordのページ番号の入力の際は、「1-1」などの章番号(枝番号)で表示させることもできます。

まず、【挿入】タブ、【ページ番号】、【ページの下部】、【番号のみ2】の順に選択していきます。

ヘッダーとフッターを閉じる

文書の下の余白に「1」が表示されました。この「1」の左側にカーソルを移動し、『1-』を手入力して「1-1」となるようにし、【ヘッダーとフッターを閉じる】を選択します。

章番号、枝番号の表示

文書の2枚目にスクロールすると、文書の下の余白に「1-2」と表示されました。文書全体のページ番号が枝番号で表示されるようになったことが分かります。

番号書式をローマ数字(例:Ⅰ、Ⅱ)に変更する

ページ番号の書式設定

既に入力されているフッターの数字をローマ数字(例:Ⅰ、Ⅱ)にしてみましょう。

「1」の数字を選択し、【右クリック】後【ページ番号の書式設定】を選択します。

番号書式

「ページ番号の書式」のダイアログボックスがあらわれますので、【Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,・・・】を選択し、【OK】を押します。

ローマ数字の挿入

ページ番号が「1」から「Ⅰ」に変わりました。

ページ番号のフォントサイズ(大きさ)を変更する

フォントサイズを72にする

フッターの数字のフォントサイズを変更してみましょう。「1」の数字を選択し、【右クリック】後に赤枠部分を押し、フォントサイズを【72】にします。

フォントサイズの拡大

「1」の数字のフォントサイズが72になりました。

3ページ目からページ番号をつける

ページ番号の書式設定

先頭ページ番号を任意の数に指定することもできます。ここでは、1ページではなく、3ページを先頭にしてページ番号を入力してみましょう。

「1」の数字を選択し、【右クリック】後【ページ番号の書式設定】を選択します。

フィールドのダイアログボックスの表示

すると、「ページ番号の書式」のダイアログボックスが表示されますので、開始番号の右の赤枠部分を押して「3」と調整し、【OK】を押します。

先頭のページ番号の指定

先頭のページ番号が「3」になりました。

セクション区切りを使ってページ番号を編集する方法

番号を飛ばして途中から任意の数字を入れる

フッターにページ番号を入力

番号を飛ばして途中から任意の数字を入れる方法をお伝えしていきます。

まず、ページ番号を入力します。【挿入】タブ、【ページ番号】、【ページの下部】、【番号のみ2】の順に選択していきます。

セクション区切り

フッターにページ番号「1」が挿入されました。その後、【ヘッダーとフッターを閉じる】を選択します。

現在の位置から開始

次に、2ページ目にセクション区切りを挿入してみましょう。

2ページ目の先頭である矢印部分にカーソルを置き、【レイアウト】タブ、【区切り】、「セクション区切り」にある【現在の位置から開始】の順に選択します。

セクション区切りの表示

セクション区切りが表示されました。

セクション区切りが表示されない方は、【ホーム】タブ、その右下の赤枠部分である【編集記号の表示/非表示】の順に選択すると表示されます。

ページ番号の書式設定

そして、途中から挿入する任意の数字を入力する作業に入ります。

【挿入】タブ 、【ページ番号】、 【ページ番号の書式設定】の順に選択します。

開始番号の選択

すると、「ページ番号の書式」のダイアログボックスが表示されます。

【開始番号】を選択し、任意のページ番号を赤枠の【▲】や【▼】で調節します(ここでは「7」にします)。
最後に「OK」ボタンを押します。

フッターのページ番号に3が入力

フッターにページ番号「7」が入力されました。左下に「2/3ページ」と表示されていますので、3ページ中の2ページ目にページ番号「7」が入力されたことが分かります。

1ページ目のフッターのページ番号はどうなっているでしょうか。

番号飛ばしの確認

1ページ目のフッターのページ番号は「1」となっています。1ページ目は「1」、2ページ目は「7」と番号を任意に飛ばすことができたと確認できました。

縦向き・横向きが混在した文書の作り方とページ番号の入れ方

フッターの設定

縦向きと横向きがミックスした文書の作成方法と、その場合のページ番号の入力方法をお伝えしていきます。

まず、ページ番号を入力します。【挿入】タブ、【ページ番号】、【ページの下部】、【番号のみ2】の順に選択していきます。

2ページ目の先頭にカーソル

フッターにページ番号「1」が挿入されました。その後、任意のページ番号を入力したいページの先頭にセクション区切りを挿入します。

ここでは、2ページ目にセクション区切りを挿入したいので、2ページ目の矢印部分の先頭にカーソルを置きます。

現在の位置から開始

【レイアウト】タブ、【区切り】、「セクション区切り」にある【現在の位置から開始】の順に選択します。

横の入力

2ページ目の先頭にセクション区切りが挿入されました。ここから横向きの文書を作成します。

【レイアウト】タブ、【印刷の向き】、【横】の順に選択します。

2ページ目以降が横向き

2ページ目以降が横向きになりました。

挿入タブから選択

セクション区切りを行ったことにより2枚目の横向きのページ番号が「1」と表示されています。

縦向き横向き関係なく通しで1から順にページ番号を振りたい場合には、【挿入】タブ、【ページ番号】、【ページ番号の書式設定】の順に選択します。

前回のセクションから継続

【前回のセクションから継続】の左の赤枠部分を選択し、【OK】を押します。

通し番号でページ番号を入力

2ページ目の横向きのページ番号が「2」に変わりました。

レイアウトタブから選択

3ページ目以降は縦向きに戻したいので、3ページ目の先頭の矢印部分にカーソルを置いて、【レイアウト】タブ、【区切り】、「セクション区切り」にある【現在の位置から開始】の順に選択します。

縦の入力

右下の赤枠部分を見ると、2ページ目と3ページ目の間にセクション区切りが設定されたことが分かります。

次に、【レイアウト】タブ、【印刷の向き】、【縦】の順に選択します。

縦向き・横向きが混在した文書の作成

3ページ目が縦向きになりました。1ページ目と3ページ以降は縦向き、2ページ目が横向きとなり、縦横が混在する文書を作成することができました。

ページ番号を削除する方法

ページ番号を全て削除する

ページ番号の削除

ページ番号を全て削除するには、【挿入】タブ、 【ページ番号】、【ページ番号の削除】 の順に選択します。

ページ番号の削除が完了

ページ番号が全て削除されました。

一部のページ番号を削除しようとして起きるトラブル

ページ番号が全て削除される

すでに振ってあるページ番号の数字です。例えば、1ページ目のページ番号を手入力で削除するとどうなるでしょう。

ページ番号を直接手入力

2ページ以下のページ番号まで削除されてしまいました。

1ページ目だけのページ番号を削除したい場合は、以下の項の「先頭のページ番号のみを削除する」をご覧ください。

先頭のページ番号のみを削除する

先頭のページ番号を削除

フッターの先頭のページ番号のみを削除するには、まず【挿入】タブ、【フッター】、【フッターの編集】の順に選択します。

先頭のページのみ別指定を押す

「デザイン」タブに移動しますので、【先頭ページのみ​​別指定】のチェックボックスの空欄を押してチェックマークを入れ、【ヘッダーとフッターを閉じる】を選択します。

先頭のページ番号を削除完了

1ページ目のみページ番号が削除されました(2ページ目以降にはページ番号が表示されています)。