Office Hack

Excelのセル内で文章を改行する方法と改行を一括削除する方法

  • by kenji
  • Release
  • Update

Excelは表計算ソフトですが、セルに長文を打ち込む機会もあります。長文になると途中で改行をした方が見やすくなる場合もありますね。

改行しようと思って通常のEnterキーを押すとセルの値が確定された状態となり、なぜか一つ下のセルに移動してしまいます。セル内で改行させ、文章を折り返しするにはどうしたらよいのでしょうか?

ここでは「通常のセル内改行」や「関数を利用した改行方法」と、「まとめて改行を削除する方法」を合わせてお伝えします。

※英語バージョンはこちら。How to start a new line within a cell

エクセルのセル内で改行する手順

エクセルのセル内で改行する手順は、

  1. 改行したいセルをダブルクリックし、編集モードにする
  2. 改行したい場所をクリックし、カーソルを移動する
  3. Altキーを押しながらEnterキーを押す

です。以下より詳しく説明していきます。

セル内で改行できないのを再現

Enterキーを使ってもセル内で改行することができませんが、念のためどのような現象になるのか確認します。

セルにちょっと長めの文章を入力しました。

「Excelのセル内で改行する方法。」の後に改行を入れたいので、カーソルを合わせます。

Enterキーを押しましたが、下のセルがアクティブ状態となってしまいました。

セル内での改行の仕方

それではセル内で改行させる方法をお伝えいたします。

ExcelのWindows版で改行

改行させたい位置にカーソルを合わせます。

通常では数式バーは一行しか表示されませんので、【数式バーの右端にある下矢印をクリック】し、展開しておくと便利です。

数式バーが展開されました。

セル内で改行させるにはAltキーを押しながらEnterキーを押します。

セルの幅調整は行っておりませんが改行されました。

セルの幅と高さを調整して完了です。

ExcelのMac版で改行

数式バーを展開させた状態で、改行させたい位置にカーソルを合わせます。

セル内で改行させるにはoptionキーを押しながらreturnキーを押します。

セルの幅は調整されておらず、Windowsと同様の結果となっております。

セルの幅と高さを調整して完了です。

CHAR関数で文字列結合時に改行させる

A1のセルとB1のセルの文字列を結合させるときに、関数を使って改行させる方法を紹介します。

&を使って文字列結合時に改行されるか確認

まずは「&」を使って、A1とB1の文字を連結してC1に出力します。「折り返して全体を表示する」がアクティブになっているか確認してください。

C1セルを選択して『=』を入力し、A1セルを選択します。次に『&』を入力し、B1セルを選択します。

C1に文字列が連結されましたが、改行はされません。

CHAR関数を使って文字列結合時に改行

CHAR関数を使うことで、文字列結合時に改行させる方法をお伝えします。C2セルを選択して、「折り返して全体を表示する」がアクティブになっているか確認してください。

「&」の間にCHAR(10)を付け加えます。(10)という値は、LF改行(セル内改行)するという意味です。

A1とB1の間でLF改行を行ったので、セル内で改行できました。

セル内の改行を削除する方法

ここからは改行を削除する3つの方法をお伝えいたします。

BackSpaceキーで削除

改行後の行の冒頭にカーソルを合わせます。

BackSpaceキーを押すと、改行が削除されます。

Ctrl+Jで一括置換し、まとめて削除する方法

まとめて改行を削除するため、セルを3つ用意します。

【改行を削除したいセルを選択】しましょう。

【ホーム】タブを押し、一番右側に配置してある【検索と選択】を押し、【置換】を選択しましょう。

「検索と置換」ダイアログボックスが表示されるので、「検索する文字列」のテキストボックスに『Ctrl+J』と打ち込みます。

画面に何も変化はないですが、これで改行を選択した状態となります。

「置換後の文字列」には何も手を加えないでください。

これにより改行を検索し、なにもない状態を置換することで改行を消すことができます。

そのまま【すべて置換】ボタンを押下してください。

「3件を置換しました」と表示されますので、【OK】ボタンを押下してください。

結果、選択した全てのセルで改行が削除されました。

改行コードをCLEAN関数でまとめて削除

CLEAN関数とは、印刷できない文字を文字列から削除します。先ほどCHAR関数で出てきた、CHAR(10)という目に見えない改行コードをCLEAN関数で削除することができます。

『=clean』と入力します。

改行を消したいセル(A1)を参照し確定すると、CLEAN関数が入っているB1セルの改行が削除されました。

B2、B3の他のセルにも反映させて完了です。

セル内の改行幅(行間)を設定する方法

【改行幅をあけたいセルを選択】した上で【右クリック】し、【セルの書式設定】を選択します。

「セルの書式設定」のダイアログボックスが表示されるので、【配置】タブを押し、縦位置の【両端揃え】を選択し、【OK】ボタンを押下します。

改行した行同士の幅が広がりました。

詳しくは、以下の記事をご確認ください。

セル内で自動で改行させる方法

1つのセルに長文を入力します。1行表示となりますので、非常に読みづらいですね。

【ホーム】タブを押し、【折り返して全体を表示する】を選択します。

するとセル内で自動改行(なりゆきで改行)されました。

最後に、セルの幅を調整して完了です。

この記事のおすすめ商品

Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術

352ページ

気に入ったらSHARE!!