• 公開日:

エクセルで付箋に印刷する方法

エクセルは主に表計算ソフトとして使用されますが、付箋に印刷することも可能です。

この記事では、エクセルで付箋に印刷する方法をご紹介します。

大量の付箋に印字が必要な場合など、手書きで付箋に書き込むよりも効率的に情報を整理することができます。

エクセルで付箋に印刷する方法

使用する付箋

今回は、上の画像75㎜×75㎜の付箋を使用する場合を例にご説明します。

75㎜×75㎜の付箋が必要な方は、下記より購入するとポイントなどが付いてお得ですし、セールも実施している場合があるので、ぜひご覧ください。

PR

【セット買い】スリーエム(3M) ポストイット 付箋 ノート キューブ パステルカラー 75×75mm 500枚 CP-33SE-AM + スリーエム(3M)ポストイット 付箋 超徳用 ふせん キューブ パステルカラー 75×25mm 450枚×1パッド CP-13SE

【セット買い】スリーエム(3M) ポストイット 付箋 ノート キューブ パステルカラー 75×75mm 500枚 CP-33SE-AM + スリーエム(3M)ポストイット 付箋 超徳用 ふせん キューブ パステルカラー 75×25mm 450枚×1パッド CP-13SE

\毎月5と0のつく日 楽天カード利用でポイント5倍/楽天市場で価格を見る

    以下で、エクセルで付箋に印刷する方法をご説明します。

    用紙サイズを選択する

    ページ レイアウトタブ、サイズ、A4の順に選択します。

    ファイルタブを選択する

    ファイルタブを選択します。

    オプションを選択する

    オプションを選択します。

    ルーラーの単位を選択する

    「Excelのオプション」ダイアログボックスが表示されました。

    詳細設定、②ルーラーの単位で「ミリメートル」の順に選択します。

    OKボタンを押します。

    ページ レイアウトを選択する

    画面右下のページ レイアウトボタンを押します。

    行の高さを選択する

    1、3、5行目をCtrlを押しながら選択して右クリックします。

    行の高さを選択します。

    OKボタンを押す

    「セルの高さ」ダイアログボックスが表示されました。

    ①行の高さに「75」と入力し、②OKボタンを押します。

    列の幅を選択する

    A、C列をCtrlを押しながら選択し右クリックします。

    列の幅を選択します。

    OKボタンを押す

    「セルの幅」ダイアログボックスが表示されました。

    ①列の幅に「75」と入力し、②OKボタンを押します。

    セルを選択する

    75㎜×75㎜の正方形のセルが6つできました。

    Ctrlを押しながら6つのセルを選択します。

    罫線を引く

    ホームタブ、罫線横の下矢印、外枠の順に選択します。

    罫線が引けた

    6つのセルに罫線を引くことができました。

    一旦上記のシートを印刷します。

    付箋の外枠を印刷する

    上の画像のように印刷されました。

    付箋を貼付する

    上の画像のように、罫線に沿って付箋を貼付します。

    マステで付箋を留める

    付箋の糊付けされてない辺は、マスキングテープや剥がせるのりなどで留めます。

    印刷時に剥がれて、プリンターが紙詰まりになるのを防ぐためです。

    標準を選択する

    エクセルの編集画面に戻り、画面右下の標準を選択します。

    セルを複数選択

    Ctrlを押しながら6つのセルを選択します。

    罫線なしを選択する

    ホームタブ、罫線横の下矢印、枠なしの順に選択します。

    テキスト入力する

    セルの罫線がなくなりました。

    各セルに任意のテキストを入力します。

    ファイルタブを選択する

    入力が完了したら、ファイルタブを選択します。

    プリンターのプロパティを選択する

    印刷、プリンターのプロパティの順に選択します。

    印刷設定をする

    「プリンターのプロパティ」ダイアログボックスが表示されました。

    プリンターの機種によって異なりますが、多くの場合紙詰まりを防ぐため、給紙方法は「手差し」や「後トレイ」を選択します。

    ①上記プリンターの例では「後トレイ」を選択し、②OKボタンを押します

    印刷して確認する

    実際に印刷すると、上の画像のように付箋1つ1つに印刷することができました。