エクセルの編集を有効にするショートカット

  • Release

インターネットなどからダウンロードしたエクセルのブックは、自動的に保護ビューとして表示されます。

保護ビューのブックは編集できませんので、編集したい場合は必ず「編集を有効にする」というボタンを押す必要があります。

この記事で紹介するショートカットを覚えれば、マウスを使わずにキーだけで簡単に編集を有効にすることができます。

ショートカットキー一覧表を無料でダウンロード!

エクセルの全ショートカットキーの一覧表を印刷できるようにPDFにしました。「登録なし」で「無料ダウンロード」できます。ファイルがWindows版とMac版に分かれていますが両方ダウンロードできます。

エクセルの編集を有効にするショートカット

ショートカットキーを使って、保護ビューになっているブックの「編集を有効にする」ボタンを押す方法を紹介します。

作業時間:1分

保護ビューになっている場合

保護ビューになっている場合

インターネットからダウンロードしたものなど、安全でない可能性があるブックはこのように「保護ビュー」として表示されます。保護ビューのブックを編集したい場合は、以下のショートカットキーを押して編集を有効にしましょう。

編集を有効にするショートカット

編集を有効にするショートカット

保護ビューになっているブックの編集を有効にするショートカットは、F2です。

ノートパソコンを使用している場合

ノートパソコンを使用している場合

ノートパソコンやテンキーなしキーボードを使用している場合は、Fn + F2を押します。ノートパソコンでファンクションキー(F1~F12)が上手く反応しない場合は、Fnキーを同時に押すか、Fnキーを有効にしましょう。

Macを使用している場合

Macを使用している場合

Macを使用している場合も、同じようにF2を押します。

編集を有効にするボタンを押す

編集を有効にするボタンを押す

ショートカットキーを押すと、「Microsoft Excel」ダイアログボックスが表示されます。EキーまたはEnterキーを押して、編集を有効にします。

編集を有効にできた

編集を有効にできた

これで保護ビューの黄色いバーが消え、編集できるようになりました。

編集を有効にするその他の方法

編集を有効にするその他の方法

また、F6キーを押すと保護ビューの黄色いバーを選択できます。その状態で→キーを1回押して「編集を有効にする」ボタンを選択し、Enterキーを押します。

素早く編集を有効にできる

素早く編集を有効にできる

編集を有効にできました。ダイアログボックスを経由せず素早く編集したい場合は、F6キーを使った方法を試してみてください。

問題は解決できましたか?

記事を読んでも問題が解決できなかった場合は、無料でAIに質問することができます。回答の精度は高めなので試してみましょう。

  • 質問例1 ExcelのIF関数で複数条件に対応する方法を教えて
  • 質問例2 Microsoft 365でできることを教えて
あなた

あと100文字

コメント

この記事へのコメントをお寄せ下さい。

0 コメント
すべてのコメントを表示

キーワードで記事を探す: 記事数