RakutenスーパーSALE|ポイント最大44倍
終了まで111時間5分

Office Hack

ExcelのIFERROR関数の使い方|エラーの場合に指定した値を返す

  • Release
  • Update

ExcelのIFERROR関数は、エラーの場合に指定した値を返す関数です。エラー値を「0」と表示したり、または非表示(空白セル)にするときなどに使われます。

IFERROR関数の書式から基本的な使い方までご紹介しています。

IFERROR関数とは

Excelで数式を使っていると関数の名前が間違っていたり、無効なセルが参照されているときなどエラー値が表示されます。

Excel 2007から追加されたIFERROR(イフエラー)関数を使えば、エラーが出た時に非表示(空白セル)または「0」にすることができます。

下記がエラー値の一覧になります。

エラー値 意味
#DIV/0! 数式や関数「0」または「空白セル」で除算されると表示されます。
#N/A 計算や処理の対象となるデータがない、または正式な結果が得られないときに表示されます。
#NAME? 関数の名前が間違っている、もしくは数式に使用した名前が定義されていないときに表示されます。
#NULL! 半角空白で空けた参照演算子の共通部分がないときに表示されます。
#NUM! 数値の指定が不適切か正当な結果が得られないときに表示されます。
#REF! 数式内で無効なセルが参照されているときに表示されます。
#VALUE! 関数の引数の形式が間違っている時に表示されます。

各エラー値の発生例とその対処方法については以下の記事でご紹介しています。

IFERROR関数の書式

=IFERROR(値,エラーの場合の値)

式がエラーの場合は、エラーの場合の値を返します。エラーでない場合は、式の値自体を返します。

引数名 説明
値(必須) エラーかどうかをチェックする数式やセル参照を指定します。
エラーの場合の値(必須) 第1引数「値」がエラーの場合に返す値を指定します。

IFERROR関数を使ってエラーの場合の値を0で返す

IFERROR関数を使ってエラーが出た時に0を表示させる方法をご紹介します。

作業時間:3分

  1. エラーが出ている数式を用意する

    エラーが出ている数式を用意する

    上図ではF4セルに#DIV/0!エラー値が出力されている数式を作りました。

  2. 関数名を入力する

    関数名を入力する

    E3セルを選択し、セルに直接『=IFERROR(』と関数名を入力します。

  3. 値を指定する

    値を指定する

    IFERROR関数の第1引数「値」を指定します。今回チェックしたいのがC列とD列の割り算です。「=IFERROR(」に続いて『C3/D3,』と入力します。

  4. エラーの場合の値を指定する

    エラーの場合の値を指定する

    IFERROR関数の第2引数「エラーの場合の値」として「0」を指定します。「=IFERROR(C3/D3,」に続いて『0)』と入力し、【Enter】キーを押します。

  5. オートフィルでコピーする

    オートフィルでコピーする

    E3セルにIFERROR関数が適用された結果が表示されました。E3セルはエラーではないのでC3/D3の結果が表示されています。E3セルの右下をE6セルまでドラッグします。

  6. IFERROR関数を使って0を表示した結果

    IFERROR関数を使って0を表示した結果

    E列にIFERROR関数の数式が適用されました。最初にエラーになっていたE4セルに0が表示されています。

IFERROR関数を使ってエラーの場合の値を非表示(空白セル)で返す

IFERROR関数を使ってエラーが出た時に非表示(空白セル)にする方法をご紹介します。

エラーが出ている数式を用意する

上図ではF4セルに#DIV/0!エラー値が出力されている数式を作りました。

関数名を入力する

E3セルを選択し、セルに直接『=IFERROR(』と関数名を入力します。

値を指定する

IFERROR関数の第1引数「値」を指定します。今回チェックしたいのがC列とD列の割り算です。「=IFERROR(」に続いて『C3/D3,』と入力します。

空白を指定する

IFERROR関数の第2引数「エラーの場合の値」として「"」(ダブルクォーテーション)で空白セルを指定します。「=IFERROR(C3/D3,」に続いて『"")』と入力し、Enterを押します。

オートフィルでコピーする

E3セルにIFERROR関数が適用された結果が表示されました。E3セルはエラーではないのでC3/D3の結果が表示されています。E3セルの右下をE6セルまでドラッグします。

エラー値を非表示(空白セル)にした結果

E列にIFERROR関数の数式が適用されました。最初にエラーになっていたE4セルが空白セルになっています。

IFERROR関数とVLOOKUP関数を組み合わせた使い方

IFERROR関数と組み合わせてよく使用される関数としてVLOOKUP関数があります。

VLOOKUP関数は検索した値が見つからない場合に#N/Aエラーを返し、参照先のセルが空白("")の場合は「0(ゼロ)」を返します。

#N/Aエラーや0の代わりに空白で返すように設定するにはIFERROR関数を使用します。以下の記事でご紹介しています。

おすすめの商品をご紹介

他の関数も合わせてチェック!

Office Hackでは、ここでご紹介できなかった関数の一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top