Office Hack

エクセルで行を下に挿入する方法

  • Release
  • Update

エクセルで空白行を挿入すると、選択した行やセルの上に新しい行が挿入されますが、上ではなく下に行を挿入したい方も多いのではないでしょうか。

この記事では、エクセルで行を下に挿入する方法を紹介します。

また、行を下に挿入するためのショートカットキーの作成方法もご紹介しますので、より簡単に行を挿入したい方はぜひご覧ください。

開発タブを表示する

開発タブの表示

ExcelでVBAを使用する場合、事前に開発タブを表示させておくと便利です。

以下の記事では、開発タブを表示する方法をご紹介しています。

少ない手順で簡単に表示させることができますので、これを機会に一度ご覧になってみてください。

エクセルの開発タブを表示する方法

行を下に挿入するVBAコード

行を下に挿入するVBAコードは以下のとおりです。

このコードを使用することで、選択したセルの下に行を挿入することができます。


Sub InsertRowBelow()

ActiveCell.Offset(1).EntireRow.insert

End Sub

以下の「VBAを使用して行を下に挿入する」セクションでは、このVBAコードを実際に使用して、行を下に挿入する方法を説明します。

VBAを使用して行を下に挿入する

VBAでコードを入力し、行を下に挿入する方法をご紹介します。難しい操作は必要としませんのでご安心ください。

作業時間:3分

行を下に挿入したいセルを選択する

下に行を挿入したいセルを選択する

行を下に挿入したいセル(例:A3)を選択します。

Visual Basicを選択する

Visual Basicを選択する

開発タブ、②Visual Basicの順に選択します。

標準モジュールを選択する

標準モジュールを選択する

Microsoft Visual Basic for Applicationsダイアログボックスが表示されます。①挿入タブ、②標準モジュールの順に選択します。

VBAコードを入力する

コードを入力する

本記事の「行を下に挿入するVBAコード」セクションにあるVBAコードをコピーし、上記画像を参考にVBAコードをペーストします。

ユーザー フォームの実行を選択する

コードの実行を選択する

Sub/ユーザー フォームの実行を選択します。

表示を選択する

エクセルの表示を選択する

表示 Microsoft Excelを選択します。

行を下に挿入できた

下に行が挿入された

これで行を下に挿入することができました。

行を下に挿入するショートカットキーを作成する

行を下に挿入する操作をもっと簡単に行いたいという方も多いのではないでしょうか。

エクセルでは、作成したVBAにショートカットキーを割り振ることができます。

以下では、行を下に挿入するショートカットキーを作成する方法についてご説明します。

マクロの表示を選択する

表示タブ、②マクロ、③マクロの表示の順に選択します。

オプションボタンを押す

マクロダイアログボックスが表示されます。

①本記事「VBAを使用して行を下に挿入する」セクションで作成した、InsertRowBelowを選択し、②オプションボタンを押します。

ショートカットキーを作成する

マクロオプションダイアログボックスが表示されます。

ショートカットキーとして登録するキーを入力します。①ここでは例として、ショートカットキーの入力欄にBと入力し、②OKボタンを押します。

ショートカットキーで行を下に挿入する

行を下に挿入したいセル(例:A3)を選択し、Ctrl + Shift + Bを押すと行が下に挿入されます。

これで行を下に挿入するショートカットキーを作成することができました。