Office Hack

ExcelでLET関数の使い方|定義した名前に値や数式を保存する

  • by yoshihiro
  • Release

2020年3月17日、Excelに新しく「LET(レット)」関数が発表されました。LET関数は関数内で定義した名前に値や数式、セル参照を保存して計算に使用することができます。プログラミングの変数に似ていますね。

一般公開は2020年後半を予定されていますが、Office Insidersに参加すれば試すことができます。記事の下部でOffice Insidersへの参加方法を説明していますので興味がある方はご参考ください。

以下の記事では、LET関数の基本的な使い方を紹介していきます。

LET関数とは?

LET関数は、関数内で名前を定義して値や数式、セル参照を保存することができ、定義した名前を使って計算に使用することができます。

変数

例えば上図の場合、「x」と「y」という名前をつけた箱があります。それぞれの箱には「10」と「5」を入れました。xとyを足すとき、両方の箱に入っている値を計算に利用することができます。

箱に値を入れておくことで再利用することができます。

LET関数のメリット

LET関数には以下の2つの利点があります。

数式が読みやすくなる

1つの数式の中で同じセル参照や式を複数書く必要がなくなりました。

パフォーマンスの向上

1つの数式に同じ式が複数あっても名前を定義して再利用できることで1回の計算で済むようになりました。

LET関数の書式

まずは、LET関数の書式を確認していきましょう。

LET関数の書式

LET関数の書式は「=LET(名前1,名前値1,計算または名前2,[名前値2,…)」のように記述します。最後の引数には、「計算」を指定する必要があります。

「名前」と「値」の組み合わせは少なくとも1つは定義し、最大126個まで指定することができます。

引数名 説明
名前1(必須)

1つ目の名前を定義します。英字、ひらがな、カタカナ、漢字、記号を指定します。

数字は名前の先頭以外でセル番地(A1など)にならなければ使用できます。

名前値1(必須) 名前1に値や式、セル参照を指定します。
計算または名前2(必須) 関数内で定義された名前を参照した計算、もしくは2つ目の名前を定義します。
名前値2,…(省略可能) 名前2に値や式、セル参照を指定します。

LET関数の基本的な使い方

実際にLET関数を使用する例をご紹介します。引数をどのように使用するか試してみましょう。

作業時間:3分

  1. 関数名を入力する

    関数名を入力する

    上図ではA、B、Cの3人の教科別の点数がデータとしてあります。3名の国語の平均をLET関数を使って求めます。G2セルを選択し、『=LET(』と入力します。

  2. 名前を定義する

    名前を定義する

    平均は「合計/3」で求められるので合計を定義します。「=LET(」に続き『合計,』と入力します。この「合計」が定義した名前になります。

  3. 値や式、セル参照を指定する

    数式を指定する

    定義した「合計」に格納する値や式、セル参照を指定します。ここでは3名の合計を格納したいのでSUM関数を使用します。「=LET(合計,」に続き『SUM(B3:D3),』と入力します。

  4. 計算を指定する

    計算を指定する

    定義した「合計」を使用して平均を計算します。「=LET(合計,SUM(B3:D3),」に続き『合計/3)』と入力し、【Enter】キーを押します。

  5. LET関数の結果

    LET関数の結果

    G2セルにLET関数を使った国語の平均が求められました。

互換性の注意

現時点(2020年3月25日時点)ではLET関数はまだ一般公開されていないので、他の方にブックを共有するときはLET関数が入っていないかを確認してください。

LET関数を利用するためのOffice Insidersへの参加方法

Office Insidersとは、一般ユーザー向けのOffice製品の最新版の機能をいち早く利用できるプログラムです。Office 365 Soloとパソコンにプリインストール版のOffice Premium製品を契約中の方が利用が可能です。

insiderの設定

まずExcelを起動した画面で左下の【アカウント】を押します。

Insiderの登録

【Office Insiders】を押し、【レベルの変更】を選択します。

認証

【新規登録して、Officeの新しいリリースをいち早く入手します】をチェックし、Office Insider レベルの選択から【Insider】を選択します。【このプログラムへの参加を規定する・・・】をチェックし、【OK】ボタンを押します。

インストール

言語とインストールのオプションを開き、【Office Insider 64ビット】を選択し、【インストール】ボタンを押します。セットアップファイルがダウンロードできたら【ダブルクリック】して起動します。

インストール完了

Office Insidersに対応したExcelがインストールされます。

他の関数も合わせてチェック!

Office Hackでは、ここでご紹介できなかった関数の一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。

このページを見ている人におすすめの商品

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

Page Top