Office Hack

エクセルの区切り位置の設定方法

  • Release

エクセルのセルに入力された長い文字列や数字を、複数のセルに分割したいことがありますよね?

本記事では、区切り文字の位置でセル内のデータを分割する方法、セル内のデータを手動で区切り位置を決めて分割する方法について説明します。

分割後は、元のデータがあったセルの列幅が広くなることが多いので、列幅をデフォルトの広さに戻す方法も説明します。

データの区切り位置設定

データの区切り位置を設定するには、以下2通りの設定方法をご参照ください。

  • 区切り文字の位置で分割する方法
  • 区切り位置を手動で指定して分割する方法

区切り文字の位置で分割する

エクセルのセル内の文字列/数字を区切り文字(タブ、セミコロン、カンマ、スペースなど)を使うことによって、別セルに文字を分けることができます。下記では、区切り文字の位置で分割する方法について説明します。

作業時間:3分

  1. 区切り位置を選択する
    区切り位置の選択

    ①文字列がコンマで3つに区切られている【B2からB4セル】を選択します。②【データ】タブ、③【区切り位置】の順に選択します。

  2. データのファイル形式を選択する
    次へボタンを押す

    「区切り位置指定ウィザード - 1/3」ダイアログボックスが表示されました。①【コンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ】を選択し、②【次へ】ボタンを押します。

  3. コンマにチェックマークを入れる
    次へボタンを押す

    「区切り位置指定ウィザード - 2/3」ダイアログボックスが表示されました。①区切り文字の「コンマ」に【チェックマーク】を入れ、②【次へ】ボタンを押します。

  4. 列のデータ形式を選択する
    完了ボタンを押す

    「区切り位置指定ウィザード - 3/3」ダイアログボックスが表示されました。①列のデータ形式にある【G/標準】を選択し、②【完了】ボタンを押します。

  5. 区切り文字の位置でセルの分割が完了した
    区切り位置で複数のセルに分割

    コンマで区切られていた文字列/数字が3つのセルに分割されました。

区切り位置を手動で指定して分割する

区切り位置でセルの文字列/数字を分割する方法は、以下のとおりです。

区切り位置の選択

セル内に空白スペースで区切られた文字列/数字を、複数のセルに区切る方法を説明します。

①文字列が空白スペースで3つに区切られている【B2からB4セル】を選択します。

②【データ】タブ、③【区切り位置】の順に選択します。

次へボタンを押す

「区切り位置指定ウィザード – 1/3」ダイアログボックスが表示されました。

①【スペースによって右または左に揃えられた固定長フィールドのデータ】を選択し、②【次へ】ボタンを押します。

区切り位置を指定する

「区切り位置指定ウィザード – 2/3」ダイアログボックスが表示されました。

①矢印を手動で【ドラッグ】して区切り位置を指定し、②【次へ】ボタンを押します。

完了ボタンを押す

「区切り位置指定ウィザード – 3/3」ダイアログボックスが表示されました。

①【G/標準】を選択し、②【完了】ボタンを押します。

区切り位置で分割完了

区切り位置で文字列/数字が複数のセルに分割されました。

列の幅を整える方法

区切り後は元セルの列幅が整っていないことが多いです。

列幅をデフォルトの状態に戻す方法を以下で解説します。

列の幅を選択

ここではB列のみ列の幅が広くなっているので、①【B】列を選択し、②【右クリック】します。③【列の幅】を選択します。

8.08を入力

「セルの幅」ダイアログボックスが表示されました。①ここでは、デフォルトのセルの列幅である『8.08』を入力し、②【OK】ボタンを押します。

列幅の調整

列幅が均等になりました。

このページを見ている人におすすめの商品

[Excel データ]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top