Office Hack

エクセルでシートの保護を設定する方法

  • Release
  • Update

表の編集ができないようにするためには、シートを保護する機能がエクセルには備わっております。

シートの保護ができない方は、こちらの記事で解決しましょう。

シートの保護を設定する方法

シートの保護を設定する方法を説明します。

作業時間:1分

  1. シートの保護の選択

    シートの保護の選択

    ①【校閲】タブを選択し、②【シートの保護】を押します。

  2. パスワードの設定

    パスワードの入力

    「シートの保護」ダイアログボックスが表示されますので、①【パスワードを入力】し、②【OK】ボタンを押します。

  3. パスワードの再入力

    パスワードの再入力

    「パスワードの確認」ダイアログボックスが表示されますので、①【パスワードを入力】し、②【OK】ボタンを押します。

  4. シート保護の設定確認1

    シートの保護の確認

    先ほど「シートの保護」だった文言が「シート保護の解除」に変更されたら設定完了です。

  5. シート保護の設定確認2

    操作したときのアラート

    セルを操作しようとすると、このようなアラートが出ます。

その他の設定方法

選択範囲で一部設定する方法

実はちょっとした操作で、シート全体ではなく任意で設定した箇所のセルのみ保護することができます。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

一括でまとめて設定する方法

複数のシートをまとめて設定する方法ですが、シートを複数選んでも「シートの保護」ボタンは消えてしまいます。

どうやらVBAを利用して設定できるようなので、こちらに関しては以下のページをご確認ください。

すべてのシートを一括で保護(ロック)する方法 – コピペでVBA(Excel)

シート保護を解除する方法

保護したシートを解除する方法を以下の記事でご説明しております。

おすすめの商品をご紹介

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top