投稿者:公開日:  最終更新日:

Excelで独自ショートカットキーを設定する方法

Excelで独自ショートカットキーを設定する方法

はじめに

Excelのショートカットキーを使いこなすと、作業スピードが格段にアップいたします。しかしながら、初期状態でショートカットキーが割り当てられていないコマンドも数多く存在します。

例えば、頻繁に使用する「セルの結合」のショートカットキーは割り当てられておりません。そのような時は、独自に設定しましょう。

Excelのショートカットキー一覧PDFをプレゼント!

224種類のショートカットキーがまとめられているPDFを、「Facebookページへのいいね!」や「Twitterのフォロー」をしていただいた方へプレゼントいたします。

タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもExcelのショートカットキーを確認できます。PDFの入手方法としては、以下の2つのどちらかを選択ください。

Twitter経由でPDFを入手する

  1. Twitterへログイン後、Office Hack Twitterページへアクセスする
  2. 【フォローする】ボタンを押します
  3. フォロー後、【ダイレクトメッセージ】ボタンを押します
  4. メッセージに「ExcelショートカットキーのPDFを送付ください」と書いて、送信します
  5. こちらからPDFをダウンロードする方法をご案内します

Facebook経由でPDFを入手する

  1. Facebookへログイン後、Office Hack Facebookページへアクセスする
  2. Facebookページの【いいね!】ボタンを押します
  3. いいね!後、【メッセージを送る】ボタンを押します
  4. メッセージに「ExcelショートカットキーのPDFを送付ください」と書いて、送信します
  5. こちらからPDFをダウンロードする方法をご案内します

Excel2003で独自ショートカットキーを設定する

ツールバーを新規作成する

ユーザー設定を選択

【ツール】メニューの【ユーザー設定】を選択します。

ツールバー新規作成

【ツールバー】タブを選択している状態で、【新規作成】ボタンを押します。

ツールバー名を決定

新規作成するツールバーの名前を決めます。名前は何でも良いのですが、分かりやすいよう「ショートカットキー」と命名しました。入力したら【OK】ボタンを押します。

新規ツールバー追加の確認

すると「ショートカットキー」ツールバーが新規作成され、ツールバーが切り離された状態で表示されます。

ショートカットキーを登録したいコマンドを選択する

コマンドタブを選択

【コマンド】タブを選択します。

セルの結合を選択

ショートカットキーを割り当てたいコマンドを選択します。ここでは、例として「セルの結合」にします。「セルの結合」は【書式】の中にあります。

7.command_select

[セルの結合]コマンドを、右下に配置した「ショートカットキーツールバー」にドラッグ&ドロップいたします。すると「セルの結合」アイコンが、ツールバーの中に表示されました。

テキスト表示に変更

アイコンでは分かりづらい方は【選択したボタンの編集】ボタンを押し、【テキストのみ表示】を選択しましょう。

ユーザー設定を閉じる

すると、ツールバー内の表示がアイコンからテキストへ変更になり、セルの結合(M)と表示されました。

ですので、ショートカットキーはAlt+Mで割り当てられています。

ここまで確認できましたら【閉じる】ボタンを押し、ユーザー設定ダイアログボックスを閉じましょう。

新規で作成したツールバーをしまう

新規作成ツールバーをしまう

新規で作成したツールバーは独立しているため、上部のツールバーにドラッグ&ドロップします。

ツールバー内に収まる

以下の表示状態になりました。

実際にショートカットキーが動作するか確認

セル結合前

セルを結合する前。

セル結合後

Alt+Mで結合されました。

Excel2016で独自ショートカットキーを設定する

Excel2007以降については、クイックアクセスツールバーを使って設定いたします。ここでは、Excel2016を使ってご説明いたします。

クイックアクセスツールバーにコマンドを追加

クイックアクセスツールバーの場所確認

まずは、クイックアクセスツールバーの位置を確認します。

その他のコマンド

一番右に表示されている【▼】ボタンを押すと、下図のような選択メニューが表示されます。この中で、【その他のコマンド】を選択します。

デフォルトのコマンド確認

「エクセルのオプション」ダイアログボックスが表示されます。デフォルトのコマンドは3つ「上書き保存」「元に戻す」「やり直し」が登録されておりますので、新たに「セルの結合」を追加していきましょう。

ホームタブの選択

コマンドの選択プルダウンメニューから、【ホームタブ】を選択します。

セルの結合の追加

【セルの結合】を選択し、【追加】ボタンを押します。

セルの結合の追加確認

「セルの結合」が追加されたのを確認し、【OK】ボタンを押します。

クイックアクセスツールバー反映確認

クイックツールアクセスバーにアイコンが追加されました。

実際にショートカットキーが動作するか確認

アクセスキー

Altキーを押すと、アクセスキーが表示されます。左から1,2,3,4となっており、今回追加した「セルの結合」は4に割り当てられました。

セルの結合の実行

4キーを押し、セルが結合されました。

Windows10とExcel2016

本記事で使用したOSはWindows10、Excelのバージョンは2016です。

他のショートカットキーも合わせてチェック!

ショートカットキーリスト

覚えると便利!124個のExcelショートカットキー一覧表

Excel Hackでは、ここでご紹介できなかったショートカットキーの一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。