Office Hack

エクセルの記号一覧表や入力方法

  • Release

この記事では、エクセルの記号や記号の入力方法についてご説明しています。

数式や表などを作成する際に、記号をスムーズに入力できると作業効率も上がります。

以下では、「*(アスタリスク)」を入力する方法や、○×等の記号をカウントする方法等についてもご紹介しています。

エクセルの記号一覧

エクセルで頻繁に使われる記号を以下の表にまとめました。

エクセルの記号一覧意味使用例使用例の説明
=(イコール)等しいA1=A2A1とA2が等しい
+(プラス)足すA1+A2A1足すA2
-(マイナス)引くA1-A2A1引くA2
/(スラッシュ)割るA1/A2
A1割るA2
*(かける/アスタリスク)かけるA1*A2A1かけるA2
^(ハット/キャレット)乗算A1^2A1の二乗
>(だいなり)〇〇より大きいA1>A2A1はA2より大きい
>=(だいなり/だいなりイコール)〇〇以上A1>=A2A1はA2以上
<(しょうなり)〇〇より小さいA1<A2A1はA2より小さい
<=(しょうなり/しょうなりイコール)○○以下A1<=A2A1はA2以下
$(ドル)絶対参照$A$1A1の絶対参照
,(カンマ)区切るA1,A2,A3参照範囲や引数を区切る

エクセルのフローチャート記号一覧表の紹介

Excelで使えるフローチャート記号については、以下のサイトを参考にしてみて下さい。

フローチャートの記号について

Excelでのフローチャートの書き方では、フローチャート記号一覧やそれぞれの記号の意味、エクセルでのフローチャートの書き方などについてもご説明しています。

フローチャート記号について

フローチャート(フロー図)の書き方と記号の使い方では、業務フローを作成する際に使えるフローチャート記号について学ぶことが出来ます。

エクセルのフローチャートでも使える記号や図形について説明してありますので、お困りの方は参考にしてみて下さい。

記号を挿入/入力する

記号を挿入/入力したい場合は、キーボードにあるものはキーボードの該当キーを押すか、もしくは変換で入力することが可能です。

今回は「○(丸)」を変換で入力する方法についてご説明します。

文字を入力してスペースキーを押す

【任意のセル(例:A3セル)】を選択して『まる』と入力し、Spaceを押します。

記号の丸を選択する

変換候補が表示されます。

記号の【○】を選択します。

丸の記号が入力できる

これで、「○」を変換で入力することが出来ました。

×(掛ける)の記号アスタリスクを入力する

「*(アスタリスク)」を入力する方法は以下の通りです。

シフトキー+アスタリスクを押す

【アスタリスクを入力したいセル(例:A2セル)】を選択し、Shift+*を押します。

*(アスタリスク)は、キーボード右側の「け」キーにあります。

お使いのPCやキーボードによってキーの配置には違いがありますのでご注意ください。

アスタリスクが入力できる

これで*(アスタリスク)を入力することが出来ました。

アスタリスクは、半角/全角問わず入力可能ですが、数式に使用したい場合は半角で入力しましょう。

○×などの記号をカウントする方法

○や×など任意の記号をカウントする場合は、COUNTIF関数を使います。

COUNTIF関数の書式は、「=COUNTIF(範囲,検索条件)」で検索条件の引数に任意の値や記号を設定して、その数を数えることが出来ます。

以下の記事ではCOUNTIF関数の引数についての詳細や、ワイルドカードを使ってセルを数える方法等についてご説明しています。

COUNTIF関数を使って、○や×等の記号をカウントする方法は以下の通りです。

COUNTIF関数を入力する

今回は、上の画像の出欠表で「○」がついた出席者の数をカウントします。

【任意のセル(例:B8セル)】を選択し、『=COUNTIF(』と入力します。

範囲の引数を設定する

次に、範囲の引数を選択します。

「=COUNTIF(」に続いて『B3:B7,』と入力します。

検索条件の引数を設定する

次に、検索条件の引数を設定します。

「B3:B7,」に続いて『"○")』と入力し、Enterを押します。

COUNTIF関数で○の数を数える

これで、COUNTIF関数で○の数を数えることが出来ました。

数字を記号にする方法

数字を記号に変換したい場合は、表示形式を変更しましょう。

今回は「任意のセルに1と入力したら○、2と入力したら×、3以上の数字なら△と表示する」というように設定する方法を例に挙げます。

方法の詳細は以下の通りです。

数値の書式を選択する

①【入力した数字を記号に変換したい任意のセル(例:A2セル)】を選択します。

②【ホーム】タブ、③「数値の書式」の【▼】、④【その他の表示形式】の順に選択します。

ユーザー定義を変更してOKボタンを押す

「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されます。

①【表示形式】タブ、②【ユーザー定義】の順に選択します。

③「種類」に『[=1]"○";[=2]"×";"△"』と入力し、④【OK】ボタンを押します。

数値を入力する

これで、数値を記号に変換する設定ができました。

試しに【書式を設定したセル(例:A2)】を選択して『1』と入力し、Enterを押します。

表示形式が変更される

1が○に変換されました。

これで、数値を記号に変換することが出来ました。

記号を削除する方法

記号は、数値や文字と同じくバックスペースキーで削除できます。

方法は以下の通りです。

カーソルを入れる

今回は、「=4*」の「*(アスタリスク)」を削除します。

削除したい記号の右側に【カーソル】を挿入し、BackSpaceを押します。

バックスペースキーを押す

これで、記号を削除することが出来ました。

[Excel 基本情報]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top