Office Hack

Gmailで署名を設定する方法

  • by masahiro
  • Release
  • Update

署名とは、メールの末尾に入力する送信者の情報を指します。送信者の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどが自動的に記載されますので、受信者が送信者に連絡をする時に非常に便利です。

本記事では、Gmailで署名を設定する方法について説明します。メール送信の際に署名を自動的に挿入できれば、ビジネスやプライベートの場面で非常に役に立ちます。

Gmailで署名を設定する

PC

ここでは、PCでGmailの署名を設定する方法について説明します。

作業時間:1分

  1. 「設定」を選択
    設定を選択

    ①【設定(歯車のマーク)】ボタンを押し、②【設定】を選択します。

  2. 「全般」タブの選択
    下にスクロール

    ①【全般】タブを選択し、②【下にスクロール】します。

  3. 署名の入力
    署名の入力

    「署名」の欄までスクロールします。①テキストボックスに『署名』を入力し、②さらに【下にスクロール】します。

  4. 「変更を保存」ボタンを押す
    変更を保存

    【変更を保存】ボタンを押します。

  5. 「作成」ボタンを押す
    作成ボタン

    ここで署名が自動的に入力されるかどうかを確認します。【作成】ボタンを押してみましょう。

  6. 署名の入力の確認
    署名の挿入

    署名が自動的に入力されていることが確認できました。

スマホ(iPhone)

ここでは、スマホ(iPhone)でGmailの署名を設定する方法について説明します。

PCと違って、署名はメールを送信した後に追加されますのでご注意ください。

三重線を押す

スマホ(iPhone)にインストールされたGmailのアプリを開きます。【三重線】ボタンを押します。

設定

【設定】を選択します。

メールアドレスを選択

【メールアカウント】を選択します。

署名設定

【署名設定】を選択します。

署名の入力

①【「モバイル署名」を「ON」】の状態にし、②【「本文」に署名】を入力します。

③【<】ボタンを数回押して、最初の画面まで戻ります。

+

【+】ボタンを押します。

件名と本文の入力

メール送信の画面が表示されました。試しに相手先に署名つきのメールを送ってみましょう。

①『相手先のメールアドレス』、②『件名』と『本文』を入力し、③【送信】ボタンを押します。

メール着信

相手のメールアカウントを開いてみましょう。スマホ(iPhone)を使って送った署名入りのメールが届いたことが分かります。

おすすめの商品をご紹介

Gmailの署名の様々な設定とトラブル対処法

「Gmailで署名を入力するだけではなく、様々な設定をしたい」という方はいらっしゃいますか?

以下の記事では、Gmailの署名の様々な設定方法やトラブル対処法について説明します。Gmailの署名をより上手に使っていきましょう。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

Page Top