ポイント最大43倍!お買い物マラソン開催中
終了まで7時間53分

Office Hack

Office付きの安いノートパソコンについて

  • Release
  • Update

本記事では、Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)が付属しているおすすめの安いノートパソコンをご紹介しています。

ノートパソコンを選ぶにあたり、見るべきポイントやおすすめのメーカーについても簡単に解説しておりますので、必要の際にお役立てください。

Office付きノートパソコンとは?

Officeが最初から付属したPCを購入すると、別途Office製品を購入することなく、WordやExcelなどの機能をすぐに使い始めることができます。

以前は「Office Premium」という永続的に最新のOfficeアプリを使い続けられる製品が対象のPCにプレインストールされていましたが、そちらは2018年に在庫のみで終了し、現在はOffice 2019のプレインストールに替わっています。

下記より、各モールでOfficeが搭載されているノートパソコンをお探しいただけます。

Office付きノートパソコンの選び方

このセクションでは、Office付きノートパソコンの選び方について解説いたします。

Windows 10のおすすめノートパソコンについて知りたい方は、下記の記事も併せてご参照ください。

付属しているOfficeの種類で選ぶ

プレインストール版Office 2019にはいくつかの種類があり、以下の表では製品の詳細を一覧にしています。

製品ごとに使用できるアプリが異なりますので、ご参考にしてください。

Office 製品Office Personal 2019Office Home & Business 2019Office Professional 2019Office Professional Academic 2019 ※1
使用年数/使用台数永続/1台(搭載PCのみ)永続/1台(搭載PCのみ)永続/1台(搭載PCのみ)永続/1台(搭載PCのみ)
Word
Excel
Outlook
PowerPoint
Publisher
Access
OneNote 追加機能 ※2

※1 学生や教職員などの教育機関に所属している人を対象とした製品です。購入時には在籍の証明が必要になります。

※2 OneNoteはWindows 10の機能として提供されます。

CPUの性能で選ぶ

CPUはパソコンの頭脳のようなもので、CPUの性能が高いほどパソコン全体のデータ処理速度が向上します。

以下の表では、CPUの主流メーカー「Intel」と「AMD」の製品を一覧にしています。

CPUの性能は高いに越したことはありませんが、その分価格も高くなっていきますので、予算や利用目的を見極めて最適なCPUを選択しましょう。

分類IntelAMD使用用途の目安
フラッグシップCore X シリーズクリエイター向け。高度なゲーム、メガタスク処理、高度なコンテンツ作成
Core i9Ryzen 9メール、文書作成、ネット閲覧、動画視聴、ゲーム、動画編集、コンテンツ作成
ハイエンドCore i7Ryzen 7メール、文書作成、ネット閲覧、動画視聴、ゲーム、動画編集
スタンダードCore i5Ryzen 5メール、文書作成、ネット閲覧、動画視聴、ゲーム
Core i3Ryzen 3メール、文書作成、ネット閲覧、動画視聴
エントリーPentiumAthlonメール、文書作成、ネット閲覧
CeleronAシリーズメール、文書作成、ネット閲覧

おすすめとしては、IntelならCore i3、AMDならRyzen 3以上であればOfficeの使用や動画視聴なども快適に利用ができます。

ゲームや動画編集など、より高度な環境を求めるのであれば、Core i5、Ryzen 5以上がおすすめです。

メモリの容量で選ぶ

メモリは処理中のデータが一時的に保存される場所で、容量が大きいほど同時に複数の作業を効率的にこなすことができ、処理速度が早くなります。

メモリの容量が不足すると、パソコンの動作が重たくなったり、さまざまな問題が発生します。

一般的な用途の使用であれば、8GB以上のメモリを搭載しているノートパソコンがおすすめです。

以下、メモリの容量と使用用途の目安を一覧表にしました。

ノートパソコンを快適に使うために、価格と合わせてご参考にしてください。

メモリ容量使用用途の目安
4GB文書作成、ネット閲覧
8GB高画質な動画の視聴、軽めのゲーム
16GB高度なゲーム、Photoshopなどを使用した画像編集
32GB動画編集

ストレージの種類で選ぶ

ストレージはパソコンのデータを保存しておく場所で、容量が大きいほどより多くのデータを保存できます。

ストレージには「HDD(ハードディスクドライブ)」と「SSD(ソリッドステートドライブ)」の2種類があります。

それぞれの違いについては、以下の表をご参考にしてください。

ストレージ長所短所
HDD容量が大きい
価格が安い
データの読み書き速度が遅い
衝撃に弱い
消費電力が多い
SSDデータの読み書き速度が速い
衝撃に強い
消費電力が少ない
サイズが小さく軽い
容量が少ない
価格が高い

データの読み書き速度など、性能を重視する場合にはSSD、予算を抑えつつ容量を重視する場合にはHDDがおすすめです。

現在はSSDとHDDの両方を搭載した製品も多く、性能と価格のバランスを求める場合には、そちらをおすすめします。

画面サイズで選ぶ

ディスプレイは大きい方が見やすいですが、頻繁に持ち運んで携帯することが想定される場合は、13.3インチ以下のPCがおすすめです。

サイズ感としては13.3インチがA4サイズ程度でビジネスバッグにも入りやすく、画面も大きすぎず小さすぎず、適度な大きさとなっています。

携帯性に加えて画面の見やすさ、性能、操作性も重視する場合には、少々重くはなりますが14~15インチのノートパソコンがおすすめです。

デスクに据え置きして使用する場合には、15インチ以上のモデルの方が画面も見やすくよいでしょう。

Office搭載のノートパソコンを格安で購入するには?

下記より、各モールでOfficeが搭載されている低価格のノートパソコンをお探しいただけます。

ショップの中にはMicrosoft OfficeではないOfficeが付属した製品を出品しているところもありますので、十分にご注意ください。

中古で買う

下記より、各モールで中古の安いOffice付きノートパソコンをお探しいただけます。

出品されている商品の中には正規のライセンスでないOfficeが入っている可能性もありますので、事前にショップに確認しておきましょう。

新品と違い、汚れなどがある場合もありますので、ご購入の際には十分にご注意してお選びください。

Office付きノートパソコンのおすすめ主要メーカー

このセクションでは、Office付きノートパソコンを低価格で販売している主要メーカーを優先してご紹介いたします。

Lenovo(レノボ)

Lenovo(レノボ)は圧倒的にコストパフォーマンスにすぐれた中国のPCメーカーで、2013年から何度も世界一のシェアを達成しています。

2005年にIBMのPC部門とも統合し、ThinkPadブランドも手掛けるようになりました。

おすすめの製品や価格は日々変動しておりますので、各モールにてご確認ください。

Dell(デル)

Dell(デル)はアメリカの世界屈指のPCメーカーです。

在庫を持たずに受注生産するBTO(Build to Order)という形で製品を販売していたことが特徴で、そのコストパフォーマンスとカスタマイズ性の高さで急成長を遂げました。

現在も世界トップクラスのシェアを誇り、多様な製品をリーズナブルな価格で提供し続けています。

おすすめの製品や価格は日々変動しておりますので、各モールにてご確認ください。

HP(ヒューレット・パッカード)

HP(ヒューレット・パッカード)はアメリカのPCメーカーで、Lenovoと並んで世界のトップシェアを誇ります。

洗練されたデザインと機能性の高さ、そしてコストパフォーマンスにも優れ、バランスのよさで人気があります。

おすすめの製品や価格は日々変動しておりますので、各モールにてご確認ください。

ASUS(エイスース)

ASUS(エイスース)は台湾のPCメーカーで、高性能ながら手頃な価格設定で人気があります。

日本の禅に影響を受けた「ZenBook」や、ユーザーの自己表現に重きを置いた「VivoBook」など、創造的な製品が多くあります。

おすすめの製品や価格は日々変動しておりますので、各モールにてご確認ください。

NEC(エヌ・イー・シー)

NEC(エヌ・イー・シー)は国内最大のシェアを誇る日本のPCメーカーです。

初心者にも使いやすいノートパソコンを提供しているメーカーとして親しまれてきました。

エントリーからハイスペックモデルまで、製品のラインナップも豊富なので、目的にあわせた選び方が可能です。

おすすめの製品や価格は日々変動しておりますので、各モールにてご確認ください。

富士通

富士通は国内のノートパソコン市場において、NECに次ぐ高いシェアを誇ります。

開発・製造から販売まですべて国内で行っており、日本製ならではの品質の良さで、高い人気を集めてきました。

また、サポートの丁寧さにも定評があり、堅牢性にも優れています。

おすすめの製品や価格は日々変動しておりますので、各モールにてご確認ください。

Dynabook(ダイナブック)

Dynabook(ダイナブック)は旧東芝で、「dynabook」シリーズは1994年から2000年まで7年連続で世界シェア1位を獲得し続けました。

現在はシャープの傘下に入り、高い液晶技術も合わさって、映像表現に力を入れたモデルが充実しています。

おすすめの製品や価格は日々変動しておりますので、各モールにてご確認ください。

Microsoft(マイクロソフト)

「Surface(サーフェス)」は、Microsoftが発売しているタブレットやパソコンのシリーズです。

MicrosoftがPC業界に参入してきたのは比較的最近ですが、ユーザーのニーズに合わせた豊富なラインナップが提供されており、デザイン性と機能性にも優れ、人気があります。

低価格モデルにもOfficeが標準装備されているので、コストパフォーマンスも悪くありません。

おすすめの製品や価格は日々変動しておりますので、各モールにてご確認ください。

3~4つの質問で最適なOffice製品をご提案します

個人用/法人用/教育用や、一括払いや月/年払い、利用できるアプリケーション、利用できるOSがそれぞれ製品によって異なるため、分かりやすいナビをご用意しました。

[Office 製品]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top