Office Hack

Outlookでメールを自動転送に設定する方法と解除方法

  • Release
  • Update

「Outlookのメールを自動転送にしたい」、「インターネットが繋がらない地域に行くので数日間メールを自動応答にしたい」と思う方はいらっしゃいませんか?

本記事では、Outlookでメールを自動転送にする方法(設定/解除)、自動応答にする方法、そしてメールが自動転送にならない場合の対処法について説明します。Outlookの自動転送や自動応答の方法を知って、Outlookをさらに有効活用していきましょう。

メールを自動転送する方法

Outlook(インストール版)をお使いの場合

ここでは、Outlook(インストール版)でメールを指定した宛先に自動転送する方法について説明します。指定の宛先はOutlookの連絡先から指定できますので、非常に便利です。

作業時間:4分

  1. 「ファイル」タブの選択
    ファイルタブ

    Outlook(インストール版)を開きます。【ファイル】タブを選択します。

  2. 「仕分けルールと通知の管理」の選択
    仕分けルールと通知の管理

    ①【情報】タブ、②【仕分けルールと通知の管理】の順に選択します。

  3. 「新しい仕分けルール」を選択する
    新しい仕分けルール

    「仕分けルールと通知」ダイアログボックスが表示されました。①【電子メールの仕分けルール】タブ、②【新しい仕分けルール】の順に選択します。

  4. 「受信メッセージにルールを適用する」を選択
    受信メッセージにルールを適用する

    「自動仕分けウィザード」ダイアログボックスが表示されました。①【受信メッセージにルールを適用する】を選択し、②【次へ】ボタンを押します。

  5. 条件の指定
    条件の指定

    自動転送の条件の内容を確認し、あればチェックを入れます。【次へ】ボタンを押します。

  6. 仕分けルールのすべての適用を確認
    はい

    ダイアログボックスが表示されました。【はい】を選択します。

  7. 「名前/パブリックグループへ転送する」を選択
    名前/パブリックへ転送する

    「自動仕分けウィザード」ダイアログボックスに戻りました。①【「名前/パブリックグループへ転送する」にチェックマーク】を入れ、②【名前/パブリックグループ】を押します。

  8. 宛先の選択
    宛先の選択

    「電子メールアドレスの選択」ダイアログボックスが表示されました。①【連絡先に登録されたメールアドレス】を選択します。②【宛先】ボタン、③【OK】ボタンの順に選択します。

  9. メールアドレスの確認
    メールアドレスの表示確認

    メールアドレスの表示を確認したら、【次へ】ボタンを押します。

  10. 例外条件の確認
    例外条件の選択

    例外条件があれば「チェックマーク」を入れ、【次へ】ボタンを押します。

  11. ルールの設定
    仕分けルールの内容確認

    ①『仕分けルールの名前』を入力し、②【「この仕分けルールを有効にする」にチェックマーク】を入れます。③「仕分けルールの内容を確認」を確認し、④【完了】ボタンを押します。

  12. 完了
    設定したルールの表示

    「仕分けルールと通知」ダイアログボックスに戻りました。設定した仕分けルールが表示されたことを確認します。【OK】ボタンを押して自動転送の設定が完了です。

  13. 相手メールの確認
    確認

    転送先のアドレスの受信トレイを確認すると、転送の意味を示す「FW:」のメールが届いていることがわかります。

Outlook.com(Web版)をお使いの場合

ここでは、Outlook.com(Web版)でメールを自動転送する方法について説明します。

Outlook.comの場合は、インストール版のように自動転送の細かい設定はできず、すべての受信メールが指定したアドレスに自動転送されます。

Outlook.comにログインしたい方はこちら

Outlookのすべての設定を表示

Outlook.comを開きます。①【設定】ボタン、②【Outlookのすべての設定を表示】ボタンの順に押します。

転送先の設定

①【メール】タブ、②【転送】の順に選択します。

③『メールの転送先』を入力し、④【保存】ボタンを押します。

Outlook.jpへの転送

転送先の受信トレイを確認すると、「…@outlook.com」宛てのメールが「…@outlook.jp」のメールアドレスに届いていることがわかります。

Outlook.comからの設定の場合は、メールに「FW:」の表記はされません。

不在時の自動応答を送信する

出張や旅行などでインターネットが繋がらない地域に行くなど、メールの返信が数日間できないことはありませんか?

ここでは留守番電話のように、自動的にメールを自動返信してくれる「自動応答」の機能をご紹介します。

Outlook(インストール版)をお使いの場合

ここでは、Outlook(インストール版)で不在時に自動応答を送信する方法について説明します。

「ファイル」タブの選択

【ファイル】タブを選択します。

自動応答

①【情報】タブ、②【自動応答】の順に選択します。

自動応答の設定

「自動応答」ダイアログボックスが表示されました。①【自動応答を送信する】を選択し、②【「次の期間のみ送信する」にチェックマーク】を入れます。③【開始時刻】と【終了時刻】をそれぞれ選択します。

④『自動応答にする際の返信の内容』を入力し、⑤【OK】ボタンを押します。

送信

ここでOutlookにテストメールを送信してみます。『自動送信設定をしたOutlookのアドレス』と『テストメールの内容』を入力し、【送信】ボタンを押します。

自動応答の確認

暫くすると、自動送信の設定をしたOutlookのメールアドレスから自動送信の内容が返信されました。Outlookでの自動送信の設定が成功しました。

Outlook.com(Web版)をお使いの場合

ここでは、Outlook.com(Web版)で不在時に自動応答を送信する方法について説明します。

Outlookのすべての設定を表示

Outlook.comを開きます。①【設定】ボタン、②【Outlookのすべての設定を表示】ボタンの順に押します。

自動応答の設定

①【メール】タブ、②【自動応答】の順に選択します。③【「自動応答は有効」をONの状態】にし、④【「この期間に限り応答を送信する」にチェックマーク】を入れます。

⑤『「開始時間」と「終了時間」』、⑥『自動応答の内容』をそれぞれ入力し、⑦【保存】ボタンを押すと自動応答が開始されます。

メールの自動転送を解除する方法

Outlook(インストール版)をお使いの場合

ここでは、Outlook(インストール版)でメールの自動転送を解除する方法について説明します。

ファイルタブ

【ファイル】タブを選択します。

情報

①【情報】タブ、②【仕分けルールと通知の管理】の順に選択します。

削除

「仕分けルールと通知」ダイアログボックスが表示されました。①【電子メールの仕分けルール】タブを選択します。

②【削除したいアドレス】を選択し、③【削除】ボタンを押します。

はい

ダイアログボックスが表示されました。【はい】を選択します。

仕分けルールが削除された

選択されていた仕分けルールが削除されました。【OK】ボタンを押せば自動転送の設定が解除されます。

Outlook.com(Web版)をお使いの場合

ここでは、Outlook.com(Web版)でメールの自動転送を解除する方法について説明します。

Outlook.comにログインしたい方はこちら

Outlookのすべての設定を表示

Outlook.comを開きます。①【設定】ボタン、②【Outlookのすべての設定を表示】ボタンの順に押します。

自動転送の解除

①【メール】タブ、②【転送】の順に選択します。

③【「転送を有効にする」のチェックマーク】を外し、④【保存】ボタン、⑤【×】ボタンの順に押せば自動転送が解除されます。

自動転送ができない場合は?

Outlookの自動転送ができない場合は、以下の方法をお試しください。

「予定されていた送受信を無効にする」のチェックマークを外す

ここでは、「予定されていた送受信を無効にする」のチェックマークを外す方法について説明します。

チェックを外す

Outlookを開きます。①【送受信】タブ、②【送受信グループ】の順に選択します。

③【「予定された送受信を無効にする」のチェックマーク】のチェックが入っていれば、外した状態にします。

送受信グループの定義を確認する

ここでは、送受信グループの定義の内容を確認する方法について説明します。

送受信グループの定義

Outlookを開きます。①【送受信】タブ、②【送受信グループ】、③【送受信グループの定義】の順に選択します。

編集

「送受信グループ」ダイアログボックスが表示されました。①【このグループを送受信に含める】、【次の時間ごとに自動的に送受信を実行する】、【このグループを送受信に含める】にそれぞれ「チェックマーク」を入れます。

②【編集】ボタンを押します。

3つのチェックを外す

「送受信設定」ダイアログボックスが表示されました。①【自動受信したいアカウント】を選択します。

②【この送受信グループに選択されたアカウントを含める】、③【メールアイテムの送信】、④【メールアイテムの受信】をそれぞれ選択し、⑤【OK】ボタンを押して完了です。

その他の自動転送ができない場合の確認事項

上記の方法で自動転送ができない場合は、以下の項目もご確認ください。

  • ネット接続の環境を確認する
  • 相手のアドレスで迷惑メール設定されていないか確認する
  • 手動で転送のメールが送れるかを確認する
  • 他のアカウントで試す

おすすめの商品をご紹介

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top