Office Hack

iPhoneで使用するOutlookアプリの設定方法など(同期含む)

  • Release

この記事では、iPhoneでOutlookアプリを使う際の設定方法についてご紹介しています。

iPhoneにOutlookアプリをインストールする方法、アカウントの追加方法、連絡先や予定表を同期する方法、iPhoneでのOutlookの不具合に関するトラブル対処法などについても記載しておりますので、参考にしてみてください。

Outlookとは?

Outlook(Microsoft Outlook)とは、マイクロソフト社が開発、提供している無料のメールソフトです。

パソコンのメールでOutlookを使用している方が多いと思いますが、iOS版のOutlookアプリが配信されており、iPhoneやiPadでも使用することができます。

有料版Microsoft 365のサブスクリプションを購入すると、その他のMicrosoftのiOS向けアプリ(Word、Excel、PowerPoint)のすべての機能と1TBのストレージを使用することができます。

Microsoft 365 Personalの4つのメリット

  1. 常に最新バージョンが利用可
  2. Word/Excel/PowerPoint/Outlook/Publisher/Accessのすべてが使える
  3. 1ライセンス1ユーザー、無制限にインストール可(Windows/Mac/タブレット/スマホ、複数OK)
  4. 1TBのOneDriveオンラインストレージがついてくる
体験版より年間契約がお得な理由

1ヶ月間無料で試す

Microsoft Store (マイクロソフトストア)

iPhoneにOutlookアプリをインストールする方法

App Store

Microsoft Outlookにアクセスします。

入手ボタンを押す

【入手】ボタンを押します。

インストールボタンを押す

【インストール】ボタンを押すと、Outlookアプリのインストールが完了します。

iPhoneでのOutlookの使い方

iPhoneでのOutlookの使い方については、以下のセクションをご覧ください。

アカウント追加を行う

iPhoneでOutlookアプリを使用するためには、まずアカウント追加を行う必要があります。

アカウントを追加する方法は、以下のとおりです。

スキップボタンを押す

Outlookを起動します。すでに登録しているアカウントがある場合、画面に表示されることがあります。

今回は、新たなメールアドレスでアカウントの追加を行いたいので、【スキップ】ボタンを押します。

メールアドレスを入力する

①『メールアドレス』を入力し、②【アカウントの追加】ボタンを押します。

次へボタンを押す

「Google にログイン」の画面が開きました。

①『メールアドレス』を入力し、②【次へ】ボタンを押します。

パスワードを入力する

①『パスワード』を入力し、②【次へ】ボタンを押します。

許可ボタンを押す

表示された項目を確認し、【許可】ボタンを押します。

お客様のデータ

【次へ】ボタンを押します。

同意ボタンを押す

【同意する】ボタンを押します。

Outlookを続ける

【Outlook の使用を続ける】ボタンを押すと、アカウントの追加が完了します。

連絡先を同期する

iPhoneの連絡先アプリのアカウントにOutlook.comを追加すると、Outlookのアドレス帳に入っている連絡先をiPhoneの連絡先アプリからも確認できるようになります。

iPhoneの連絡先アプリのアカウントにOutlook.comを追加する方法は、以下のとおりです。

連絡先を選択

iPhoneの「設定」を開き、①画面を下に【スワイプ】します。

②【連絡先】を選択します。

連絡先のアカウントを選択

【アカウント】を選択します。

連絡先のアカウント追加を選択

【アカウントを追加】を選択します。

Outlook.comを選択

【Outlook.com】を選択します。

サインイン

①『メールアドレス』を入力し、②【次へ】ボタンを押します。

サインインボタンを押す

①『パスワード』を入力し、②【サインイン】ボタンを押します。

連絡先をオンにする

①「連絡先」を【オン】にします。

②【iPhoneに残す】を選択します。

連絡先の同期完了

画面右上の【保存】をタップすると、iPhoneの連絡先とOutlookの連絡先を同期する設定が完了します。

予定表を同期する

iPhoneのカレンダーアプリのアカウントにOutlook.comを追加すると、Outlookの予定表をiPhoneのカレンダーアプリでも確認することが可能です。

iPhoneのカレンダーアプリにOutlook.comのアカウントを追加する方法は、以下のとおりです。

カレンダーを選択

iPhoneの「設定」を開き、①画面を下に【スワイプ】します。

②【カレンダー】を選択します。

カレンダーのアカウントを選択

【アカウント】を選択します。

カレンダーのアカウントを追加

【アカウントを追加】を選択します。

Outlook.comを選択

【Outlook.com】を選択します。

サインイン

①『メールアドレス』を入力し、②【次へ】ボタンを押します。

サインインボタンを押す

①『パスワード』を入力し、②【サインイン】ボタンを押します。

はいボタンを押す

【はい】ボタンを押します。

カレンダーをONにする

①「カレンダー」を【オン】にします。

②【iPhoneに残す】を選択します。

保存をタップして同期完了

画面右上の【保存】をタップすると、iPhoneのカレンダーとOutlookの予定表を同期する設定が完了します。

署名を設定する

署名とは、メールの最後に送信者の名前や連絡先などの情報を記載することです。

iPhoneのOutlookで署名を設定する方法は、以下のとおりです。

アカウントを選択

Outlookを開き、①【メール】タブ、②「受信トレイ」横【アカウント】のアイコンの順にタップします。

設定を選択する

画面左下の【設定】のアイコンをタップします。

署名を選択する

「メール」の【署名】を選択します。

署名を入力する

①『任意の署名(例:山田 太郎)』を入力し、②【<】をタップします。

署名の設定が完了

画面左上の【×】をタップすると、署名の設定が完了します。

フォント変更を行う

iPhoneのOutlookでは、メールの字体を変更することはできません。

文字を大きく表示する(タイトル表記)、太文字にする、斜体文字にする、文字に下線を引くなどの簡単な編集のみが可能になっています。

一例として、文字をタイトル表記にして大きく表示する方法をご紹介します。

メールタブを選択

Outlookを開き、①【メール】タブを選択します。

②【新規作成】ボタンを押します。

本文をタップする

①【本文】をタップし、②【A】のアイコンをタップします。

本文を2回タップする

①【本文】を2回タップします。

タイトル表記になった

表記が「タイトル」に変わりました。『文字(例:お世話になっております。)』を入力します。

文字をタイトル表記にして大きく表示させることができました。

メールを受信する側の使用状況によっては、変更した表示が反映されないことがありますのでご注意ください。

ファイルを添付する

iPhoneのOutlookでメールにファイルを添付する方法は、以下のとおりです。

メールタブを選択

Outlookを開き、①【メール】タブを選択します。

②【新規作成】ボタンを押します。

クリップのアイコンをタップ

①【本文】、②【クリップ】のアイコンの順にタップします。

写真を選択

【任意の項目(例:写真をライブラリから選択)】を選択します。

追加をタップ

①【添付したい写真】を選択し、②【追加】をタップします。

ファイルを添付できた

メールにファイルを添付することができました。

プッシュ通知を設定する

プッシュ通知とは、メールを受信した際などに、iPhoneのロック画面やホーム画面に自動的にお知らせを表示してくれる機能です。

iPhoneのOutlookでプッシュ通知を設定する方法は、以下のとおりです。

設定の通知を選択する

iPhoneの「設定」を開き、【通知】を選択します。

下にスワイプする

①画面を下に【スワイプ】し、②【Outlook】を選択します。

通知をONにする

「通知を許可」を【オン】にすると、プッシュ通知の設定が完了します。

iPhoneでのOutlookの不具合に関するトラブル対処法

以下のセクションでは、iPhoneでのOutlookの不具合に関する様々なトラブルの対処法についてご紹介します。

起動しない

Outlookが起動しない場合には、以下の対処法をお試しください。

アプリを終了し再起動する

Outlookを一度終了してから再起動すると、問題が解決する可能性があります。

Apple サポート iPhone や iPod touch で App を終了する方法を参考に、Outlookを終了し再度開いてみてください。

アプリを削除し再インストールする

一度アプリを削除し再度App Storeからインストールすると、問題が解決する可能性があります。

アプリを削除する方法は、以下のとおりです。

アイコンを長押し

①iPhoneのホーム画面で「Outlook」を【長押し】します。

②【Appを削除】を選択します。

Appを削除

「"Outlook"を取り除きますか?」ダイアログボックスが表示されました。

【Appを削除】を選択します。

削除ボタンを押す

「"Outlook"を削除しますか?」ダイアログボックスが表示されました。

【削除】ボタンを押すと、アプリの削除が完了します。

上記「iPhoneにOutlookアプリをインストールする方法」のセクションを参考に、Outlookを再インストールして、Outlookアプリが正常に起動するかお確かめください。

iPhoneを再起動する

iPhoneの電源を一度切り、再起動することで問題が解決する可能性があります。

Apple サポート iPhone を再起動するを参考に、iPhoneを再起動しアプリが正常に起動するかお試しください。

ログイン/サインインできない

Outlookにログインまたはサインインできない場合は、以下の対処法をお試しください。

メールアドレスとパスワードを確認する

ログインまたはサインインできない場合の原因として多いのが、誤ったメールアドレスやパスワードを入力してしまうことです。

正しいメールアドレス、パスワードを入力しているか今一度ご確認ください。

ブラウザのキャッシュを削除する

使用しているブラウザ(例:Safariなど)に保存されている一時的なデータに問題が起こっていると、ログインまたはサインインがうまくいかない場合があります。

以下の手順を参考に、ブラウザのキャッシュデータの削除をお試しください。

Safariを選択する

iPhoneの設定を開き、①画面を下に【スワイプ】します。

②【使用しているブラウザ(例:Safari)】を選択します。

キャッシュデータ

①画面を下に【スワイプ】し、②【履歴とWebデータを消去】を選択します。

履歴とデータを消去

【履歴とデータを消去】をタップすると、ブラウザのキャッシュデータの削除が完了します。

メールを受信/送信できない

iPhoneのOutlookでメールの送受信ができない場合は、以下の項目をお確かめください。

Wi-Fiがオンになっているかを確認する

Wi-Fiが正しく設定されているか確認する方法は、以下のとおりです。

Wi-Fiを選択する

iPhoneの設定を開き、【Wi-Fi】を選択します。

Wi-Fiの接続を確認

Wi-Fiがオンになっており、正しく接続されていることが確認できます。

モバイルデータ通信がオンになっているかを確認

モバイルデータ通信がオフになっていると、インターネット接続が必要なメールの送受信やWebサイトの閲覧などができません。

モバイルデータ通信がオンになっているか確かめる方法は、以下のとおりです。

モバイル通信を選択

iPhoneの設定を開き、【モバイル通信】を選択します。

モバイルデータ通信を確認

モバイルデータ通信がオンになっていることが確認できます。

メールの同期ができない

iPhoneのメールにOutlookのアカウントが追加されていないと、メールの同期ができません。

以下の手順を参考に、iPhoneのメールにOutlookのアカウントを追加し、正常に同期されるかご確認ください。

メールを選択する

iPhoneの設定を開き、①画面を下に【スワイプ】します。

①【メール】を選択します。

メールのアカウントをタップ

【アカウント】を選択します。

メールのアカウントを選択

【アカウントを追加】を選択します。

Outlook.comを選択

【Outlook.com】を選択します。

サインイン

①『メールアドレス』を入力し、②【次へ】ボタンを押します。

サインインボタンを押す

①『パスワード』を入力し、②【サインイン】ボタンを押します。

メールをオンにする

①「メール」を【オン】にします。

②【保存】をタップすると、iPhoneのメールにOutlookのアカウントを追加する設定が完了します。

カレンダーが同期できない

iPhoneのカレンダーアプリとOutlookの予定表が同期できない場合の対処法は、以下のとおりです。

アカウントを削除し再度追加する

iPhoneの設定で追加したアカウントを一度削除し、再度アカウント追加を行うことで問題が解決する可能性があります。

iPhoneのカレンダーに追加したアカウントを削除する方法は、以下のとおりです。

カレンダーを選択

iPhoneの設定を開き、①画面を下に【スワイプ】します。

②【カレンダー】を選択します。

カレンダーアカウントを選択する

【アカウント】を選択します。

Outlookのアカウントを選択する

【Outlook】を選択します。

アカウント削除を選択する

【アカウントを削除】を選択します。

iPhoneから削除を選択する

「アカウントを削除する」ダイアログボックスが表示されました。

【iPhoneから削除】を選択します。カレンダーアプリからOutlook.comのアカウントを削除できました。

上記「予定表を同期する」のセクションを参考に再度アカウントを追加し、カレンダーアプリと予定表が正しく同期されているかをご確認ください。

カレンダーに表示させる予定表アプリを非表示/表示に設定する

iPhoneのカレンダーに複数の予定表アプリを表示する設定にしていると、正常に同期が行われない場合があります。

その場合には、一度同期する設定を解除し再度同期する設定にすると、問題が解決する可能性があります。

iPhoneのカレンダーに表示させる予定表アプリを非表示/表示に設定する方法は、以下のとおりです。

カレンダー開く

iPhoneのカレンダーを開きます。画面下部の【カレンダー】タブを選択します。

シフトボードのチェックはずす

①「予定表アプリ(例:シフトボード)」の【チェックマーク】をはずし、②【完了】をタップします。

カレンダー開く

画面下部の【カレンダー】タブを選択します。

シフトボードにチェックいれる

①「予定表(例:シフトボード)」に【チェックマーク】を入れ、②【完了】をタップします。

カレンダーにOutlookの予定表が正しく表示されているかご確認ください。

文字化けする

iPhoneのOutlookで受信したメールが文字化けしてしまう原因の多くは、機種依存文字を使用していることです。

機種依存文字とは、特定のデバイスや環境でのみ表示が可能な絵文字などを指します。

機種依存文字による文字化けの対処法として、「署名」の機能を使って送信時の文字コードを「UTF-8」に固定にする方法があります。

方法の詳細については、以下のとおりです。

スワイプしメールを選択

iPhoneの「設定」を開き、①画面を下に【スワイプ】します。

②【メール】を選択します。

スワイプして署名を選択

①画面を下に【スワイプ】し、②【署名】を選択します。

こまんどを入力

①【赤枠】をタップします。②キーボードで『こまんど』と入力し、③【⌘】をタップします。

メールをタップして設定完了

画面左上の【メール】をタップすると、送信時の文字コードを「UTF-8」に固定にする設定が完了します。

問題が解決しない場合

上記の対処法を実行しても問題が解決しない場合は、Microsoft コミュニティをご参照ください。

このページを見ている人におすすめの商品

[Outlook アプリ]の関連記事

当サイトは、マイクロソフトアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top