Office Hack

Microsoft Print to PDFとは?機能/インストール/設定などまとめ

  • Release

「Microsoft Print to PDFって何?」、「Microsoft Print to PDFでは印刷できないの?」と疑問に思っている方は多いです。 本記事では、Microsoft Print to PDFの機能、使用方法、削除やトラブル対処法などについて説明します。

Microsoft Print to PDFは無料で入手できます。新しいPDF作成/編集ソフトをダウンロード・インストールしなくても、Windows 10を使用している場合、Microsoftソフトウェアで作成されたページやスライドをPDFに変換できます。

Microsoft Print to PDFとは

Microsoft Print to PDFとは、Microsoft(マイクロソフト)が開発したWindows 10に標準でインストールされている仮想プリンターを指します。

紙に印刷する代わりにPDF文書ファイルとして出力できることが特徴です。

Microsoft Print to PDFの価格/機能

Microsoft Print to PDFの価格/機能については、以下のとおりです。

価格/機能Microsoft Print to PDF
価格 無料
インストール
Windows 10にデフォルトで内蔵
オンライン ×
圧縮機能 ×
変換機能
閲覧機能 ×
結合機能 ×
分割機能 ×
書き込み機能 ×
用紙サイズ設定機能
パスワード設定機能
×
解像度変更機能×
既定プリンターの設定機能
Windows
Mac×

Microsoft Print to PDFの設定/使い方

下記では、Microsoft Print to PDFの設定/使い方について説明します。

変換する

このセクションでは、Microsoftのアプリケーション(例:PowerPoint)のデータをPDFファイルに変換する方法について説明します。

ファイルタブ

Microsoftのアプリケーション(例:PowerPoint)を開きます。

【ファイル】タブを選択します。

印刷ボタン

①【印刷】タブを選択します。

②【「プリンター」を「Microsoft Print to PDF」】に設定し、③【印刷】ボタンを押します。

名前を付けて保存

「印刷結果を名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されました。

①【PDFの保存先(例:デスクトップ)】を選択し、②『ファイル名(例:PDF変換テスト)』を入力し、③【保存】ボタンを押します。

PDFに変換

「PDF変換テスト」のPDFファイルが保存されました。

用紙サイズを設定する

このセクションでは、用紙サイズを設定する方法について説明します。

ファイルタブ

Microsoftのアプリケーション(例:PowerPoint)を開きます。

【ファイル】タブを選択します。

プリンターのプロパティ

①【印刷】タブを選択します。

②【「プリンター」を「Microsoft Print to PDF」】に設定し、③【プリンターのプロパティ】を選択します。

詳細設定

「Microsoft Print to PDFのドキュメントのプロパティ」ダイアログボックスが表示されました。

【詳細設定】ボタンを押します。

サイズ変更

「Microsoft Print to PDF 詳細オプション」ダイアログボックスが表示されました。

①【用紙サイズ(例:A4)】、②【お好きなサイズ】の順に選択し、③【OK】ボタンを押して設定完了です。

通常使うプリンタに設定する

設定を選択

Windows 10を開きます。

①【スタート】、②【設定】の順に選択します。

デバイス

「設定」ダイアログボックスが表示されました。

【デバイス】を選択します。

Windowsで通常使うプリンターを管理するのチェックマークを外す

①【プリンターとスキャナー】タブを選択します。

②【「スクロールバー」を下に「スクロール」】し、③【「Windowsで通常使うプリンターを管理する」の「チェックマーク」】を外します。

管理ボタン

①【「スクロールバー」を上に「スクロール」】します。

②【Microsoft Print to PDF】を選択し、③【管理】ボタンを押します。

既定として設定する

①【「デバイスの管理」の「既定として設定する」】ボタンを押します。

②【←】ボタンを押します。

プリンターとスキャナー

Microsoft Print to PDFが既定(通常使うプリンター)になりました。

Microsoft Print to PDFを削除/復活させる方法について

アンインストール(削除)する方法

このセクションでは、Microsoft Print to PDFをアンインストール(削除)する方法について説明します。

設定を選択

Windows 10を開きます。

①【スタート】、②【設定】の順に選択します。

デバイス

「設定」ダイアログボックスが表示されました。

【デバイス】を選択します。

削除

①【プリンターとスキャナー】タブを選択します。

②【Microsoft Print to PDF】を選択し、③【デバイスの削除】ボタンを押します。

はい

「このデバイスを削除しますか?」ダイアログボックスが表示されましたので、【はい】ボタンを押します。

Microsoft Print to PDFの削除

「Microsoft Print to PDF」がアンインストール(削除)されました。

削除後に復活させる方法

「削除したMicrosoft Print to PDFが復活できない」とお悩みの方が多いです。

このセクションでは、上記の方法で削除したMicrosoft Print to PDFを復活させる方法について説明します。

コントロールパネル

Windows 10を開きます。

①【スタート】、②【Windows システム ツール】、③【コントロール パネル】の順に選択します。

プログラム

「コントロール パネル」ダイアログボックスが表示されました。

【プログラム】を選択します。

Windowsの機能の有効化または無効化

「プログラム」ダイアログボックスが表示されました。

【Windowsの機能の有効化または無効化】を選択します。

Microsoft PDF 印刷

「Windows の機能」ダイアログボックスが表示されました。

①【「Microsoft PDF 印刷」の「チェックマーク」】を外し、②【OK】ボタンを押します。

閉じる

「必要な変更が完了しました。」のメッセージが表示されました。

【閉じる】ボタンを押します。

Windowsの機能の有効化または無効化

「プログラム」ダイアログボックスに戻りました。

再度【Windowsの機能の有効化または無効化】を選択します。

OK

「Windows の機能」ダイアログボックスが表示されました。

①【「Microsoft PDF 印刷」に「チェックマーク」】を入れ、②【OK】ボタンを押します。

完了

「必要な変更が完了しました。」のメッセージが表示されました。

【閉じる】ボタンを押します。

Microsoft Print to PDF

上記「変換する」セクションの要領でPowerPointの「印刷」タブを開きます。

「プリンター」の一覧を確認すると、「Microsoft Print to PDF」が表示されたことが分かります。

トラブル対処法

開けない

Microsoft Print to PDFは標準のWindows 10に内蔵されているため、アプリをダウンロード/インストールしてからソフトウェアを開く形式にはなっていません。

上記のセクションの「変換する」を参照し、Word、Excel、PowerPointなどのMicrosoftアプリケーションの「印刷」タブから「Microsoft Print to PDF」を確認してください。

印刷できない

「Microsoft Print to PDFで印刷ボタンを押しても印刷できない」とお悩みの方が多いかと思います。Microsoft Print to PDFでデータを印刷したい場合は、一度データ保存してPDFを開いてから印刷を行ってください。

PDFファイルとしてデータ保存する方法については、上記のセクションの「変換する」を参照してください。

使えないので削除したい

「Microsoft Print to PDFが使えないので削除したい」という方は、上記の「アンインストール(削除)する方法」のセクションを参考に削除してみてください。

Microsoft Print to PDFがなくてインストールできない

プリンターの追加

ユーザーのみなさまの中には、他サイトを参考に「プリンターの追加」から「Microsoft Print to PDF」を追加しようとした方もいらっしゃるでしょう。

しかし、「Microsoft Print to PDF」コマンドが表示されず選択できない場合があります。この問題が発生した場合は、上記の「削除後に復活させる方法」セクションを参照して、Microsoft Print to PDFの復活(インストール)を試みてください。

このページを見ている人におすすめの商品

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top