Office Hack

iPhoneでPDFを作成する方法(写真やメモなど)

  • Release

「iPhoneでPDFを閲覧できるけど作成はできない」と思っている方は多いかと思います。

本記事では、iPhoneでPDFを作成する様々な方法について説明します。

具体的には、無料で写真をPDFに変換する方法、手書きのメモからPDFを作成する方法、スクリーンショットをPDFに変換する方法、EvernoteのメモをPDFに変換する方法などをご紹介しています。

iPhoneでPDFファイルを作成する方法を覚えておけば、会社や学校でとても役に立ちます。

iPhoneの写真を無料でPDF化する方法

iPhone(アイフォン)で撮影した複数の写真をまとめてPDFファイルに変換できれば、紙の書類をPDFファイルにまとめたり、旅行の記録を作成したりするのに便利ですよね。

以下の記事では、iPhoneで写真をPDFに変換する方法や使用するアプリなどをご紹介していますのでご参照ください。

iPhoneの手書きメモをPDF作成する方法

iPhoneの手書きメモをPDF作成する方法については、以下のとおりです。

手書きメモを描く方法と、PDF化する方法に分けて説明します。

手書きメモを描く

iPhoneのメモアプリで手書きメモを描く方法については、以下のとおりです。

メモを選択

iPhoneを開き、【メモ】を選択します。

ペンと四角のマークを選択

【四角とペンのマーク】をタップします。

ペンのマークを選択

【ペンのマーク】をタップします。

イラストを作成

①【お好きなペンの形式】を選択し、②iPhoneの画面中央に手書きのメモ(イラスト)を描きます。

PDFファイルの保存方法については、以下のセクションをご覧ください。

手書きメモをPDF作成する

すでに作成した手書きメモをPDFで保存する方法について説明します。

作業時間:3分

  1. イラストを作成したら完了をタップする
    完了ボタンを押す

    iPhoneの「メモ」アプリで手書きメモ(イラスト)を描き終えたら、【完了】をタップします。

  2. コピーを送信を選択する
    コピーを送信を選択

    ①【...】をタップし、②【コピーを送信】を選択します。

  3. プリントを選択する
    プリントを選択

    【プリント】を選択します。

  4. サムネイルをピンチアウトする
    サムネイルをピンチアウトする

    手書きメモのサムネイルを【ピンチアウト(画面を2本指で触れて拡大)】します。

  5. 共有をタップする
    四角と矢印のボタンをタップする

    【共有】をタップします。

  6. お好きな保存方法を選択する
    ファイルに保存

    「お好きな保存方法(例:"ファイル"に保存)」を選択します。

  7. 名前を付けて保存する
    名前を変更して保存する

    ①『手書きメモ帳のお好きなPDFファイル名(例:シェルティ)』を入力します。②【お好きな保存場所(例:このiPhone内)】を選択し、③【保存】をタップします。

  8. ファイルを選択する
    ファイルを選択

    iPhoneのホーム画面に戻りましたので、【ファイル】を選択します。

  9. 手書きメモのPDFファイルが表示される
    PDFファイルの表示

    手書きメモのPDFファイル(例:シェルティ)が表示され、保存できたことが確認できました。

iPhoneで撮ったスクリーンショットをPDF化する方法

以下のセクションでは、iPhoneでスクリーンショットを撮る方法とPDF化する方法について説明します。

スクリーンショットを撮る

iPhoneのブラウザ(Google ChromeやSafariなど)を開き、スクリーンショットする方法については、以下のとおりです。

ブラウザを選択

iPhoneを開き、【スクリーンショットを撮りたいブラウザ(例:Google Chrome)】を選択します。

スクリーンショットが撮れた

スクリーンショットを撮りたいページの画面を表示します。

サイドボタンと音量を上げるボタンを同時に押す

【サイド】ボタンと【音量を上げる】ボタンを同時に押します(iPhone 13およびほかのFace ID搭載モデルでスクリーンショットを撮る場合)。

その他のiPhoneをお使いの方は、iPhone でスクリーンショットを撮るをご参照ください。

スクリーンショットを編集

スクリーンショットの編集画面に移行しました。

編集が終わったら、【完了】をタップすれば「カメラ」アプリの「ライブラリ」に保存されます。

スクリーンショットをPDF化する

ブラウザ(Google ChromeやSafariなど)で表示されたページをスクリーンショットしてPDFしたい方は多いでしょう。

ブラウザで撮ったスクリーンショットをPDF化する方法については、以下のとおりです。

カメラを選択

iPhoneを開き、【カメラ】を選択します。

ライブラリを選択

①【写真】、②【ライブラリ】の順に選択します。

共有を選択

【共有】をタップします。

プリントを選択

【プリント】を選択します。

サムネイルをピンチアウトする

スクリーンショットのサムネイルを【ピンチアウト(画面を2本指で触れて拡大)】します。

共有を選択

【共有】をタップします。

このiPhone内を選択

【保存する方法(例:"ファイルに保存")】を選択します。

このiPhone内を選択

①『お好きなファイル名(例:写真)』を入力します。

②【保存したい場所(例:このiPhone内)】を選択し、③【保存】をタップします。

ファイルを選択

iPhoneのホーム画面に戻り、【ファイル】を選択します。

写真の表示

「写真」(PDFファイル)が表示されました。

スクリーンショットがPDF化できました。

EvernoteのファイルをPDF化する方法

EvernoteのファイルをPDF化する方法については、以下のとおりです。

Evernoteを購入

EvernoteをiPhoneにインストールしたい方は、App Storeにアクセスしてください。

Evernoteを選択

iPhoneを開き、【Evernote】を選択します。

ToDoを選択

Evernoteが開きました。

ここではノートの「ToDo」を選択します。

ノートを印刷を選択

①【…】、②【ノートを印刷】の順に選択します。

サムネイルをピンチアウトする

「ToDo」のサムネイルを【ピンチアウト(画面を2本指で触れて拡大)】します。

共有を選択

【共有】をタップします。

ファイルを保存

【"ファイル"に保存】を選択します。

このiPhone内を選択

①【ファイルを保存したい場所(例:このiPhone内)】を選択し、②【保存】をタップします。

※この画面から名前(例:Evernote)の変更をしようとすると、自動的にアプリが閉じてしまう現象が起きました。

ファイルを選択

【ファイル】を選択します。

Evernteを選択

Evernote(ToDo)のノートをPDF化したファイルを確認することができました。

写真をPDF化するアプリのご紹介

写真をPDF化したいと思っている方は多いでしょう。

その場合、Apple Booksのアプリを使うなどしてPDF化することが可能です。

写真をPDFに変換できるアプリについて詳しく知りたい方は、以下の記事の「写真をPDFに変換できるアプリについて」セクションをご覧ください。

iPhoneでPDFを作成できない場合

iPhoneでPDFを作成(保存)できなくて困っている方は多いでしょう。

PDFを作成(保存)できない症状は、以下のようなものが挙げられます。

  • PDFがiPhoneに表示されず保存ができない
  • データ容量不足でPDFが保存できない
  • SafariでWebページをPDFで保存できない
  • クリックポストのPDFが保存できない
  • Office LensでPDFの保存ができない

こうした症状が発生した場合、以下の記事の「スマホ(iPhone)での保存ができない場合」セクションをご覧になってトラブルに対処してみましょう。

このページを見ている人におすすめの商品

[PDF スマホ]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top