Office Hack

PDFが保存できない場合の対処方法

  • Release

本記事では、さまざまな場面でPDFが保存できない場合の対処方法についてご紹介しています。

スマホ(iPhone)、Windows 10、Macでよくある現象をそれぞれ場合分けして解説していますので、お困りの際にお役立てください。

PDFファイルが保存できない場合の対処方法

PDFファイルが保存できない場合の対処方法について、各デバイスに分けて解説いたします。

スマホ(iPhone)での保存ができない場合

スマホ(iPhone)での保存ができない場合の対処方法を解説いたします。

PDFが表示されず保存ができない

PDFが表示されず保存ができない場合、iPhoneに機能制限がかかっている可能性があります。

以下の方法で設定を確認し、機能制限の解除をしてください。

pdf-cannot-be-saved 設定

ホーム画面から【設定】アプリを開きます。

pdf-cannot-be-saved スクリーンタイム

①【「スクロールバー」を「下へスクロール」】し、②【スクリーンタイム】を選択します。

※スクリーンタイムが最初からオフになっている場合は、以下の操作は必要ありません。

pdf-cannot-be-saved プライバシー

①【「スクロールバー」を「下へスクロール」】し、②【コンテンツとプライバシーの制限】を選択します。

pdf-cannot-be-saved プライバシー制限解除

「コンテンツとプライバシーの制限」がオンになっていたら、【オフ】にして完了です。

データ容量不足でPDFが保存できない

PDFの保存ができない場合、使用可能なデータ容量が不足している可能性があります。

ストレージの使用状況については、以下の方法で確認することができます。

pdf-cannot-be-saved 設定を開く

ホーム画面から【設定】アプリを開きます。

pdf-cannot-be-saved 一般

①【「スクロールバー」を「下へスクロール」】し、②【一般】を選択します。

pdf-cannot-be-saved ストレージ

【iPhoneストレージ】を選択します。

pdf-cannot-be-saved ストレージ容量

「赤枠内」より、ストレージの使用状況が確認できます。

使用可能なデータ容量が不足している場合は、不要なデータやアプリを削除するなどして対応しましょう。

SafariでWebページをPDFで保存できない

上記「PDFが表示されず保存ができない」、「データ容量不足でPDFが保存できない」セクションの方法を試しても問題が解決しない場合は、以下の項目もお試しください。

  • iOSやSafariを最新バージョンにアップデートする
  • Apple Store以外からダウンロードしたアプリをアンインストールする
  • iPhoneを再起動する
クリックポストのPDFが保存できない

iPhoneでクリックポストのPDFが保存できない場合、以下の対処方法をお試しください。

  • ブラウザをGoogle Chromeなど別のものに変えてみる
  • 印刷画面からPDFの保存をしてみる
Office LensでPDFの保存ができない

Office LensでPDFの保存ができない場合については、以下の記事「保存ができないときには?」セクションをご参照ください。

Windows 10での保存ができない場合

Windows 10でPDFの保存ができない、さまざまな場合の対処方法について解説いたします。

PDFを回転して保存ができない

PDFを回転して保存する場合、無料の「Adobe Acrobat Reader DC」では向きを変更することはできても、保存はできません。

有料のAdobe Acrobat DCか、フリーソフトを使用する必要があります。

今回は、有料のAdobe Acrobat Pro DCを使用した画像の回転・保存方法をご紹介いたします。

Adobe Acrobat Pro DCの基本的な使用方法については、以下の記事をご参照ください。

pdf-cannot-be-saved 回転したいPDFを開く

回転したいPDFファイルをAdobe Acrobat Pro DCで開きます。

pdf-cannot-be-saved ページを整理

右側のメニューから、【ページを整理】を選択します。

pdf-cannot-be-saved 回転するデータの選択

①画面左下の【複数ページ選択を有効にする】にチェックマークを入れ、②【回転したいデータ】をすべて選択します。

③【任意の回転方向の矢印(例:右 90度回転)】を選択します。

pdf-cannot-be-saved 回転完了

向きが変更されました。

画面左上の【ファイルを保存】を選択します。

pdf-cannot-be-saved 回転 保存完了

PDFが回転された状態で保存されました。

PDFを編集後、上書き保存ができない

PDFに書き込みなどの編集を行った後に上書き保存ができない場合、エクスプローラーでプレビューウィンドウを表示している可能性があります。

以下の手順でプレビューウィンドウを非表示にした後、再度PDFファイルの編集と上書き保存をお試しください。

pdf-cannot-be-saved エクスプローラー 表示

エクスプローラーで編集したいPDFが保存されているフォルダーを開きます。

①【表示】タブ、②【プレビュー ウィンドウ】の順に選択します。

pdf-cannot-be-saved エクスプローラー プレビュー非表示

プレビューウィンドウが非表示になりました。

パスワードの解除ができない

PDFを解除するパスワードが分からなくなってしまった場合、安全な方法ではありませんが、Smallpdfなどのフリーソフトを使用して解除する方法があります。

Smallpdfについての詳細は、以下の記事をご参照ください。

Smallpdfではセキュリティの安全性は強調されており、現時点では情報流出などの事故も見受けられませんが、オンライン上にデータをアップロードして使用するソフトのため、今後もトラブルがないとは限りません。

機密情報などを取り扱う場合には、なるべく使用を控えた方がいいでしょう。

また、権限のないPDFのパスワードを解除することは法律に抵触する可能性もありますので、十分にご注意ください。

Smallpdfを使用してのパスワード解除は、Smallpdf「PDF パスワード 解除」より行うことができます。

エラーが表示される

Windows 10のAdobe Acrobat DCでPDFを保存する際、「このファイルは読み取り専用であるか、他のユーザーが開いている可能性があります。文書を別の名前で保存するか、別のフォルダー内に保存してください。」というようなメッセージが表示されて、保存ができない時があります。

そういった場合には、Windows 10の「コントロールされたフォルダーアクセス」設定で、Adobe Acrobat DCのアプリがデバイス上のデータに変更を加えられるよう許可をします。

pdf-cannot-be-saved windows スタート

①デスクトップ画面左下の【スタート】、②【設定】の順に選択します。

pdf-cannot-be-saved windows 更新とセキュリティ

「設定」ダイアログボックスが表示されました。

【更新とセキュリティ】を選択します。

pdf-cannot-be-saved windows ウイルスと脅威の防止

①【Windows セキュリティ】、②【ウイルスと脅威の防止】の順に選択します。

pdf-cannot-be-saved windows 設定の管理

【設定の管理】を選択します。

pdf-cannot-be-saved windows フォルダーアクセスの制御を解除する

【フォルダー アクセスの制御を管理する】を選択します。

pdf-cannot-be-saved windows コントロールされたフォルダーアクセス オン

「コントロールされたフォルダー アクセス」の項目を【オン】にします。

pdf-cannot-be-saved windows 変更の許可

「ユーザー アカウント制御」ダイアログボックスが表示されました。

【はい】ボタンを選択します。

pdf-cannot-be-saved windows コントロールされたフォルダーアクセスを許可する

【アプリをコントロールされたフォルダー アクセスで許可する】を選択します。

pdf-cannot-be-saved windows ユーザーアカウント制御

「ユーザー アカウント制御」ダイアログボックスが表示されました。

【はい】ボタンを選択します。

pdf-cannot-be-saved windows 許可されたアプリを追加する

①【許可されたアプリを追加する】、②【最近ブロックされたアプリ】の順に選択します。

pdf-cannot-be-saved windows 最近ブロックされたアプリ

「最近ブロックされたアプリ」ダイアログボックスが表示されました。

今回ブロックされたアプリはありませんでしたが、リストに「Acrobat.exe」のアプリがあった場合は、名称横の「+」ボタンを押して許可をしてください。

Microsoft 365(Office 365)でPDFの保存ができない

Microsoft 365のWord(ワード)やExcel(エクセル)などでPDFの保存ができない場合、Officeの修復を実行すると問題が解決する場合があります。

Officeの修復方法については、以下の記事をご参照ください。

Mac(マック)での保存ができない場合

MacでPDFの保存がうまくいかない場合、Adobeのプラグインである「AdobePDFViewerNPAPI.plugin」と「AdobePDFViewer.plugin」が阻害している可能性があるようです。

以下の方法で、この2つのプラグインの削除をお試しください。

pdf-cannot-be-saved mac finderを開く

【Finder】を開きます。

pdf-cannot-be-saved mac 検索

①【使用しているコンピュータ名】タブを選択し、②検索ボックスに『AbobePDFViewer』と入力します。

pdf-cannot-be-saved mac プラグインの削除

絞り込まれた検索結果から①【AdobePDFViewerNPAPI.plugin】と【AdobePDFViewer.plugin】を選択します。

②アプリ上で右クリックし、【ゴミ箱に入れる】を選択します。

pdf-cannot-be-saved mac パスワードを使用

「2項目をゴミ箱に入れようとしています。」ダイアログボックスが表示されました。

【パスワードを使用】ボタンを押します。

pdf-cannot-be-saved mac ゴミ箱

①『パスワード』を入力し、②【OK】ボタンを押します。

プラグインの削除が完了しました。

このページを見ている人におすすめの商品

その他PDFに関する情報



よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top