Office Hack

Surface Hub 2Sの価格/機能/使い方などご紹介

  • by kenji
  • Release
  • Update

Microsoft Surfaceシリーズの大画面コラボレーションデバイス、Surface Hub 2Sをご紹介します。大画面を活用した大勢とのリモート会議、そして会議中に画面共有しながらホワイトボードとしてご利用できます。

Surface Hub 2Sでなにができるのか、そして価格や機能/スペック情報/専用アクセサリーまで網羅的に説明しております。

Surface Hub 2Sとは?

2019年5月10日からリセラーを通じて予約が開始された、Microsoft Surfaceシリーズの大画面デバイスの2代目モデルとなります。初代(84インチと55インチのサイズ)からディスプレイサイズが50インチに小さくなりました。

職場におけるチームの共同作業を考えた設計となっており、グループチャットMicrosoft Teamsでの会議やOfficeの画面共有など、複数人で作業そしてコミュニケーションを取る場合にはSurface Hubが最も有効です。

以下はSurface Hub 2Sの公式動画です。

Surface Hub 2Sの紹介

価格と購入方法とレンタルについて

価格

以下は公式サイトのプレスリリースに記載されていた価格となります。認定Surface Hubリセラーによって価格が変化します。

メモリ プロセッサ ストレージ 価格
8GB Intel Core i5 128GB 999,800円
(税抜参考価格)
販売価格は認定Surface Hubリセラーよって決定されます
購入方法

Surface Hubは一般的な家電量販店には置いておらず、認定されたリセラーから購入することができます。価格を確認したい場合は、直接リセラーとコンタクトしてください。

Surface Hub リセラーを検索する

レンタル

リセラーによりますが、中には月額制のレンタルで貸し出しているところもあるようです。1台の価格が高いので、導入を迷われている際はレンタルで実際に使用して決めても良いでしょう。

Surface Hub 2Sの使い方

Surface Hub 2Sの大きいディスプレイを活かせば、働く人同士のコラボレーションも高まります。そんな中、利用方法を3つ取り上げました。

マニュアルを見る

Surface Hub 2Sは他のSurfaceシリーズとは異なりコラボレーションツールとして活躍します。ただ普通のPCとして使用するわけではないので使い方に戸惑うかもしれません。そんなときは公式のマニュアルを確認しましょう。

MicrosoftはSurface Hubについて使い方のドキュメントやマニュアルを用意していますのでご確認ください。

Surface Hubドキュメント

Surface Hubユーザー ガイド
※PDFがダウンロードされます

Teamsを使う

Microsoftは「Microsoft Teams」というグループチャットができるツールを提供しています。Surface Hub 2SはMicrosoft Teamsを自然に使えるよう設計されています。画面共有しながらテレビ会議もできるので遠隔地のメンバーともその場にいるような会議をすることができます。交通費や移動費の削減にもなります。

Officeを使う

Surface Hub 2SはOfficeが標準で搭載しており、Officeとの連携もスムーズです。画面に映したExcel、Word、PowerPointなどの資料にSurface Hub 2ペンで直接手書きのメモをすることができます。またそのまま保存して共有することができるので会議後に資料を配布する手間を省くことができ効率的です。

サイズと重さについて

ここではSurface Hub 2Sの本体サイズやディスプレイの大きさ、重要をご説明します。

本体サイズ ディスプレイ 重量
741mmx1097mmx76mm 50インチPixelSense™
ディスプレイ
28kg

技術仕様/スペックについて

ストレージ 128GB SSD
解像度 3840 x 2560
ディスプレイ PixelSense™ ディスプレイ、縦横比 3:2、10 ビットカラー、15.5 mm ボーダー、アンチグレア、IPS LCD
メモリ 8GB RAM
グラフィックス インテル® UHD グラフィックス 620/td>
プロセッサ クアッドコア第 8 世代インテル® Core™ i5 プロセッサー
外部端子 USB-A
Mini DisplayPort ビデオ出力
RJ45 ギガビット イーサネット
HDMI ビデオ入力
DisplayPort 入力付き USB-C™
USB-C™
ビデオ、オーディオ フルレンジ前方定位 3 ウェイステレオスピーカー
全帯域 8 要素 MEMS マイクロフォンアレイ
Microsoft Surface Hub 2 カメラ、4K, USB-C™ 接続、水平視野角 90 度
ソフトウェア Windows 10
Microsoft Teams for Surface Hub
Skype for Business
Microsoft Whiteboard
Microsoft Office (モバイル)
Microsoft Power BI
ワイヤレス機能 Wi-Fi 5 (IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 互換)
Bluetooth ワイヤレス 4.1 テクノロジー
Miracast ディスプレイ
センサー ドップラーセンサー(動体センサー)
加速度センサー
ジャイロスコープ
外形 ケース: 精密加工のアルミニウムと鉱物複合レジン
色: プラチナ
物理ボタン:電源、ボリューム、ソース(切替)
保証 1 年間のハードウェア限定保証

Surface Hub 2Sの同梱物(パッケージ内容)

  • Surface Hub 2S
  • Surface Hub 2 ペン
  • Surface Hub 2 カメラ
  • 3m の AC 電源ケーブル
  • クイック スタート ガイド

レビュー(評判)

Surface Hub 2Sは2019年5月10日より予約が開始し、9月より出荷を開始しています。Surface Hub 2Sの購入を検討されている方の声を集めてみました。検討する際の参考にしましょう。

【レビュー1】
50インチという大画面でもスタンドがあるので会議室から会議室へ移動させることが可能なのは便利だと思います。バッテリーが100分もつと書いてあったので複数の会議でも使用できるので安心です。ブレストなどをすることが多いので直接大画面に書けるのはうれしいですね。

【レビュー2】
リモートワークを導入しており、遠隔地とやり取りをする際に検討しています。ノートPCなどの小さい画面だとライブ感がないですが、テレビより大きい画面であればより議論もしやすくなるのではないかと思っています。

【レビュー3】
電子ホワイトボードとしての利用だったら他の製品もあるのでどの機能を使うかどうか調査した上で検討しております。価格が100万近いということで稟議を通すためにも大変そうですが、社員のモチベーションが上がってくれれば価値はあるのではないでしょうか?

Surface Hub 2専用のアクセサリー

Surface Hub 2カメラとペンは同梱物に含まれております。

Surface Hub 2カメラ

Surface Hub 2カメラ

リモートで会議を行う際に活躍します。画面が大きいので相手が同じ会議室にいるかのように感じます。広い視野で捉える画質の良い4Kカメラでお楽しみください。

寸法 57.5 mm x 55.3 mm x 42 mm
重量 88.01 g
外部端子 USB-C™ (磁性アタッチメント)
解像度 4K
視野 90° HFOV
イメージング機能 アンチフリッカー
顔ベースの自動露出
1 秒あたり最大 30 フレーム

Surface Hub 2ペン

Surface Hub 2ペン

Surface Hub 2 ペンの感度が高く、インクがペン先から出ているかのように感じます。会議中にホワイトボードのように使えるので、ディスカッションがはかどります。

寸法 151 mm x 16.3 mm x 14.3 mm
重量 41 g
ボタン バレル ボタンとトップ部の消しゴム
グレイ
コネクタの種類 Bluetooth 4.0
互換性 Surface Hub 2S
Surface Book 2
Surface Book
Surface Studio 2
Surface Studio
Surface Laptop
Surface Go
Surface Go with LTE Advanced
Surface Pro 64
Surface Pro (5th Gen)
Surface Pro (5th Gen) with LTE Advanced
Surface Pro 4
Surface Pro 3
Surface 3

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください