Office Hack

Surface Pro Xの価格/機能/人気アクセサリーなどご紹介

  • by yoshihiro
  • Release

Microsoft Surfaceシリーズのタブレットにもノートパソコンにもなる2in1のハイスペックPC、Surface Pro Xをご紹介します。

Microsoft Surface Pro Xでなにができるのか、そして価格や機能/スペック情報、人気のアクセサリーから気になる他の製品との比較まで網羅的に説明しております。

キャンペーン情報

【毎年完売!数量限定の人気商品】キーボード付きSurface Pro 7 特別版発売

10月23日に発売したばかりのSurface Pro 7の本体と純正タイプカバーがついたお得なセットが特別価格で発売しています。この機会に是非ご検討ください!

【期間限定】最新Surface Laptop 3 15%OFFキャンペーン実施中!

大幅値引き

期間限定で大幅値引きを行っております!こちらはMicrosoft Store限定となっておりますのでお気をつけください。

  • Surface Laptop 2 15%OFF
  • Surface Book2 15%OFF
  • Surface Pro 6 タイプカバープレゼント
  • etc...

詳しくは以下のバナーよりご確認ください。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

学割

学生優待プログラム(Microsoft atLife)が行われております。Surfaceシリーズが、最大40,000円のキャッシュバックが受けられます。こちらは正規販売店以外でご購入された場合は対象外となりますのでお気をつけください。

  • Surface Laptop 2 最大40,000円キャッシュバック
  • Surface Book2 最大40,000円キャッシュバック
  • Surface Pro 6 最大30,000円キャッシュバック
  • Surface Go 最大4,000円キャッシュバック

正規店などの詳しい内容はこちら icon

Surface Pro Xとは?

2019年10月2日に発表された、Microsoft Surfaceシリーズの2in1型のハイエンドモデルとなります。米国では2019年11月5日より発売を予定しています(日本の発売日は近日公開となっています)。Surface Proは第7世代まで発表されましたが、今回ナンバリングバージョンとは別に「X」として発表されました。

特徴としては、Surface史上最も薄い7.3㎜であり、高速なLTEを備えています。またエッジトゥエッジ型のスクリーンであり、ベゼルも狭く13インチという画面サイズを実現しています。

以下はSurface Pro Xの公式動画です。

Surface Pro Xを選ぶメリット

なぜSurface Pro Xを選ぶのか、メリットを書きたいと思います。

  • Pro 7より、薄くて軽くなっているので持ち運びが楽
  • Surface Slim Penがキーボードに収まる
  • LTEモデルなのでSIMが挿せて、インターネットがどこでも利用可能
  • サインインは顔認証でOK

Surface Pro Xの紹介

ここではSurface Pro Xの価格やできること、技術仕様などをご説明します。

価格について(米国価格)

以下は公式サイト(米国)の価格となります。メモリの種類やストレージの容量で価格が変化します。
※日本のMicrosoftでは近日公開となっていますので公開次第、日本価格に変更します

下記表の日本価格は米国価格の為替換算です。日本版ではOfficeが付属される可能性があり、価格は上乗せされると予想されます。

メモリ プロセッサ ストレージ 価格
8GB Microsoft SQ1 128GB $999(約106,000円)
8GB Microsoft SQ1 256GB $1,299(約138,000円)
16GB Microsoft SQ1 256GB $1,499(約160,000円)
16GB Microsoft SQ1 512GB $1,799(約192,000円)

Surface Pro Xでできること

Surface Pro XはタブレットでもノートPCでも両用できるので、できることが広がります。そんな中、人気の利用方法を3つ取り上げました。

イラストを描く

キックスタンドを倒せば、まるでキャンバスのようにイラストを描くことができます。Surface ペンやSurface Dialのデバイスがあれば、創作活動はさらに加速します。

ゲームをやる

Surface Pro Xはタブレットモードもあるのでゲームを想定している方も多いでしょう。Surface Pro Xは軽めのゲームはできますが、重い3Dゲームは適していません。3Dゲームを快適に遊びたい場合はゲーミングPCを検討しましょう。

Officeを使う

Surface Pro Xでは、会社や学校でよく使われているWord、Excel、PowerPointなどのOffice製品(Office Home & Business 2019)が標準で付属しています。Surface Pro Xを購入した日から文書の作成ができます。もしOfficeが付いていないと別途購入しなければならないのでお得です。

Surface Pro XはLTEモデル

Surface Pro XはLTEモデルで販売されており、Wi-Fiも併せて利用できます。SIMカードを差し込むことができるので、Wi-Fiネットワークを探さなくても利用できる優れものです。

Windows 10 Pro搭載(法人用)

高度なセキュリティを持つWindows 10 Proが搭載され、よりパワフルになった法人向けSurface Pro Xがあります。別売りとなりますが、Microsoft 365にも対応できます。

購入は、認定されたSurfaceリセラーからできます。

Surfaceリセラー検索はこちら

USBの利用について

Surface Pro Xには新たにUSB-C端子が2つ付きました。無線で接続するタイプも増えてきましたが複数のUSBを接続したいという方は「Surface Dock」がおすすめです。USB3.0ポートが4つ用意されています。この記事の「Surface Pro Xのおすすめアクセサリー」で紹介していますので使ってみてください。

サイズと重さについて

ここではSurface Pro Xの本体サイズやディスプレイの大きさ、重要をご説明します。

本体サイズ ディスプレイ 重量
287 mm x 208 mm x 7.3 mm 13 インチ
PixelSense™ ディスプレイ
774g

技術仕様/スペックについて

ストレージ SSD (取り外し可能なソリッド ステート デバイス)6 のオプション: 128、256、または512GB
ディスプレイ スクリーン: 13 インチ PixelSense™ ディスプレイ
解像度: 2880×1920 (267 PPI)
縦横比: 3:2
タッチ: 10 点マルチタッチ
照度: 450 nits
バッテリー駆動時間 通常のデバイス使用時間は最大 13 時間
メモリ 8GB または 16GB (LPDDR4x) RAM
グラフィックス Microsoft® SQ1™ Adreno™ 685 GPU
プロセッサ Microsoft® SQ1™
外部端子 USB-C™ X 2
Surface Connect ポート x 1
Surface キーボードコネクタポート
1 x nano SIM
Surface Dial のオフ スクリーン操作に対応しています
セキュリティ ファームウェア TPM
Windows Hello 顔認証サインインによるエンタープライズ クラスのセキュリティ
カメラ、ビデオ、オーディオ Windows Hello 顔認証によるサインイン用カメラ (前面)
5.0MP フロント カメラ (1080p フル HD ビデオ)
10.0MP リア オートフォーカス カメラ (1080p HD と 4K ビデオ)
デュアル マイク
Dolby® Audio™ Premium 搭載 2W ステレオ スピーカー
ソフトウェア Windows 10 Home
Office Home & Business 2019
ワイヤレス機能 Wi-Fi 5: 802.11ac 互換
Bluetooth 5.0 ワイヤレス テクノロジ
Qualcomm® Snapdragon™ X24 LTEモデム
nanoSIM および eSIM をサポートする最大ギガビット LTE Advanced Pro。 サポートされる LTE バンド: 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 14, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 30, 38, 39, 40, 41, 46, 66
アシストされた GPS および GLONASS のサポート
キャリアのロック解除
センサー 加速度センサー
ジャイロスコープ
磁力計
光センサー
外形 ケース: カーボン コンポジット ファンレス熱冷却を備えた、特徴的な陽極酸化アルミニウム
色: マットブラック
物理ボタン:音量、電源
保証 1 年間のハードウェア限定保証

Surface Pro Xの同梱物(パッケージ内容)

  • Surface Pro X
  • 電源アダプター
  • クイック スタート ガイド
  • 安全性および保証に関するドキュメント

Surface Pro Xのおすすめアクセサリー

ここではSurface Pro Xのアクセサリーを紹介します。ケースや、キーボードやペンなどのデバイス、プロジェクターにつなぐHDMIのアダプタなど、人気のアクセサリーに絞っております。

純正マウス

Surface Arc Mouse – アイスブルー/ポピーレッド

Surface Arc Mouse

手になじむように設計されており、バッグに簡単に収まるようフラットに伸ばすことができます。Bluetooth経由でワイヤレス接続でお使いください。

Microsoft Storeで価格を見る
icon
Amazon.co.jpで価格を見る
楽天市場で価格を見る
Yahoo!ショッピングで価格を見る

純正Surface Dock

Surface Dock

Surface Dock

接続ポート(HDビデオポートx2、ギガビットEthernetポートx1、USB3.0ポートx4、オーディオ出力x1) が装備されています。

Microsoft Storeで価格を見る
icon
Amazon.co.jpで価格を見る
楽天市場で価格を見る
Yahoo!ショッピングで価格を見る

他の製品との比較

Surface Pro Xの購入を検討されている場合、同じような他の製品も一緒に検討されていると思います。皆さんがSurface Pro Xとよく比較している「Surface Pro(第7世代)」と「iPad Pro」との違いを確認していきましょう。

Surface Pro 7との比較

「Surface Pro X」と「Surface Pro 7」は2019年10月2日に発表されました。「Surface Pro 7」は2019年10月23日から発売が決まっています(Surface Pro Xは日本ではまだ発売日は公開されていません)。2つのデバイスをスペックから比較して確認していきましょう。

Surface Pro X Surface Pro 7
発売日 2019年11月5日(米国)
※日本は近日公開
2019年10月23日
外観 Surface Pro X Surface Pro 7
CPU Microsoft SQ1 第10世代 Intel Core i3 1005G1
第10世代 Intel Core i5 1035G4
第10世代 Intel Core i7 1065G7
メモリ 8GB/16GB 4GB(i3モデル)
8GB(i5モデル)
16GB(i5、i7モデル)
ストレージ(SSD) 128GB/256GB/512GB 128GB/256GB/512GB/1TB
ディスプレイ 13インチ 2880 x 1920 12.3インチ 2736 x 1824
バッテリー 最大13時間の通常デバイス使用 最大10.5時間の通常デバイス使用
LTE LTE Advanced Pro対応 対応モデルなし
OS Windows 10 Home
Office Office Home & Business 2019付属
カラーバリデーション ブラック ブラック/プラチナ
質量 774g 775g (i5 8250Uモデル)
792g (i5 8350U, i7モデル)

大きな違いとしては以下の5点です。

  • CPU:「Surface Pro X」はMicrosoftとQualcommが共同開発したARMベースの「Microsoft SQ1」という新しいSoC(System-on-a-chip:システムの動作に必要な機能のすべてを1つの半導体チップに実装する方式)を搭載しています。1Wあたりの性能はSurface Pro 6の約3倍相当と言われています。
  • メモリ:「Surface Pro 7」にはメモリが4GBのモデルがあります。その分価格も抑えてあり買い安くなっています。
  • ストレージ:「Surface Pro 7」には1TBの容量のモデルが用意されています。「Surface Pro X」は512GBまでです。
  • ディスプレイ:「Surface Pro X」は「Surface Pro 7」と同じぐらいの重さにも関わらず13インチと画面サイズが大きいです。
  • LTE:「Surface Pro 7」はLTEに対応しておらずWifiのみですが、「Surface Pro X」はLTEにも対応しています。

iPad Proとどっちが良い?

「Surface Pro X」と比較されるデバイスとして「12.9インチiPad Pro」があります。

「Surface Pro X」はタブレットとしても利用でき、キーボードのタイプカバーをつければノートPCとしても使用できる2 in 1型のPCです。一方「12.9インチiPad Pro」は基本タブレットでの利用を想定しています。

それぞれに特徴があるので「Surface Pro X」と「12.9インチiPad Pro」でどちらにするか迷われる方も多いと思います。いくつかの視点から両者を比較してみました。

Surface Pro X 12.9インチiPad Pro
発売日 2019年11月5日(米国)
※日本は近日公開
2018年11月7日
外観 Surface Pro X iPad Pro
メーカー Microsoft Apple
タイプ 2 in 1型PC タブレット
CPU Microsoft SQ1 A12X Bionicチップ
メモリ 8GB/16GB 非公開
ストレージ(SSD) 128GB/256GB/512GB 64GB/256GB/512GB/1TB
ディスプレイ 13インチ 2880 x 1920 12.9インチ 2732 x 2048
縦横比 3:2 4:3
バッテリー 最大13時間の通常デバイス使用 最大10時間の動画再生
OS Windows 10 Home iPadOS
Office Office Home & Business 2019付属 別途アプリをダウンロード
カラーバリデーション ブラック シルバー/スペースグレイ
質量 774g 631g(wifiモデル)
633g(Wi-Fi + Cellularモデル)

まずスペックから比較すると上記の表のようになります。同じような製品といっても「Surface Pro X」はPC、「12.9インチiPad Pro」はタブレットなので単純に性能で比較するのは難しいかもしれません。使い方によってどちらにした方がいいか検討してみましょう。

主にイラストや画像編集をしたい場合

イラストや画像編集をしたり、電子書籍の閲覧であれば「12.9インチiPad Pro」の方がおすすめです。本体も「Surface Pro X」より薄く、持ち運びがしやすいです。またイラストを描く際はApple Pencilがあるので作業がはかどります。

文書やプレゼン資料作成をしたい場合

文書作成はタブレットでもできますが、マウスの方が効率がいいため「Surface Pro X」がおすすめです。Windowsなので職場と同様、ExcelやWordといったOfficeアプリケーションを使えるのも利点です。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

Page Top