Office Hack

Windows 10 HomeとWindows 10 Proの違いについて

  • by kenji
  • Release
  • Update

Windows 10 Homeのままでよいか、Windows 10 Proにアップデートすべきか悩む場合はこちらの記事を参考にしてください。

HomeとProの価格や機能、拡張性の違いを分かりやすく説明いたしました。

価格の違い

「Pro」は「Home」に比べて機能が追加されているので1万円ほど価格も高くなっています。

Home Pro
公式価格 ¥19,360(税込) ¥28,380(税込)

Windows 10 Homeをショッピングモールでの購入

Windows 10 Proをショッピングモールでの購入

機能の違い

「Home」と「Pro」では使用できる機能に違いがあります。「Pro」は「Home」に比べてビジネスで使用する機会が多い機能が追加されています。

画像の下に表があります。「○」が使用可能、「-」が使用不可となります。

Microsoft Edge

Microsoft Edge Logo

機能概要 Home Pro
Windows 10に標準搭載されているブラウザ

Microsoft Edgeとは、Windows 10から標準搭載されたInternet Explorerの次の世代のブラウザです。

これまでは独自のレンダリングエンジンであったが、Edge79のバージョンより、Chromeで使用されているオープンソースエンジンのChromiumに移行しており、現在の表示はChromeと同様になります。

Cortana

Cortana Logo

機能概要 Home Pro
デジタルアシスタント

「Hey Siri」「OK Google」と同様の音声認識機能付きのアシスタント機能のことで、Windows 10より搭載されました。「コルタナさん」と話しかけましょう。

Cortanaができる一部のサービスをご紹介します。

  • ファイル、場所、情報を検索する
  • システム内のアプリを開く
  • メールやメッセージを送信する
  • カレンダーを管理し、最新の状態に保つ
  • 時刻、場所、または人に基づいてリマインダーを表示する
  • おしゃべりやゲームをする

Windows Hello

Windows Hello Logo

機能概要 Home Pro
顏認証・指紋認証によるサインイン

Windows 10より搭載された、生体認証機能です。これまでは、サインインする際にパスワードを入力しましたが、Windows Helloで顔や指紋の生体認証でサインインすることができます。

利用できる認証に関しては、お使いのデバイスが対応しているかによります。

Microsoft Store

Windows Store Logo

機能概要 Home Pro
アプリ、ゲーム、映画などを入手できる

過去にWindows Storeという名前のサービスでしたが、2017年から「Microsoft Store」に名称変更となっております。Google PlayやApp StoreのようなアプリストアのMicrosoftバージョンです。

実はWindowsパソコンだけでなく、XboxやHoloLensといったデバイスでも動作します。

Windows 10であれば、左下の検索ボックスに「micro」と打てば、Microsoft Storeがリストアップされるので試してみましょう。

アプリをインストールする

App Install Logo

機能概要 Home Pro
Microsoft Store以外からアプリを入手できる

インストールできるアプリは上記で紹介しました「Microsoft Store」経由だけではありません。

これまでのインターネット上からexeファイルをダウンロードしてインストールする方法は、変わりません。

複数のデスクトップ

Multiple Desktops

機能概要 Home Pro
複数のデスクトップを作成します

Windows 10ではMacOSのように、複数のデスクトップ(仮想デスクトップ)機能が利用できます。操作方法は以下となります。

デスクトップを1つ追加するには、CtrlWindowsDとなります。

デスクトップを切り替えるには、CtrlWindowsとなります。

デスクトップを削除するには、Ctrl+WindowsF4となります。

OneDrive

OneDrive Logo

機能概要 Home Pro
無料のオンラインストレージ

Google DriveやDropboxのようにオンライン(クラウド)上にファイルをアップロードできるストレージサービスです。OneDrive Basicのプランですと、現在5GBが無料で利用できます。

もちろん他のユーザーとのファイル共有機能も利用できます。

OneDriveのプランの詳細はこちらから

BitLocker

BitLocker Logo

機能概要 Home Pro
暗号化とセキュリティ管理

BitLockerとは、Windowsに搭載されているデータ暗号化機能で、Windows Vistaで初めて搭載されました。

ディスク全体を暗号化することにより、他のPCにディスクを接続しても、中身を読むことはできないようになります。

外部に漏洩されたら大きな被害になる機密性の高い情報を扱っている場合は、BitLockerを活用しましょう。

リモートデスクトップ

Remote Desktop Logo

機能概要 Home Pro
家の中や野外でサインインしてPCを使います

Windows 10には、外出先から自宅などのPCをリモートで操作できる「リモートデスクトップ」という機能があります。デフォルトでは有効になっていないので設定する必要があります。

リモートデスクトップを設定できるWindows10は以下のエディションです。

  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Enterprise
  • Windows 10 for Education

Windows 10 Homeではリモートデスクトップを設定することはできません。Windows 10 Homeでリモートデスクトップを利用したい場合は「TeamViewer」などのリモートコントロールソフトを使用します。

Hyper-V

Hyper-V-logo

機能概要 Home Pro
仮想マシンの作成と実行

Hyper-V(ハイパーブイ)は、Windows 10上に仮想マシンを作成することができる機能です。1台のコンピューターで複数のOSのテストを行うことができます。

Windows 10 Proのみ使用することができます。標準ではHyper-Vは無効になっていますので有効にする必要があります。

Azure Active Directoryに参加する

Azure Active Directory Logo

機能概要 Home Pro
クラウドを介して学校、会社のネットワークに接続します

Azure Active Directory(Azure AD)とは、クラウドベースでWindows 10、Office 365などさまざまなサービスにシングルサインオンでログインできるディレクトリサービスです。

Windows 10 ProのみAzure Active Directoryに参加することができます。

ドメインに参加する

Join the Domain Logo

機能概要 Home Pro
会社のネットワークに接続します

企業は複数のWindowsパソコンを管理するためにActive Directory(アクティブディレクトリ)というWindows Serverに搭載されてい認証機能を使用することがあります。Active Directoryを使用することで下記のようなメリットがあります。

  • すべてのパソコンに設定を一括で適用できる
  • どのパソコンでも自分のユーザー名、パスワードでログインできる
  • パソコンの情報を一元管理できる
  • ユーザーによってアクセス制限をかける

ドメインとは、このActive Directoryで認証が行われ、アクセスできる範囲のことを言います。

Windows 10 Proのみドメインに参加することができます。

拡張性の違い

「Home」と「Pro」では最大メモリ数に違いが出てきます。ただ一般的に使用するのであれば8GBで問題ありません。

Home Pro
ビット数 32bit / 64bit 32bit / 64bit
最大CPUソケット数 1 2
最大メモリ(64bit) 128GB 2TB
最大メモリ(32bit) 4GB 4GB

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

Page Top