Office Hack

Windows 10のスクリーンセーバーの設定方法

  • Release
  • Update

本記事では、Windows 10のスクリーンセーバーの設定方法について解説しています。

スクリーンセーバーを使用することで、一時的にPCから離れるときにプライバシーを保護できます。コマンドを使用した設定方法についてもご紹介しています。

Windows 10のスクリーンセーバーの設定方法

ここでは、Windows 10のスクリーンセーバーの設定方法について解説します。

作業時間:10分

  1. 個人用設定からスクリーンセーバーの設定

    Windows 10のスクリーンセーバーの設定方法

    Windows 10を開きます。①【「デスクトップ画面」上で「右クリック」】し、②【個人用設定】を選択します。

  2. ロック画面

    スクリーンセーバー、ロック画面

    「設定」ダイアログボックスが表示されます。①【ロック画面】を選択し、②【「スライドバー」を「下へスクロール」】し、③【スクリーンセーバー設定】を押します。

  3. スクリーンセーバーの選択

    スクリーンセーバーの設定ダイアログボックス

    「スクリーンセーバーの設定」ダイアログボックスが表示されます。①【↓】を押し、②【スクリーンセーバーの種類(例:3Dテキスト)】を選択します。

  4. スクリーンセーバーの適用

    スクリーンセーバーの適用

    ①「選択したスクリーンセーバー(例:3Dテキスト)」が選択されていることを確認し、②【「スピンボタン」で「スクリーンセーバーの待ち時間」】を変更します。③【適用】ボタン、④【OK】ボタンを押します。

  5. スクリーンセーバーの起動確認

    スクリーンセーバーの起動確認

    パソコンを操作せずに指定した待ち時間を経過すると、スクリーンセーバーが起動します。スクリーンセーバーの設定が完了しました。

スクリーンセーバーをコマンドで設定

ここでは、スクリーンセーバーをコマンドで設定する方法について解説します。

有効化

コマンドでスクリーンセーバーを有効

Windows 10を開きます。

①『「検索ボックス」へ「cmd」』と入力し、②【コマンドプロンプト】を選択します。

スクリーンセーバー有効化のコマンド入力

「コマンドプロンプト」が起動します。

【「コマンドプロンプト」へ「以下のコード」】を貼り付けます。


@echo off
reg add "HKEY_CURRENT_USERControl PanelDesktop" /v "ScreenSaveActive" /t REG_SZ /d "1" /f
reg add "HKEY_CURRENT_USERControl PanelDesktop" /v "SCRNSAVE.EXE" /t REG_SZ /d "C:Windowssystem32scrnsave.scr" /f
reg add "HKEY_CURRENT_USERControl PanelDesktop" /v "ScreenSaveTimeOut" /t REG_SZ /d "600" /f
pause

コマンドプロンプトでスクリーンセーバーを有効にする設定が完了しました。パソコンを再起動するとスクリーンセーバー待機時間の設定が反映されます。

ここで入力したコードのスクリーンセーバーの種類は「ブランク(scrnsave.scr)」で、スクリーンセーバー待機時間は「600秒(d "600"」です。

変更する場合は「スクリーンセーバー種類の変更」、「スクリーンセーバー待機時間の変更」セクションをご覧ください。

無効化

コマンドでスクリーンセーバーを無効

Windows 10を開きます。

①『「検索ボックス」へ「cmd」』と入力し、②【コマンドプロンプト】を選択します。

スクリーンセーバー無効化のコマンド入力

「コマンドプロンプト」が起動します。

【「コマンドプロンプト」へ「以下のコード」】を貼り付けます。


@echo off
reg delete "HKEY_CURRENT_USERControl PanelDesktop" /v "ScreenSaveActive" /f
reg delete "HKEY_CURRENT_USERControl PanelDesktop" /v "SCRNSAVE.EXE" /f
reg delete "HKEY_CURRENT_USERControl PanelDesktop" /v "ScreenSaveTimeOut" /f
pause

コマンドプロンプトでスクリーンセーバーを無効にする設定が完了しました。

スクリーンセーバー種類の変更

スクリーンセーバー、コマンドによる種類の変更

表示するスクリーンセーバーの種類を変更する場合は、「赤枠部分(例:C:Windowssystem32scrnsave.scr)」のコードを以下の表を参考に変更してください。

種類 コード/ファイル名
3Dテキスト C:Windows¥System32¥ssText3d.scr
バブル C:Windows¥System32¥Bubbles.scr
ブランク C:Windows¥System32¥scrnsave.scr
ラインアート C:Windows¥System32¥Mystify.scr
リボン C:Windows¥System32¥Ribbons.scr
写真 C:Windows¥System32¥PhotoScreensaver.scr

スクリーンセーバー待機時間の変更

コマンドプロンプト、スクリーンセーバー待機時間の変更

スクリーンセーバーの待機時間を変更する場合は「赤枠内(例:600)」の値を変更してください。値の単位は秒です。

ANAのスクリーンセーバーを設定

ここでは、ANAのスクリーンセーバーを設定する方法について解説します。

ANAスクリーンセーバー、ダウンロードページ

ダウンロードページを開きます。

今回は「ANA Online Reservation」のスクリーンセーバーをインストールします。【ダウンロード】を押します。

ダウンロード保存先を開く

①【矢印】を押し、②【フォルダを開く】を選択します。

ANAスクリーンセーバーを展開

「保存先」のフォルダが開きます。①【「ana_onlinereservation_screensaver」ファイル名上で「右クリック」】し、②【すべて展開】を選択します。

圧縮(ZIP形式)フォルダーの展開

「圧縮(ZIP形式)フォルダーの展開」ダイアログボックスが表示されます。

【展開】ボタンを押します。

ana_onlinereservation_screensaverフォルダの展開

「ana_onlinereservation_screensaver」展開フォルダが開きます。

【ana_onlinereservation_screensaver】フォルダをダブルクリックします。

ANA Online Reservation ScreensaverInstを起動

【ANA Online Reservation ScreensaverInst】アプリケーションをダブルクリックします。

ユーザーアカウント制御ダイアログボックス

「ユーザーアカウント制御」ダイアログボックスが表示されます。【はい】ボタンを押します。

ANA Online Reservationスクリーンセーバー

「ANA Online Reservationスクリーンセーバー」ダイアログボックスが表示されます。

【次へ】ボタンを押します。

インストールオプション

【インストール】ボタンを押します。

ANA Online Reservationスクリーンセーバー、インストール完了

【完了】ボタンを押します。

ANA Online Reservationスクリーンセーバーの起動確認

「スクリーンセーバーの設定」ダイアログボックスが表示されます。

①「Ana online reservation screensaver」が選択されていること確認します。②【「スピンボタン」で「スクリーンセーバーの待ち時間」】を変更します。③【適用】ボタン、④【OK】ボタンを押します。

Ana online reserbation screensaverの設定完了

パソコンを操作せずに指定した待ち時間を経過すると、スクリーンセーバーが起動します。スクリーンセーバーの設定が完了しました。

スクリーンセーバーが設定できない

スクリーンセーバーが設定できない場合は、以下をご確認ください。

  • 待機時間の設定を確認する
  • スクリーンセーバーを変更する
  • 周辺機器を取り外す
  • システムの復元を行う
  • 初期化を行う

このページを見ている人におすすめの商品

その他スクリーンセーバーについての情報

スクリーンセーバーに関する各種設定方法や情報について紹介しています。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top