Office Hack

Windows 10のスクリーンセーバーについての情報

  • Release
  • Update

本記事では、Windows 10のスクリーンセーバーについての情報をご紹介します。

スクリーンセーバーの設定方法、ショートカットからの起動方法、無料のスクリーンセーバーの追加方法についても説明します。スクリーンセーバーを使用すると、セキュリティを強化し、プライバシーを保護できます。

スクリーンセーバーの設定方法

スクリーンセーバーの設定方法については以下の記事をご参照ください。

一時的にPCを離れるときにスクリーンセーバーを使用して、プライバシーを保護できます。コマンドによる設定方法も紹介しています。

スクリーンセーバーを無効・解除

ここでは、スクリーンセーバーを無効・解除の設定方法について解説します。

スクリーンセーバーを無効・解除

Windows 10を起動します。①【「デスクトップ」上で「右クリック」】し、②【個人用設定】を選択します。

スクリーンセーバーを無効・解除、ロック画面

「設定」ダイアログボックスが表示されます。

①【ロック画面】を選択し、②【「スクロールバー」を「下へスクロール」】し、③【スクリーンセーバー設定】を選択します。

スクリーンセーバーを無効・解除、スクリーンセーバーの設定

「スクリーンセーバーの設定」ダイアログボックスが表示されます。

①【矢印】ボタンを押し、②【(なし)】を選択します。

スクリーンセーバーを無効・解除、設定の完了

①【適用】ボタン、②【OK】ボタンの順に押します。

スクリーンセーバーを無効・解除の設定が完了しました。

スクリーンセーバーの待機時間を変更する

ここでは、スクリーンセーバーの待機時間を変更する方法について解説します。

スクリーンセーバーの待機時間を変更する

Windows 10を開きます。①【「デスクトップ」上で「右クリック」】し、②【個人用設定】を選択します。

スクリーンセーバーの待機時間を変更する、ロック画面

「設定」ダイアログボックスが表示されます。

①【ロック画面】を選択し、②【「スクロールバー」を「下へスクロール」】し、③【スクリーンセーバー設定】を選択します。

スクリーンセーバーの待機時間を変更する、待ち時間の変更設定

「スクリーンセーバーの設定」ダイアログボックスが表示されます。

①【「スピンボタン」を押し「待ち時間」】を選択します。②【適用】ボタン、③【OK】ボタンの順に押します。スクリーンセーバーの待機時間の変更が完了しました。

スクリーンセーバー復帰時にロック画面の表示

ここでは、スクリーンセーバー復帰時にロック画面を表示する方法について解説します。

スクリーンセーバー復帰時にロック画面の表示

Windows 10を起動します。①【「デスクトップ」上で「右クリック」】し、②【個人用設定】を選択します。

スクリーンセーバー復帰時にロック画面の表示、ロック画面

「設定」ダイアログボックスが表示されます。

①【ロック画面】を選択し、②【「スクロールバー」を「下へスクロール」】し、③【スクリーンセーバー設定】を選択します。

スクリーンセーバー復帰時にロック画面の表示、再開時にログオン画面に戻る

「スクリーンセーバーの設定」ダイアログボックスが表示されます。

①【「再開時にログオン画面に戻る」を「有効」】にし、②【適用】ボタン、③【OK】ボタンの順に押します。

スクリーンセーバーをレジストリで設定する

ここでは、スクリーンセーバーをレジストリで設定する方法について解説します。

有効・無効の設定
スクリーンセーバーをレジストリで設定する、有効・無効の設定

Windows 10を開きます。①『「検索ボックス」へ「regedit」』と入力し、②【レジストリエディター】を選択します。

スクリーンセーバーをレジストリで設定する、有効・無効の設定、ユーザーアカウント制御

「ユーザーアカウント制御」ダイアログボックスが表示されます。

【はい】ボタンを押します。

スクリーンセーバーをレジストリで設定する、有効・無効の設定、ScreenSaveActive

「レジストリエディター」が起動します。

①【HKEY_CURRENT_USER】、②【Control Panel】、③【Desktop】の順に選択します。④【ScreenSaveActive】をダブルクリックします。

スクリーンセーバーをレジストリで設定する、有効・無効の設定、ScreenSaveActive値の入力

「文字列の編集」ダイアログボックスが表示されます。

スクリーンセーバーを有効にする場合は、①『「値のデータ」に「1」』を入力します。②【OK】ボタンを押します。設定を反映させるため、パソコンを再起動します。

スクリーンセーバーを無効にする場合は『「値のデータ」に「0」』を入力します。

スクリーンセーバーの有効・無効の設定が完了しました。

待ち時間の設定
スクリーンセーバーをレジストリで設定する、待ち時間の設定

Windows 10を開きます。①『「検索ボックス」へ「regedit」』と入力し、②【レジストリエディター】を選択します。

スクリーンセーバーをレジストリで設定する、待ち時間の設定、ユーザーアカウント制御

「ユーザーアカウント制御」ダイアログボックスが表示されます。

【はい】ボタンを押します。

スクリーンセーバーをレジストリで設定する、待ち時間の設定

「レジストリエディター」が起動します。

①【HKEY_CURRENT_USER】、②【Control Panel】、③【Desktop】の順に選択します。④【ScreenSaveTimeOut】をダブルクリックします。

スクリーンセーバーをレジストリで設定する、待ち時間の設定、ScreenSaveTimeOut値の入力

「文字列の編集」ダイアログボックスが表示されます。

①『「値のデータ」へ「スクリーンセーバーの待ち時間の秒数(例:60)」』を入力し、②【OK】ボタンを押します。設定を反映させるため、パソコンを再起動します。スクリーンセーバーの待ち時間の設定が完了しました。

種類の設定
スクリーンセーバーをレジストリで設定する、種類の設定

Windows 10を開きます。①『「検索ボックス」へ「regedit」』と入力し、②【レジストリエディター】を選択します。

スクリーンセーバーをレジストリで設定する、種類の設定、ユーザーアカウント制御

「ユーザーアカウント制御」ダイアログボックスが表示されます。

【はい】ボタンを押します。

スクリーンセーバーをレジストリで設定する、種類の設定、SCRNSAVE.EXE

「レジストリエディター」が起動します。

①【HKEY_CURRENT_USER】、②【Control Panel】、③【Desktop】の順に選択します。④【SCRNSAVE.EXE】をダブルクリックします。

スクリーンセーバーをレジストリで設定する、種類の設定、SCRNSAVE.EXE、パスの指定

「文字列の編集」ダイアログボックスが表示されます。

①『「値のデータ」へ「スクリーンセーバーのファイルのフルパス(例:C:WINDOWSsystem32ssText3d.scr)」』を入力します。②【OK】ボタンを押します。設定を反映させるため、パソコンを再起動します。スクリーンセーバーの種類の設定が完了しました。

スクリーンセーバーの種類とフルパスについては下記の表をご参考ください。

種類パス/ファイル名
3DテキストC:\WINDOWS¥System32¥ssText3d.scr
バブルC:\WINDOWS¥System32¥Bubbles.scr
ブランクC:\WINDOWS¥System32¥scrnsave.scr
ラインアートC:\WINDOWS¥System32¥Mystify.scr
リボンC:\WINDOWS¥System32¥Ribbons.scr
写真C:\WINDOWS¥System32¥PhotoScreensaver.scr

スクリーンセーバーで画像や写真を表示する

ここでは、スクリーンセーバーで画像や写真を表示する方法について解説します。

スクリーンセーバーで画像や写真を表示する

Windows 10を起動します。①【「デスクトップ」上で「右クリック」】し、②【個人用設定】を選択します。

スクリーンセーバーで画像や写真を表示する、ロック画面

「設定」ダイアログボックスが表示されます。

①【ロック画面】を選択し、②【「スクロールバー」を「下へスクロール」】し、③【スクリーンセーバー設定】を選択します。

スクリーンセーバーで画像や写真を表示する

「スクリーンセーバーの設定」ダイアログボックスが表示されます。

①【矢印】ボタンを押し、②【写真】を選択します。

スクリーンセーバーで画像や写真を表示する、フォルダの指定

「フォトスクリーンセーバーの設定」ダイアログボックスが表示されます。

【参照】ボタンを押します。

スクリーンセーバーで画像や写真を表示する、フォルダの指定

「フォルダーの参照」ダイアログボックスが表示されます。今回は、ピクチャフォルダ内に作成したスクリーンセーバー用写真フォルダを指定します。

①【「スクロールバー」を「下へスクロール」】し、②【「ピクチャ」フォルダの「矢印」】を押し、③【「ピクチャ」フォルダの「矢印」】を押し、④【スクリーンセーバー用写真】を選択します。⑤【OK】ボタンを押します。

スクリーンセーバーで画像や写真を表示する、フォルダの指定先の保存

「フォトスクリーンセーバーの設定」ダイアログボックスが表示されます。

【保存】ボタンを押します。

スクリーンセーバーで画像や写真を表示する設定の完了

①【適用】ボタン、②【OK】ボタンの順に押します。

スクリーンセーバーで画像や写真を表示する設定が完了しました。

スクリーンセーバーの保存場所は?

ここでは、スクリーンセーバーの保存場所について解説します。

スクリーンセーバーの保存場所は

Windows 10を開きます。①【エクスプローラー】を起動し、②【PC】を押します。③【Windows(C:)】をダブルクリックします。

スクリーンセーバーの保存場所は、Windowsフォルダの選択

【Windows】フォルダをダブルクリックします。

スクリーンセーバーの保存場所は、Windowsフォルダの選択、System32フォルダの選択

「Windows」フォルダが開きます。

①【「スクロールバー」を「下へスクロール」】し、②【System32】フォルダをダブルクリックします。

スクリーンセーバーの保存場所は、System32フォルダの選択、スクリーンセーバーファイルの保存場所確認

「System32」フォルダが開きます。

①【種類】を選択し、②【「スクロールバー」を「下へスクロール」】します。③スクリーンセーバーに関するファイルが確認できます。

スクリーンセーバーの保存場所の確認が完了しました。

スクリーンセーバーをショートカットで起動方法

ここでは、スクリーンセーバーをショートカットで起動する方法について解説します。

「スクリーンセーバーの保存場所は?」セクションを参考にスクリーンセーバーの保存場所を開きます。スクリーンセーバーの種類とファイル名に関しては、「種類の設定」セクションをご参考ください。

スクリーンセーバーをショートカットで起動する方法

①【「スクリーンセーバーのファイル(例:Bubbles)」を「右クリック」】し、②【送る】を選択し、③【デスクトップ(ショートカットを作成)】を選択します。

スクリーンセーバーのショートカットの起動

デスクトップにスクリーンセーバーのショートカットが作成されました。

【赤枠(例:Bubbles – ショートカット)】をダブルクリックするとスクリーンセーバーが起動します。スクリーンセーバーをショートカットで起動する方法が完了しました。

無料のスクリーンセーバーを追加する方法

ここでは、無料のスクリーンセーバーをダウンロードして追加する方法について解説します。

Aerialのスクリーンセーバーの設定

ここでは、無料で追加できるAerialのスクリーンセーバーをご紹介いたします。

Aerialスクリーンセーバー

Aerialスクリーンセーバーの保存

ダウンロードページを開きます。

①【Aerial.zip】を左クリックします。②【矢印】ボタンを押します。

Aerial保存フォルダを開く

【フォルダを開く】を選択します。

Aerial圧縮ファイルの展開

「ダウンロード」フォルダが開きます。

①【「Aerial」ファイル上で【右クリック」】し、②【すべて展開】を選択します。

Aerial圧縮ファイルの展開先の指定

「圧縮(ZIP形式)フォルダーの展開」ダイアログボックスが表示されます。

【展開】ボタンを押します。

Aerialスクリーンセーバーファイルのコピー

「Aerial」フォルダが開きます。

①【「Aerial」ファイル上で「右クリック」】し、②【コピー】を選択します。

スクリーンセーバー保存フォルダを開く

「スクリーンセーバーの保存場所は?」セクションを参考にスクリーンセーバーの保存場所を開きます。

「System32」フォルダを開き、CtrlVを押します。

対象のフォルダーへのアクセスは拒否されました

「対象のフォルダーへのアクセスは拒否されました」ダイアログボックスが表示されます。

【続行】ボタンを押します。

Aerialファイルのコピー完了

「Aerial」ファイルがコピーされました。

Aerialスクリーンセーバーの設定

①【「デスクトップ」上で「右クリック」】し、②【個人用設定】を選択します。

Aerialスクリーンセーバーの設定、ロック画面

「設定」ダイアログボックスが表示されます。

①【ロック画面】を選択し、②【「スクロールバー」を「下へスクロール」】し、③【スクリーンセーバー設定】を選択します。

Aerialスクリーンセーバーの設定

「スクリーンセーバーの設定」ダイアログボックスが表示されます。

①【矢印】ボタンを押し②【Aerial】を選択します。

Aerialスクリーンセーバーの設定完了

①【適用】ボタン、②【OK】ボタンを押します。

Aerialのスクリーンセーバーの追加が完了しました。

ANAのスクリーンセーバーを設定

ANAのスクリーンセーバーを設定する場合は、下記の記事をご参照ください。

スクリーンセーバーのトラブルシューティング

設定できない、起動しない等についてはさまざまな原因がありますが、下記記事「スクリーンセーバーが設定できない」のセクションをご覧ください。

起動しない

スクリーンセーバーが起動しない場合は、「スクリーンセーバーをレジストリで設定する」のセクションの方法をお試しください。

起動を防止

スクリーンセーバーの起動を防止する場合は以下のソフトをお試しください。

マウスふるふる

マウスふるふる

マウスを動かしている状態にすることで、モニターオフやスリープなどを防止します。

スクリーンセーバーをなしにできない、待ち時間を変更できない、解除できない場合

スクリーンセーバーの設定がグレーアウトされており、待ち時間を変更できない、解除できない等の設定変更ができない場合は、管理者権限により変更が禁止されている可能性があります。

このページを見ている人におすすめの商品

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top