Office Hack

Windows 10でZIPファイルを解凍する方法

  • Release
  • Update

本記事では、Windows 10でZIPファイルを解凍する方法をご紹介します。

Windows 10の標準機能を使用した解凍方法やおすすめのフリーソフト、解凍に関するトラブルシューティングをご紹介しています。

Windows 10でZIPファイルを解凍する方法

ここでは、Windows 10でZIPファイルを解凍する方法をご紹介します。

標準機能で解凍する

Windows 10の標準機能でZIPファイルを解凍する方法をご紹介します。

作業時間:5分

  1. 圧縮ファイルを選択する
    標準機能で解凍する

    Windows 10を開きます。①【「圧縮ファイル(例:いちご)」上で「右クリック」】し、②【すべて展開】を選択します。

  2. 圧縮ファイルの展開
    展開ボタンを押す

    「圧縮(ZIP形式)フォルダーの展開」ダイアログボックスが表示されます。①「展開先」を確認し、②【展開】ボタンを押します。

  3. 展開の完了
    圧縮ファイルの展開の完了

    「解凍後のフォルダ(例:いちご)」が開きます。圧縮ファイルの展開が完了しました。

おすすめのフリーソフト

ここでは、無料で利用できる圧縮・解凍ソフトをご紹介します。

7-Zip

7-ZipはZIP形式などの圧縮/解凍に対応したファイルアーカイバです。

インストール後、ファイルを右クリックした際に表示されるコンテキストメニューから圧縮/解凍が行えます。

TC4Shell

TC4ShellはZIP、RAR、ISOなどのファイル形式に対応したファイルアーカイバです。

インストール後、圧縮/解凍やエクスプローラーからアーカイブ形式のファイルを直接開くことでができます。

PeaZip

PeaZip(ピージップ)は、180を超えるファイル形式をサポートするオープンソースの圧縮/解凍ソフトウェアです。

インターフェースの日本語化にも対応します。

PeaZipがコンテキストメニューに追加され、ファイルまたはフォルダを右クリックすると圧縮/解凍が行えます。

PowerShellで解凍する

Windows 10の標準ではコマンドプロンプトでの解凍ができないため、ここではPowerShellで解凍する方法をご紹介します。

PowerShellで解凍する

ここでは、Cドライブ直下のファイル(例:test.zip)をPowerShellで解凍します。

Windows PowerShell(管理者)を起動する

Windows 10を開きます。

①【「スタート」ボタン上で「右クリック」】し、②【Windows PowerShell(管理者)】を選択します。

ユーザーアカウント制御ダイアログボックス

「ユーザーアカウント制御」ダイアログボックスが表示されます。

【はい】ボタンを押します。

管理者:Windows PowerShellの起動

「管理者:Windows PowerShell」が起動します。

下記のコマンドを参考に入力します。「Path」以下に圧縮ファイルの場所と解凍場所を指定します。

「Expand-Archive -Path C:\Users\… -DestinationPath C:\Users…」

『コマンド(例:Expand-Archive -Path C:\test.zip -DestinationPath C:\)』と入力し、Enterを押します。

解凍の完了

【閉じる】ボタンを押します。

解凍ファイルの確認

ファイルが解凍(例:test)されたことを確認します。

解凍に関するトラブルシューティング

ここでは、解凍に関するトラブルシューティングをご紹介します。

遅い

解凍が遅い場合は以下をご確認ください。

  • HDDやSSDの空き容量が十分にあるか確認する
  • CrystalDiskInfoなどでHDDやSSDに異常がないか確認する
  • 解凍先を物理的に異なる別のドライブにする
  • SSDドライブで解凍する

できない

Windows 10の標準機能で解凍できない場合は、本記事の「フリーソフトで解凍する」セクションでご紹介しているソフトをお試しください。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top