Office Hack

Windows 10の更新プログラムが終わらない時の強制終了

  • Release

更新プログラムには、コンピューターのセキュリティを最新バージョンに強化し、バグを修正するプログラムが含まれているため、常に最新バージョンを維持することをお勧めしますが、その際、時間がかかる、パソコンが止まってしまうなどのトラブルが起こることがあります。

本記事では、更新プログラムが終わらない時の強制終了に関する情報についてご紹介します。

更新プログラムが終わらない時の強制終了について

Windows 10の更新(アップデート)が終わらない状況

更新プログラムが終わらない

更新プログラムを実行中に、画面が「更新プログラムを構成しています〇〇%完了電源を切らないでください」の状態で更新中に停止したり、更新が終わらないことがあります。

このような状況になると、仕事で使うパソコンでは業務に支障が出るので、更新(アップデート)は仕事終わりや休みの前の日などパソコンを使わない時間に行います。

更新プログラムが終わらないので強制終了する方法

電源ボタン

強制終了する方法は、電源ボタン(電源スイッチ)の長押しです。強制終了は自己責任で行ってください。

ハードディスクは、アクセスランプが点灯・点滅しているとき、ハードディスクの動作音がしているときに動作しています。この時コンピュータの電源を切ると、ファイルが失われたり、ハードディスクが破損したりすることがあるのでご注意ください。

シャットダウンした後、数秒を空け、再度電源を入れます。

再度、更新プログラムの構成が始まり、更新が完了まで進むことがあります。

うまくいかない場合は、「セーフモード」での起動もお試しください。セーフモードについては以下の記事をご覧ください。

異常を想定して更新プログラムを実行する

更新プログラム(アップデート)をインストールする際は、復元ポイントの作成やデータのバックアップを行うなど異常を想定したうえで実行しましょう。

復元ポイントの作成については以下の記事をご覧ください。

このページを見ている人におすすめの商品

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top