Office Hack

エクセルで作った無料の住所録テンプレート

  • Release

年賀状などのハガキや封筒は、送る相手が多ければ多いほど作成に時間がかかりますよね。

本記事では、年賀状などに使える住所録のテンプレートを配布しています。

また、住所録の作成方法や連名にする方法もご説明していますので、本記事を参考にしてはがき等の作成時間を短縮させましょう。

年賀状の住所録の作り方

年賀状の住所録の作り方についてご説明します。

作業時間:7分

必要な項目を入力する

必要な項目を入力する

【セル(例:A1~G1)】に必要な項目を入力します。

セルを選択する

セルを選択する

【文字を入力したセル】を選択します。

セルの色を変更する

セルに色を付ける

項目が分かりやすくなるように、色を付けましょう。①【ホーム】タブ、②「塗りつぶしの色」横の【プルダウンメニュー】、③【任意の色(例:灰色)】の順に選択します。

文字を中央揃えにする

中央揃えにする

セルの色が変更されました。セルを選択した状態のまま、【中央揃え】を選択します。

Noに数字を入力する

数字を入力する

「No下のセル(例:A2)」に『任意の数字(例:1)』を入力します。Noは入力した住所等を管理しやすくするための数字ですので、任意の数字で構いません。

氏名を入力する

名前を入力する

「氏名下のセル(例:B2)」に『氏名(例:鈴木 太郎)』を入力します。なお、列ボタンの境目を2回クリックするとセル幅の自動調整を行えます。

フリガナを関数で表示させる

fxを選択する

フリガナを関数で自動表示させてみましょう。①【フリガナ下のセル(例:C2)】、②【fx】の順に選択します。

関数を検索する

関数を検索する

「関数の挿入」ダイアログボックスが表示されます。①「関数の検索」に『PHONETIC』と入力し、②【検索開始】ボタンを押します。③検索結果に表示された関数名が「PHONETIC」であることを確認し、【OK】ボタンを押します。

氏名を入力したセルを選択する

フリガナを表示させる

「関数の引数」ダイアログボックスが表示されました。①「参照」に『氏名を入力したセル(例:B2)』を入力し、②【OK】ボタンを押します。

オートフィルで関数を適用させる一例

フリガナ関数の一例

これでフリガナが表示されるようになりました。①例えば、「氏名下のセル(例:B3)」に『氏名(例:佐藤 花子)』と入力し、②「フリガナ下のセル」の【フィルハンドル】を下方向へドラッグすると、氏名のフリガナが自動で表示されるようになります。

データの入力規則を選択する

郵便番号の設定

郵便番号を入力する前に、あらかじめ半角英数字で入力できるよう書式を設定しておきましょう。①【郵便番号下のセル(例:D2)】、②【データ】タブ、③【データの入力規則】の順に選択します。

日本語入力の設定を変更する

日本語入力の設定を変更する

「データの入力規制」ダイアログボックスが表示されます。①【日本語入力】タブ、②「日本語入力」横の【プルダウンメニュー】、③【オフ(英語モード)】の順に選択します。

OKボタンを押す

OKボタンを押す

【OK】ボタンを押します。

郵便番号を入力する

郵便番号を入力する

これで郵便番号を入力すると自動的に半角英数字に切り替わるようになりましたので、「郵便番号下のセル」に『郵便番号(例:111-1111)』を入力します。

住所を入力する

住所を入力する

「住所下のセル」に『住所(例:〇〇県〇〇市〇〇)』を入力します。

セルの書式設定を変更する

書式設定を変更する

住所2には番地を入力します。その際、数字(例:1-11)だけを入力すると自動的に日付(例:1月11日)に変換されてしまうため、設定を行いましょう。①【住所2下のセル(例:F2)】を右クリックし、②【セルの書式設定】を選択します。

書式を文字列に変更する

文字列に変更する

「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されます。①【表示形式】タブ、②【文字列】の順に選択し、③【OK】ボタンを押します。

番地等を入力する

住所2を入力する

これで書式設定が変更されたため、「住所2下のセル(例:F2)」に『番地等(例:1-11)』を入力します。

敬称を入力する

敬称を入力する

「敬称下のセル(例:G2)」に『任意の敬称(例:様)』を入力します。

住所録のテンプレートを作成することができた

住所録のテンプレートを作成できた

これで住所録のテンプレートを作成することができました。

連名にするには?

宛名を連名にする方法についてご説明します。

例えば、家族や夫婦に年賀状を送る場合、連名に相手の名前を入れておくとはがきの作成がしやすくなります。

住所録に連名を追加/連名を反映させる方法は、以下のとおりです。

連名を作成する

作成した住所録に、①【連名】の項目を作成し、②「連名下のセル(例:D2)」に『連名(例:花子)』を入力します。

ファイルを選ぶ

【ファイル】タブを選択します。

保存する

①【名前を付けて保存】、②【このPC】の順に選択します。

③「ファイル名」に『任意のファイル名(例:book1)』を入力し、④【保存】ボタンを押します。

改行する

ワードを開き、はがきの宛名面作成を行います。今回は宛名面の作成を行った前提でご説明します。

宛名面の作成方法については、本記事の「はがき印刷」セクションをご覧ください。

「氏名」の下に【カーソル】を置き、Enterを押します。

この時、カーソルが点滅していない場合でも、Enterを押すことで改行することができます。

連名を挿入する

①【差し込み文書】タブ、②「差し込みフィールドの挿入」の【プルダウンメニュー】、③【連名】の順に選択します。

位置の調整を行う

連名が挿入されました。

連名の上に【カーソル】を置き、Spaceを何度か押して位置の調整を行います。

改行する

位置の調整ができました。

敬称の下に【カーソル】を置き、Enterを押します。

敬称を挿入する

①「差し込みフィールドの挿入」の【プルダウンメニュー】、②【敬称】の順に選択します。

宛名を連名にできた

敬称が挿入されました。

これで、宛名を連名にすることができました。

無料の住所録テンプレートのダウンロード

以下では、本記事の「年賀状の住所録の作り方」セクションで作成した住所録のテンプレートを無料でダウンロードすることができます。

住所録を手軽に作成したいという方は、こちらのテンプレートを使用して住所録を作成してみてください。

住所録テンプレートをダウンロード

作成した住所録から宛名印刷(差し込み印刷)をする

作成した住所録から宛名印刷をする方法についてご説明します。

封筒印刷

エクセルで作成した住所録をもとにワードで差し込み印刷を行うことで、封筒印刷を行うことができます。

以下の記事では、エクセルとワードを使って封筒印刷を行う方法について詳しくご説明しています。

また、無料でダウンロードできる長形3号の宛名印刷テンプレートもご用意していますのでお役立てください。

エクセルとワードを利用して封筒印刷をする方法

はがき印刷

はがきを1枚1枚手書きで仕上げようとすると、時間も労力も思っていた以上にかかりますよね。

エクセルとワードの差し込み印刷機能を使えば、封筒だけでなくはがきの印刷も可能です。

はがきの差し込み印刷を行いたい場合は、以下の記事の「はがきの差し込み印刷を行う」セクションをご参照ください。

ワードの差し込み印刷のやり方(エクセルでラベル作成)

[Excel テンプレート]の関連記事

エクセルのテンプレート集

エクセルでカレンダー作成!2020年版テンプレート有

エクセルでカレンダーを自動反映で作成する方法

エクセルを使ったスケジュール表テンプレートの作り方

Excel(エクセル)版ガントチャートの作り方(テンプレートあり)

Excelのスパークラインとは?作成方法や活用事例

エクセルで作ったタスク管理表の無料テンプレート

エクセルでToDoリストの作り方(おすすめ無料テンプレート紹介)

エクセルを使った履歴書テンプレートの作り方

Excelを使った職務経歴書のフォーマット(テンプレート)の作り方

エクセルで作った出勤簿の無料テンプレート

エクセルで作った労働者名簿の無料テンプレート

エクセルで作った顧客管理の無料テンプレート

エクセルで作った宛名ラベルの無料テンプレート

検索機能付き!西暦和暦早見表(エクセル版無料ダウンロードあり)

エクセルを利用した家系図の作成方法