Office Hack

エクセルで自動で行を増やす方法

  • Release
  • Update

エクセルで表や書類を作成するときなど、行を挿入する機会は多くあるかと思います。

この記事では、行を自動で増やすさまざまな方法をご紹介しています。

「指定した行番号に行を挿入する方法」と「行を下に挿入する方法」をご紹介していますので、これらの操作を手軽に行えるようにしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

行を自動で挿入する方法

任意の位置に行を挿入

エクセルを使用している際、「○行目に行を挿入したい」または「○行目から○行目まで行を挿入したい」と思ったことはありませんか?

通常、行を挿入するときは「挿入したい行の下の行」を選択し、行の挿入を行う必要がありますが、VBAを使用すれば任意の位置に行を挿入することができます。

以下の記事では、VBAを使って自動で行を挿入する方法をご紹介しています。

VBA自体よく分からないという方も多いと思います。

そういった方のために、コピー&ペーストですぐに使えるコードを用意しましたので、ご安心ください。

Excel VBAで行を挿入する方法

行を自動で下に挿入する方法

下に行を挿入

エクセルで行を挿入する際、選択したセルや行の上にではなく、下に行を挿入したいと考える人は多いのではないでしょうか。

以下の記事では、VBAを使用して行を自動で下に挿入する方法をご紹介しています。

コピーしてすぐに使用できるVBAコードを用意しているほか、行を下に挿入するショートカットキーの作成方法もあわせてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

エクセルで行を下に挿入する方法