Office Hack

エクセルのチェックボックスをチェック済みで塗りつぶしする方法

  • Release
  • Update

この記事では、エクセルのチェックボックスの塗りつぶしをする方法についてご紹介します。

チェックボックスにチェックが入ると任意のセルの背景を自動的に塗りつぶすように設定をしておくことで、チェックの有無が分かりやすくなります。

チェックボックスをより便利に使うことが出来るので、ぜひ参考にしてみてください。

チェックボックスの作り方

チェックボックスの例

エクセルのチェックボックスとは、画像のようにクリックすることでチェックマークが入る小さな四角い枠を作成する機能のことです。

エクセルでチェックボックスを作成する方法が分からない方は、以下の記事「チェックボックスの作り方」セクションをご参照ください。

エクセルでチェックボックス(四角にレ点)を作成する方法

エクセルのチェックボックスをチェック済みで塗りつぶしする方法

チェックボックスにチェックが入ると、任意のセルの背景を自動的に塗りつぶすように設定する方法についてご説明します。

作業時間:5分

エクセルファイルを開く

表を作成する

任意のエクセルファイルを開きます。今回は、画像のようなチェックボックスを使って、C2セルのチェックボックスにチェックが入ったらC2のセルの背景が自動的に塗りつぶされるように設定します。

リンクするセルの設定を行う

コントロールの書式設定をクリック

まずは、リンクするセルの設定を行います。①「任意のチェックボックス(例:C2セルのチェックボックス)」の上で【右クリック】し、②【コントロールの書式設定】を選択します。

セル番地を設定する

セルを決めてOKボタンを押す

「コントロールの書式設定」ダイアログボックスが表示されます。①【コントロール】タブを選択して、②「リンクするセル」に『任意のセル番地(例:D2)』を入力し、③【OK】ボタンを押します。※コントロールタブが表示されない場合は、チェックボックスをActiveXコントロールで作成している可能性があります。

リンクするセルを確認する

TRUEとFALSEが表示される

これでチェックボックスにチェックが入るとリンクするセル(例:D2)に「TRUE」と表示されるように設定出来ました。チェックを外した場合は「FALSE」と表示されます。

条件付き書式を設定する

条件付き書式の設定

次に、リンクするセルのTRUE/FALSEの表示を使って条件付き書式を設定します。①【塗りつぶしを設定したい任意のセル(例:C2)】を選択します。②【ホーム】タブ、③【条件付き書式】、④【新しいルール】の順に選択します。

数式を入力する

数式を入力する

「新しい書式ルール」ダイアログボックスが表示されます。①【数式を使用して、書式設定するセルを決定】を選択し、②「次の数式を満たす場合に値を書式設定」に『=D2=TRUE』と入力し、③【書式】ボタンを押します。

塗りつぶしの色を設定する

色を設定する

「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されます。①【塗りつぶし】タブを選択します。②「背景色」から【任意の色(例:緑)】を選択し、③【OK】ボタンを押します。

OKボタンを押す

条件付き書式の設定完了

「新しい書式ルール」ダイアログボックスに戻ります。ここまでで、「リンクするセルにTRUEの文字が表示された場合は、C2のセルを塗りつぶす」という条件付き書式を作成できました。【OK】ボタンを押します。

設定が完了する

セルの塗りつぶしができる 

これで、チェックボックスをチェックした際に、任意のセルの背景を自動的に塗りつぶすように設定することができました。

チェックを外した場合を確認する

チェックしていない場合は塗りつぶしなし

試しにチェックを外してみましょう。チェックを外した場合は、セルの塗りつぶしがなくなっています。これで、設定は完了です。

[Excel チェックボックス]の関連記事

エクセルのチェックボックスをコピーする3つの方法

エクセルのチェックボックスの大きさや文字サイズを変更する方法

エクセルのチェックボックスがずれる?セル内に合わせる方法

エクセルのチェックボックスをセルに埋め込む方法と様々な設定方法

Excelのチェックボックスを連動する方法

Excelのチェックボックスを集計する方法

エクセルのチェックボックスと関数を組み合わせて利用する方法

Excelのチェックボックスを削除する方法

Excelのチェックボックスがチェックできない時の対処法