Office Hack

エクセルで行をコピーする情報まとめ

  • Release

エクセルで行をコピーするための様々な方法についてまとめてご紹介します。

行のコピーはエクセルで表を作成する際やデータベースを作成する際などに頻繁に使われる操作です。

基本的な行のコピー方法や、行を大量にコピーする方法等についてご説明していますので、参考にしてみて下さい。

行をコピーする

行をコピーするための基本的な方法をご紹介します。以下の方法は、一行をコピーする場合と複数の行をコピーする場合の両方で使用できます。

作業時間:1分

行番号を選択してコピーする

行番号を選択する

コピーしたい行の行番号(例:1行目から5行目)、②ホームタブ、③コピーの順に選択します。

他の行に貼り付ける

貼り付ける

貼り付け先のセル(例:A7セル)、②貼り付けの順に選択します。

コピーが完了する

行がコピーできる

選択したセルにコピーした行を貼り付けることができました。

行を大量にコピーする

エクセルで作業していると、何百、何千という行をコピーする必要が出てくる場合があります。

以下の記事では、大量の行を効率よくコピーする方法をご紹介します。

同じデータを大量にコピーした場合に参考にしてみて下さい。

エクセルで行を大量にコピーする場合

行を連続でコピーする

連続でコピーできる

上の画像は、D3セルに入力した数式をD4セルからD9セルに連続でコピーした例です。

エクセルには行を連続でコピーする方法があるため、それらを使えばデータを一つずつコピーしたり数式を入力したりする手間が省けます。

以下の記事では、「オートフィルで連続してコピーする方法」や「名前ボックスを使って連続でコピーする方法」等についてご説明しています。

エクセルの行を連続でコピーする方法

VBAを使ってコピーする

一行コピーされる

上の画像はVBAでマクロを組み、2行目を7行目にコピーしています。

マクロを使えば、行のコピーアンドペーストが自動化できるため事務作業等の時間短縮が図れます。

以下の記事では、VBAを使って「一行をコピーする方法」と「複数の行をコピーする方法」についてご説明しています。

Excel VBAを使って行をコピーする方法