Office Hack

エクセルの行の高さが勝手に狭くなる場合

  • Release

Excelで行の高さが勝手に狭くなってしまい困っている方は多いのではないでしょうか。

初期設定がデータに合った高さに自動的に調整されるようになっていたり、ダブルクリックをしてしまっていることが原因だと思われます。

この記事では、行の高さが勝手に狭くなってしまう場合の対処法について3つ説明します。

行の高さが勝手に狭くなる原因

行の高さが勝手に狭くなるのは、自動調整されてしまっているからです。

例えば、自動調整には以下のような原因があります。

  • 原因1:初期設定のまま入力すると自動調整されてしまう
  • 原因2:気づかずうちにダブルクリックしてしまった

下記では、行の高さが勝手に狭くなる場合の対処法について説明します。

行の高さが勝手に狭くなる場合の対処法

数値で入力する

手動で固定すれば行の高さが自動調整されることはありません。手動で固定する方法の一つにホームタブの書式から数値を入力し設定する方法があります。

作業時間:1分

ホームタブ内のセルから書式を選択する
書式から行の高さを選択する

行の高さを狭くしたくない行番号(例:2)を選択し、ホームタブ、書式、行の高さの順に選択します。もしくは、Alt + H + O + Hを押します。

行の高さを入力する
行の高さを入力する

セルの高さダイアログボックスが表示されますので、①行の高さ(例:72)を入力し、②OKボタンを押します。

書式から行の高さを入力した後の状態
数値入力した後の状態

行の高さを固定することができました。

同じ行で少ない文字を入れた後の状態
同じ行の違う列に少ない文字入れた状態

設定した行の違うセル(例:D2)に少ない文字数を入力しても高さは狭くなりません。

ちなみに、手動で固定する方法の一つに右クリックから行の高さダイアログボックスに数値を入力し設定する方法があります。

次の記事の「行の高さを固定する」セクションに記載していますので参照してください。

エクセルで行の高さを固定する方法

ドラッグする

手動で固定する方法の一つにドラッグする方法があります。

次の記事の「行の高さを固定する」セクションに記載していますので参照してください。

エクセルで行の高さを固定する方法

結合する

手動で固定する方法の一つに結合する方法があります。

セルの結合をする

行の高さを狭くしたくないセル(例:B2とB3)を選択し、ホームタブ、セルを結合して中央揃え、左揃えの順に選択します。

少ない文字を入力する

1行分の文字を入力します。

少ない文字を入力した後の状態

結合したセル(例:B2とB3)では文字数が少なくても高さは狭くなりません。