Office Hack

エクセルの日付に関する関数の使い方

  • Release
  • Update

エクセルで日付のデータを処理をするときに、様々な関数が活躍します。

この記事では、あらゆる場面を想定して利用方法をまとめてみました。

曜日に関する関数

日付から曜日を自動表示する関数

日付から自動で曜日を表示する関数はTEXT関数とWEEKDAY関数で可能です。

詳しくは以下の記事で説明しました。

エクセルの日付から曜日を表示するTEXT関数とWEEKDAY関数の使い方

曜日に色をつける関数

表示させた曜日に色(土曜=青、日曜=赤)をつけたい場合は条件付き書式を使います。条件付き書式でWEEKDAY関数を使うことで曜日ごとに色を変えることができます。

詳しくは以下の記事で説明しました。

エクセルの曜日(土日祝)の色を条件付き書式で設定する方法

日付の期間を求める関数

「1/1から1/5までは4日間」と、日付の期間を求めるにはDAYS関数を使います。

詳しくは以下の記事で説明しました。

ExcelのDAYS関数の使い方|2つの日付の間の日数を返す

日付をテキストに変換する関数

日付の表示形式はテキスト(文字列)ではありません。2020/1/1のような日付をテキストに変換するにはTEXT関数を利用します。

詳しくは以下の記事で説明しました。

Excelで日付を文字列に変換する方法

日付から年齢を表示する関数

生年月日の日付から現在の年齢を表示するには、DATEDIF関数を使います。

詳しくは以下の記事で説明しました。

エクセルで生年月日から年齢を関数で自動計算する方法

日付を和暦で表示する関数

日付を和暦で表示する関数は、DATESTRING関数を利用します。

DATESTRING関数の入力

『=DATESTRING(C2)』と入力します。

ちなみに関数名(DATESTRING)を打つと途中で予測変換されますが、DATESTRINGは予測変換されません。ですが、問題なく利用できるので不安にならずに打ち続けてください。

関数で和暦表示

和暦に変換されました。

日付の抽出条件を求め集計する関数

日付指定の売上合計

2020/1/3以降のデータだけ合計します。検索条件に一致するセルの値を合計する「SUMIF関数」を利用します。

SUMIF関数の入力

『=SUMIF(』でSUMIF関数を入力します。

範囲を指定

まずは日付の範囲を指定します。指定したらカンマで区切ります。

検索条件を指定

次に合計する検索条件を決めていきます。今回は2020/1/3以降なのでB5セルを選択し、『”>=”&B5』と入力しましょう。「2020/1/3以上」という意味です。

指定したらカンマで区切ります。

合計範囲を指定

最後に合計範囲を指定してEnterを押します。

日付指定の売上合計結果

2020/1/3以降の売上高が合計されました。

[Excel 日付]の関連記事

Excelで今日の日付や現在の時間を素早く入力する方法

エクセルで勝手に日付になる場合の対処法

エクセルで何日後の日数計算をする方法

エクセルで日付/日数を引き算する方法