Office Hack

Excelで日付を文字列に変換する方法

  • Release
  • Update

Excelでセルの表示形式が日付になっているものを文字列に変換する方法をお伝えします。

また、文字列に変換したものを他の文字列に結合する方法もあわせてご説明します。

Excelで日付を文字列に変換する

表示形式が日付のものを文字列に変換する方法を説明します。

作業時間:2分

  1. 表示形式の確認

    表示形式の選択

    現在の表示形式を確認するには、①【ホーム】タブを押し、②【表示形式】を押します。

  2. 表示形式のコピー

    ユーザー定義の種類コピー

    「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されますので、①【ユーザー定義】を押すと、種類の下に書かれているのが現在の表示形式です。こちらを②【コピー】して③【OK】ボタンを押します。

  3. TEXT関数の入力

    TEXT関数の入力

    それでは隣のセルに日付を文字列化してみます。利用するのはTEXT関数です。『=TEXT(』と入力します。

  4. 値の参照

    値の参照

    文字列化したい日付のセルをクリックし、『,』カンマで区切ります。

  5. 表示形式の決定

    表示形式の指定

    先ほどコピーした表示形式を【貼り付け】し、ダブルクオーテーションで囲みます。

  6. 日付を文字列にする

    日付を文字列に

    Enterで確定すると、日付が文字列に変更されました。分かりづらいですが、文字列になると自動で「左揃え」に変わります。

日付の文字列結合

日付と文字列の結合

日付を文字列化したものに、他の文字列を結合します。

&でつなぐ

文字列を結合する場合は「&」でつなぎます。

文字列同士なので問題ない

Enterで確定します。問題なく結合できました。

日付と文字列をつなぐ

表示形式が違うもの同士で結合してみます。B3セルは表示形式が日付のままなので参照をB3セルに変更します。

シリアル値に置き換わる

日付の部分がシリアル値に置き換わってしまいました。このように、文字列を結合したい場合は、表示形式が文字列同士で行いましょう。

おすすめの商品をご紹介

その他、様々な日付の編集方法







その他、様々な文字列の編集方法










よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

Page Top