Office Hack

エクセルの日付を令和(和暦)で表示する方法

  • Release
  • Update

2019年5月1日より、平成から令和へ改元されました。それに伴って、Excel含めたOffice関連製品でも、日付の元号表記が令和へ変更されるようになりました。

ここでは、エクセルの日付のデータを和暦で表示し、令和にする方法をお伝えします。

エクセルで令和(和暦)の日付を表示する方法

セルに入力された日付データを令和(和暦)で表示する方法をお伝えします。

作業時間:1分

表の準備

日付の入った表の準備

日付の入った表を準備します。

表示形式を選択

表示形式の選択

①【元号表記にしたいセルを選択】し、②【ホーム】タブを押し、③【表示形式】を押します。

和暦を選択

和暦の選択

「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されますので、①「表示形式」のタブを選択し、②分類の「日付」を選択し、③カレンダーの種類の「グレゴリオ暦」のプルダウンを押し、④「和暦」を選択します。

元号の表示を選択

元号表示の選択

和暦の表示形式の種類が2種類ありますので、①【元号の種類】を選択し、②【OK】ボタンを押します。

令和の表示確認

令和で表示される

グレゴリオ暦から元号表記の和暦に変更されました。

TODAY関数でも令和を表示できる

TODAY関数を入力する

TODAY関数でも元号の和暦で表示できます。TODAY関数を入れるセルには、上記で行った設定をすでに行っている状態とします。

セルに『=TODAY()』と入力しましょう。

TODAY関数でも令和表記に

Enterを押し、確定しましょう。問題なく表示できました。

令和が表示されない方へ

令和が表示されない方は、様々な理由が考えられます。

  • OSのアップデートが最新ではない
  • OSがサポート対象外でアップデートしても反映されない
  • Officeのアップデートが最新ではない
  • Officeがサポート対象外でアップデートしても反映されない

以下の記事で詳しく説明しておりますので、ご覧になってください。

エクセルの令和アップデート対応について(表示されない時の対策)

令和1年を令和元年で表示したい

画像を見ていただくと分かる通り、元号の表記は「令和1年」となっております。「令和1年」を「令和元年」に変更することも可能なので、こちらの説明は以下の記事を参考にしてください。

エクセルで令和1年を令和元年に変更する2つの方法