Office Hack

ExcelのROUNDDOWN関数の使い方|指定された桁数で切り捨て

  • Release
  • Update

Excelで切り捨てられる関数は様々ありますが、最も利用されているのがROUNDDOWN関数です。

引数も2つしかありませんので、簡単に計算することができます。

ROUNDDOWN関数とは?

ROUNDDOWN関数は、指定した桁数で切り捨てることができる関数です。

第2引数である桁数に0を指定すると、数値は最も近い整数として切り捨てられ、桁数を正の数を指定すると小数点より右側で切り捨て、負の数を指定すると小数点より左側で切り捨てます。

ROUNDDOWN関数の使い方

ROUNDDOWN関数の書式

ROUNDDOWN関数は2つの引数で構成されております。それでは使い方を見ていきましょう。

第1引数(数値)

ROUNDDOWN第1引数

切り捨てたい数値を入力もしくはセル参照します。

数値を参照する

『=ROUNDDOWN($B$3,』で数値を参照します。

第2引数(桁数)

ROUNDDOWN第2引数

切り捨てる場所(桁数)を指定します。

桁数を参照する

『=ROUNDUP($B$3,C3』で桁数を参照し、Enterで確定します。

-2で切り捨て

桁数を「-2」で指定しましたので、百の位で繰り上げが行われました。他のセルへ反映させるため【フィルハンドルを下へドラッグ】しましょう。

他のセルを参照

それぞれの桁数の切り捨て結果がこのようになります。

桁数の説明図

[Excel 関数 数学/三角]の関連記事

エクセルで絶対値を表示するABS関数の使い方

ExcelのAGGREGATE関数の使い方|リストやDBの集計値を返す

ExcelのCEILING関数の使い方|データを指定した基準値で切り上げる

ExcelのFLOOR関数の使い方|基準値の倍数の最も近い値で切り捨て

エクセルのINT関数の使い方|元の数値より小さい整数に切り捨て

ExcelのMOD関数の使い方|割り算の余りを求める

ExcelのRAND関数の使い方|0以上1未満の乱数を発生させる

エクセルで四捨五入をするROUND関数の使い方

ExcelのROUNDUP関数の使い方|指定された桁数で切り上げ

ExcelのSERIES関数の使い方|グラフの参照範囲を自動的に変更する

ExcelのSQRT関数の使い方|指定した数値の平方根を求める

ExcelのSUBTOTAL関数の使い方|集計方法によって様々な集計をする

ExcelのSUM関数の使い方|数値を合計(足し算)する

ExcelのSUMPRODUCT関数の使い方|範囲または配列の積を合計する

ExcelのTRUNC関数の使い方|小数点以下を切り捨てる