Office Hack

Microsoft Officeのライセンス認証方法や確認方法など

  • Release

Microsoft Officeでデータを作成したり、編集したりするためには、Officeのライセンスが必要になります。

この記事では、オフィス製品をライセンス認証するための方法や、ライセンス認証を確認する方法をご紹介します。

Microsoft Officeのライセンス認証とは?

ライセンス認証とは、PCにインストールされているOfficeが正規の製品であることを証明するための手続きです。

ライセンス認証が完了すると、オフィス製品を使用することが可能になります。

ライセンスの認証方法について

Web上で認証する

Office製品を購入した場合、Microsoftサポートサイトのセットアップにプロダクトキーを入力することによってライセンス認証が行われます。

下記の記事では、購入したOffice Home & Business 2019のライセンス認証を行い、インストールしています。Web上でのライセンス認証方法は、下記記事の「プロダクトキーを入力する」セクションをご確認ください。

Officeソフトで認証する

PCなどにOfficeが付属していて、プリインストールされている場合には、Officeソフトの起動時にライセンス認証ウィザードが表示されます。

今回は「Microsoft Office Home & Business 2019」が付属しているSurfaceでご説明いたします。

Excelを開く

今回はExcelで説明します。①【スタートボタン】、②【Excel】の順に選択します。

OfficeのライセンスをExcelで認証する

今回は、直接プロダクトキーを入力するため、【サインインまたはアカウントを作成しない】を選択します。

OfficeのライセンスをExcelで認証する

『プロダクトキー』を入力します。

OfficeのライセンスをExcelで認証する

【Officeをライセンス認証】ボタンを押します。

OfficeのライセンスをExcelで認証する

認証がはじまりました。まもなくライセンス認証が完了します。

OfficeのライセンスをExcelで認証する

ライセンスを確認してみましょう。

【アカウント】を選択します。ライセンス認証された製品である旨が確認できます。

電話で認証する

もしオンラインで認証が行えない場合や、対応できないエラーが出る場合などにはMicrosoftの「ライセンス認証専用窓口」を利用する方法もございます。

ライセンス認証用の問い合わせ先

Microsoftによりますと、問い合わせ先は「ライセンス認証専用窓口電話: 0120-801-734」となります。

窓口の対応時間は下記のとおりです。

対応内容対応時間
音声ガイダンスでのセルフサービス認証24時間、365日対応
窓口担当者による対応平日 9:00〜18:00
土曜日・日曜日 10:00~18:00
(祝日および年末年始休業)

ライセンス認証を確認する方法

Officeソフトで確認する

Excelを開く

今回はExcelで説明します。①【スタートボタン】、②【Excel】の順に選択します。

Officeのライセンス 確認

【アカウント】を選択します。製品の名称と、ライセンス認証された製品である旨が確認できます。

コマンドプロンプトで確認する

コマンドプロンプトでは、インストールされているOfficeの種類と、そのOfficeがライセンス認証済みであるかを確認することができます。

入力するコマンドを決定する
エクスプローラーでospp.vbsを探す

まずは「ospp.vbs」ファイルの場所を特定するために、エクスプローラーを開きます。①【Local Disc (C:)】を選択し、②検索ボックスに『ospp.vbs』を入力し、③Enterを押します。(ファイルの検索では、大文字小文字は区別されません。)

コマンドプロンプトで「Cフォルダのなかの、Program Filesのなかにある、Microsoft Officeフォルダのなかの、Offie16フォルダ」にある「ospp.vbs」のライセンス情報を開示するコマンドは下記のようになります。(コマンドでは、ospp.vbsは小文字で表記します。)


cscript “C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs” /dstatus

コマンドプロンプトを起動し、実行する
コマンドプロンプトを起動

①検索ボックスに『cm』と入力します。②【コマンドプロンプト】を選択し、起動します。

コマンドを入力する

コマンドプロンプトに①上記のコマンド『cscript “C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs” /dstatus』を入力し、Enterを押します。

インストールされているOfficeの種類とライセンス認証されている旨を表す「LICENSED」の文字が確認できました。

購入したOffice Home & Business 2019をインストールした場合は、上記の表示となります。

OfficeがOEM版である場合
ライセンス認証 OEMの場合

PC付属のOffice場合は、Officeソフトで確認したときは同じOffice Home & Business 2019であっても、「Office19HomeBusiness2019R_OEM_Perp edition」(OEM版)と表記されます。

ライセンスを別のPCに移動する方法

ライセンスを移行する前に、移行可能なOfficeであるかをご確認ください。

OEM版は移行できないため、上記セクションの「コマンドプロンプトで確認する」にてご確認されることをおすすめします。

古いPCでライセンスを解除する

移行元の古いPCでライセンスを解除するためには、Officeをアンインストールする必要があります。

下記記事に、設定からアンインストールする方法やMicrosoftのサポートツールを使ってアンインストールする方法の手順がございます。ご参照ください。

アンインストール以外は、特に必要な手続きはございません。

新しいPCでライセンスを認証する

移行元の古いPCにてOfficeのアンインストールが完了しましたら、移行先の新しいPCでOfficeをインストールします。

移行するOfficeのOfficeのバージョンによって、使用するサイトとプロダクトキーの入力の有無が異なります。

Microsoft 365やOffice2019などの場合

移行したいOfficeが、Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)やOffice 2019、Office 2016の場合には、Microsoftアカウントサイトから再インストールすることができます。

下記記事の「Microsoftアカウントサイトを使用する」セクションをご参照ください。

Office 2013などの場合

Office 2013など古いタイプのOfficeの場合は、Microsoftのセットアップサイトにて、Microsoftアカウントにログインし、プロダクトキーを入力すると、インストールが可能になります。

下記記事の「プロダクトキーを入力する」のセクションをご参照ください。

ライセンス認証ができないときには?

プロダクトキーを入力してもエラーが出る場合

プロダクトキーには、下記の数字やアルファベットは使用されていません。

  • 数字:1、5、0
  • アルファベット:A、E、I、L、O、S、U

プロダクトキーが入力できない場合や、認証されない場合には、上記の英数字を入力していないかご確認ください。また、プロダクトキーは半角英数字のため、全角になっていないことをご確認ください

その他のエラーの場合、表示されるエラーの種類によって対応が異なります。詳しくは下記記事の「認証できないときは?」をご確認ください。

インストール上限を超えていると表示される場合

Microsoft Officeには、製品ごとにインストール可能な上限が決められています。

 インストール台数の上限
Microsoft 365 Personal
(旧Office 365 Solo)
上限なし
(同時使用は5台まで)
Office製品を単独で購入した場合2台
PC付属のOffice1台のみ

新しいPCにインストールしたい場合に、インストール可能な上限数を超えている場合は、既存のPCからOfficeをアンインストールする必要があります。

使用しているPCの総計がインストール上限数を超えたことがないのにエラーが表示される場合、下記の可能性がございます。

  • 初期不良で交換したPCと、現在のPCがインストール台数にカウントされている
  • 初期化前のPCと、初期化後のPCがインストール台数にカウントされている

上記のケースの場合は、Microsoftサポートに問い合わせください。チャットでもライセンス認証が行える場合があります。

サイトから問い合わせる
問い合わせ

公式サイトのMicrosoft サポートに問い合わせるから、問い合わせが可能です。アプリ版とブラウザ版があります。

ライセンス認証をしないとどうなる?

ライセンス認証がない場合、Officeソフトでは新規作成や編集が行えません。

例えば、ライセンス認証がないExcelでは、「新しいブック」は選択できません。テンプレートは選択できますが、ダウンロードできないため、テンプレートからブックを作成することもできない仕様となっております。

このページを見ている人におすすめの商品

3~4つの質問で最適なOffice製品をご提案します

個人用/法人用/教育用や、一括払いや月/年払い、利用できるアプリケーション、利用できるOSがそれぞれ製品によって異なるため、分かりやすいナビをご用意しました。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top