Office Hack

Office 365 SoloとOffice 365 Businessの価格や機能の比較

  • by yoshihiro
  • Release
  • Update

Office 365には、家庭向けの「Office 365 Solo」と法人向けの「Office 365 Business」の2つのサービスがあります。この記事では2つのサービスの価格や機能の違いを比較しています。共通点・相違点を理解してご自身に合ったサービスを選びましょう。

Office 365 SoloとOffice 365 Businessについて

Office 365 Soloとは

個人向けのサブスクリプション型サービスです。Word、Excel、PowerPointなどのOfficeアプリケーションが利用可能です。1TBのOneDriveが利用可能だったり、Skypeの無料通話も月間で60分付いています。Office 365 Soloは個人向けとされてはいますが法人でも利用は可能です。

Office 365 Soloについての詳細は下記の記事でご紹介しています。価格からインストール可能台数などの情報をまとめました。

Office 365 Businessとは

法人向けのサブスクリプション型サービスです。Word、Excel、PowerPointなどのOfficeアプリケーションはもちろんのこと(Office 365 Business Essentialsを除く)、オンラインストレージはバックアップや復元機能、稼働率99.9%保証が付いています(Office 365 Businessを除く)。

Office 365 Businessは、最大ユーザー数が300と多いので、複数人で使用する法人に適しています。またOffice 365 Soloより少し安価なので導入しやすいもいうのもメリットです。Office 365 Businessは法人向けとされていますが個人の方でも利用することができます。

Office 365 Businessについての詳細は下記の記事でご紹介しています。「Office 365 Business Essentials」「Office 365 Business」「Office 365 Business Premium」の3サービスについてまとめました。

Office 365 SoloとOffice 365 Businessの共通点

まずOffice 365 SoloとOffice 365 Businessの共通点は下記になります。

  • 月間または年間での契約が選択可能
  • 常に最新バージョンのアプリケーションに更新可能
  • OneDrive(1TB)によるファイル保存と共有が可能

Office 365 SoloとOffice 365 Businessの相違点

サービスごとの料金の違い

まずサービスごとの料金を見ていきましょう。Office 365 Business Essentialsが最も安く年間「¥6,800」となっています。

Office 365 Solo Office 365 Business Essentials Office 365 Business Office 365 Business Premium
対象 個人向け 法人向け 法人向け 法人向け
更新期間 1か月 or 1年間 1か月 or 1年間 1か月 or 1年間 1か月 or 1年間
料金(月額) ¥1,284 ¥540/ユーザー ¥900/ユーザー ¥1,360/ユーザー
料金(年額) ¥12,984 ¥6,800/ユーザー ¥10,800/ユーザー ¥16,320/ユーザー

使用できるOfficeアプリケーションの違い

Office 365 SoloとOffice 365 Businessでは使用できるOfficeアプリケーションに違いがあります。特にOffice 365 Business EssentialsはOfficeアプリケーションを利用することはできません。

Office 365 Solo Office 365 Business Essentials Office 365 Business Office 365 Business Premium
Word ×
Excel ×
PowerPoint ×
Outlook ×
Publisher
※Windows PCのみ
×
Access
※Windows PCのみ
×

利用できるサービスの違い

Office 365 SoloとOffice 365 Businessシリーズでは利用できるサービスに違いがあります。中でもOffice 365 SoloはSkypeで固定電話や携帯電話への発信が毎月60分間無料になっています。

Office 365 Solo Office 365 Business Essentials Office 365 Business Office 365 Business Premium
OneNote ×
OneDrive(1TB)
Exchange × ×
SharePoint × ×
Microsoft Teams × ×
Microsoft Planner × ×
Outlook Customer Manager × × ×
Microsoft Bookings × × ×
Skype × × ×

Office 365 Businessで使用できるOneDriveは「OneDrive for Business」です。Office 365 Soloで使用できるOneDriveとは異なるサービスになります。

Office 365 SoloでOneDriveを利用していてOffice 365 Businessに変更した場合、ファイルは移行できませんのでご注意ください。

デバイスごとのインストール可能台数の違い

Office 365 SoloとOffice 365 Businessシリーズではデバイスごとにインストール可能台数に違いがあります。Office 365 Soloはインストール台数に制限はありませんが同時に使用できるのは5台までになっています。

Office 365 Solo Office 365 Business Essentials Office 365 Business Office 365 Business Premium
Windows PCまたはMac 制限なし 使用不可 5台 5台
スマートフォン 制限なし 5台 5台 5台
タブレット 制限なし 5台 5台 5台

利用できるユーザー数の違い

Office 365 SoloとOffice 365 Businessシリーズでは利用できるユーザー数に違いがあります。Office 365 Soloは個人向けサービスなので1人でしか利用できません。2人以上で利用する際はOffice 365 Businessのほうを選びましょう。

Office 365 Solo Office 365 Business Essentials Office 365 Business Office 365 Business Premium
最大ユーザー数 1人 300人 300人 300人

Office 365 Solo とOffice 365 Businessのどちらにしたらいいか

Office 365 Soloがおすすめの場合

Office 365 Soloは、やはり個人で使用する場合におすすめです。現在はPCの他にスマートフォンでもOfiiceドキュメントを編集する方もいますのでOffice 365 Soloなら制限なくインストールすることができます。

Office 365 Soloがお得!今なら3,000円キャッシュバック キャンペーン実施中
【購入期間】2019年12月5日~2019年12月25日

キャンペーンの詳細はこちら icon

Office 365 Businessがおすすめの場合

法人で使用する場合はOffice 365 Businessが確実です。ExchageやSharePointを導入する場合は特にOffice 365 Businessを選択しましょう。

また同時に使用するデバイス数が5台を超える場合はOffice 365 Businessを選ぶことになります。

個人でも価格を少しでも安くするのならOffice 365 Businessがおすすめです。1年間でみるとOffice 365 Businessの方が2,000円ほど安くなります。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

Page Top