• 公開日:
  • 更新日:

Teamsが利用できるMicrosoft 365のプラン比較(費用や機能の違い)

Microsoft Teamsには機能が制限されている無料版とMicrosoft 365の1つとして提供されている有償版の2種類があります。

Microsoft 365にはたくさんのプランがありますが、どのプランだったらTeamsが使えるのかご存知でしょうか?

Teamsが利用できるプランをご紹介し、プランごとに費用や機能などを比較しています。最適なプランを選びましょう。

Microsoft 365とは?

Microsoft 365とは、ExcelやWordといったOfficeアプリケーションや、OneDriveといったクラウドストレージなどが利用できるMicrosoft(マイクロソフト)が提供しているサブスクリプション型のサービスです。

2020年4月22日、Office 365からMicrosoft 365に名称が変更されました。

Microsoft 365(旧称 Office 365)については以下の記事で詳しくご紹介しています。

Microsoft Office 365とは?プランの機能/価格など徹底比較

Teamsが利用できるMicrosoft 365のプラン

Teamsが利用できるMicrosoft 365のプランは以下の3つです。プランによって利用できる機能や費用が異なります。

  • Microsoft 365 Business Basic
  • Microsoft 365 Business Standard
  • Office 365 E3

3つのプランについてそれぞれ概要をご説明します。

Microsoft 365 Business Basic

Microsoft 365 Business Basic(旧称 Office 365 Business Essentials)は、Teamsが利用できるMicrosoft 365の中では一番安価なプランです。

デスクトップ版のOfficeアプリケーションは使用できませんが、Web版のWord/Excel/PowerPointはご利用いただけます。

PR

WPS Office 2 Personal Edition 【DVD-ROM版】

WPS Office 2 Personal Edition 【DVD-ROM版】

\毎月11日と22日はゾロ目の日 クーポン争奪戦/Yahoo!ショッピングで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

詳しくは以下の記事でご説明しています。ご参照ください。

中小企業法人向けOffice 365 Businessとは?価格や機能の違い

Microsoft 365 Business Standard

Microsoft 365 Business Standard(旧称 Office 365 Business Premium)は、デスクトップ版ののOfficeアプリケーションが使えるのはもちろんのこと、SharePointなどのサービスもご利用いただけます。

マイクロソフト Surface Pro 4 CR5-00014 Windows10 Pro Core i5/4GB/128GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC

マイクロソフト Surface Pro 4 CR5-00014 Windows10 Pro Core i5/4GB/128GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC

\毎月11日と22日はゾロ目の日 クーポン争奪戦/Yahoo!ショッピングで価格を見る

Microsoft 365 Business Standard(旧称 Office 365 Business Premium)のインストール方法は以下の記事で解説しております。

Office 365 Business Premiumの開設/インストール方法

Office 365 E3

Office 365 E3は、大企業向けMicrosoft 365のプランの1つです。最新のデスクトップ版のOfficeアプリケーションやモバイルアプリを入手してご利用いただけます。

セキュリティと監視によりデータを安全に保持します。

Office 365 E3の公式ページを見る

Microsoft 365のプラン比較

Teamsが利用できるMicrosoft 365の各プランを費用や機能に分けて比較してみました。プランを選ぶ際にご活用ください。

費用の違い

年間契約の場合、一番安いプランで1か月あたり540円(1ユーザー)で有償版のTeamsをご利用いただけます。

 Microsoft 365 Business
Basic
Microsoft 365 Business
Standard
Office 365 E3
年間契約¥540
ユーザー/月相当
¥1,360
ユーザー/月相当
¥2,170
ユーザー/月相当

※価格には消費税は含まれていません。

Teamsの機能や仕様の違い

プランによってTeamsで使用できる機能や仕様に違いがあります。Teamsを利用する人数などを確認しておきましょう。

300人を超える場合は「Office 365 E3」を選ぶ必要があります。

 Microsoft 365 Business
Basic
Microsoft 365 Business
Standard
Office 365 E3
最大ユーザー数300300500,000
ゲストアクセス
チャットでの
ファイル添付
ユーザー1人あたり1TBユーザー1人あたり1TB無制限
ファイル共有組織全体で1TB+
ライセンスごとに10GB
組織全体で1TB+
ライセンスごとに10GB
組織全体で1TB+
ライセンスごとに10GB
共同作業
ビデオ通話
画面共有
背景の変更
予定表
会議の録画
最大300人が参加できる
ビデオ会議
最大10,000人の
オンラインイベント
××

アプリケーションやサービスの違い

プランによってTeams以外に使用できるアプリケーションやサービスに違いがあります。

「Microsoft 365 Business Basic」はデスクトップ版のOfficeアプリケーションはご利用いただけませんのでご注意ください。

 Microsoft 365 Business
Basic
Microsoft 365 Business
Standard
Office 365 E3
Web版の
Word/Excel/PowerPoint
Exchange
OneDriveユーザー1人あたり1TBユーザー1人あたり1TB容量無制限
Outlook×
Word×
Excel×
PowerPoint×
Access
※Windows PCのみ
×
Publisher
※Windows PCのみ
×

目的別おすすめプラン

目的ごとにおすすめのプランをご紹介します。プランを選ぶ際にご参考ください。

とにかくコストを下げてTeamsを導入したい

一番安くTeamsを使用できるプランは「Microsoft 365 Business Basic」です。年間契約の場合、1カ月あたり540円/ユーザーでご利用いただけます。

デスクトップ版のOfficeアプリケーションが利用できませんが、Web版のExcelやWordはご利用いただけます。

WPS Office 2 Personal Edition 【DVD-ROM版】

WPS Office 2 Personal Edition 【DVD-ROM版】

\毎月11日と22日はゾロ目の日 クーポン争奪戦/Yahoo!ショッピングで価格を見る

Web版(オンライン版)とデスクトップ版との違いは次の記事でそれぞれご紹介しています。

無料のExcelオンライン版を利用する方法


無料で使えるWord Online(ワードオンライン)の特徴と使い方


無料のPowerPoint Online(パワーポイントオンライン)の使い方

中小企業でExceやWordも使いたい

従業員の人数が300名以下の中小企業でデスクトップ版のExcelやWord、PowerPointを使用したい場合は「Microsoft 365 Business Standard」がおすすめです。

マイクロソフト Surface Pro 4 CR5-00014 Windows10 Pro Core i5/4GB/128GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC

マイクロソフト Surface Pro 4 CR5-00014 Windows10 Pro Core i5/4GB/128GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC

\毎月11日と22日はゾロ目の日 クーポン争奪戦/Yahoo!ショッピングで価格を見る