Office Hack

WPS Office Standard Editionとは?価格や互換性などの情報

  • Release
  • Update

「Microsoft Word、Excel、PowerPointをもっと手頃に使いたい。」と思ったことありませんか?そんな時に利用できるOffice互換ソフトに、WPS Officeがあります。

本記事では、WPS Officeのなかでも人気の高いWPS Office Standard Editionについて紹介します。

WPS Office Standard Editionとは?

WPS Officeはキングソフト株式会社が提供するMicrosoft Office互換ソフトです。

パッケージ版(CD-ROM版)では、Gold Edition、Standard W Edition、Standard Edition、Premium Presentation、Personal Editionが販売されています。

Standard Edition(スタンダード エディション)は3つのソフト「Writer(文章作成)」、「Spreadsheets(表計算)」、「Presentation(スライド作成)」および基本フォント、クリップアートを含む標準版です。

WPS Office(キングソフト オフィスソフト)

WPS Office Standard Editionの価格

2020年8月13日現在、AmazonでのWPS Office Standard Edition(パッケージ版)の価格は¥5,600(税込)、ダウンロード版は¥5,988(税込)です。

価格は時期によって変動する場合がございますので、詳しくは以下のセクションをご覧ください。

各モールで「Standard Edition」の価格を見る

WPS Office Standard Editionの評判

WPS Office Standard Editionの評判については、たとえば以下のような口コミがあります。

  • Microsoft Office 互換はWPS Office Standard Editionが一番使いやすい
  • コストパフォーマンスかなり良い
  • 格安でWord、Excel、PowerPointの資料の編集ができ満足に使える

Office製品とWPS Office Standard Editionの互換性

拡張子

WPS Officeで利用できる拡張子は.wpsなど独自形式のものと、.docなどMicrosoftやその他互換ソフト(例:LibreOffice)で利用できる形式のものがあります。

他のソフトとデータを交換する際は、.docなどの互換性のある拡張子で保存することをお勧めします。

Writer

以下は、Writerで使える独自の拡張子です。


.wps、.wpt

以下は、Writerで使えるWord互換の拡張子です。


.doc、.dot、.rtf、.docx、.docm、.domt、.xml、.mht、.mhtml、.xml

Spreadsheets

以下は、Spreadsheetsで使える独自の拡張子です。


.et、.ett

以下は、Spreadsheetsで使えるExcel互換の拡張子です。


.xls、.xlt、.xlsx、.xlsm、.dbf、.xml、.html、.htm、.mht、.mhtml、.txt、.csv、.prn、.dif、.xltx、.xltm

Presentation

以下は、Presentationで使える独自の拡張子です。


.dps、.dpt

以下は、Presentationで使えるPowerPoint互換の拡張子です。


.ppt、.pot、.pps、.pptx、.pptm、.potx、.potm、.ppsx、.ppsm、.jpg、.png、.tif、.bmp

この他、すべてのソフトでPDF形式での保存ができます。

表示の互換性

WPS Office Standard EditionのWriter、Spreadsheets、PresentationのソフトでMicrosoftファイルを開いて、互換性を確認してみましょう。

Writer

下記では、WordファイルをWriterで開き、表示の差異を見ていきます。

wps-office-standard-edition WordとWriter 1

ページを用意します。今回はWordでテンプレートファイルを開き、名前を付けて保存します。

wps-office-standard-edition WordとWriter 2

Wordで保存したページをWriterで開きます。Wordとほぼ同じページが表示されました。

Spreadsheets

下記では、ExcelファイルをSpreadsheetsで開き、表示の差異を見ていきます。

 wps-office-standard-edition ExcelとSpreadsheets

シートを用意します。今回はExcelでテンプレートファイルを開き、名前を付けて保存します。

 wps-office-standard-edition ExcelとSpreadsheets

Excelで保存したシートをSpreadsheetsで開きます。Excelとほぼ同じシートが表示されました。

Presentation

下記では、PowerPointファイルをPresentationで開き、表示の差異を見ていきます。

 wps-office-standard-edition PowerPointとPresentation1

スライドを用意します。今回はPowerPointでテンプレートファイルを開き、名前を付けて保存します。

 wps-office-standard-edition PowerPointとPresentation 2

PowerPointで保存したスライドをPresentationで開きます。PowerPointとほぼ同じスライドが表示されました。

ダウンロード(DL)版について

WPS Officeにはダウンロード版(DL版)もあります。

ダウンロード版はStandard Edition、Gold Edition、Platinum Edition、Personal Editionの4種類が販売されています。

詳しくは、上記「各モールで「Standard Edition」の価格を見る」のセクションをご覧ください。

シリアル番号の入力について

WPS Officeは、2020.06.12にメジャーアップデート版「WPS Office 2」がリリースされています。

2020.8.13現在、「WPS Office 2」の販売はキングソフトのオンラインショップのみですが、シリアル番号を入力することで「WPS Office」を「WPS Office 2」に無償でアップグレードできます。

KINGSOFTサポートから指定のURLを開き、入力してください。

その他WPS Officeに関する情報





その他Office互換ソフトに関する情報

3~4つの質問で最適なOffice製品をご提案します

個人用/法人用/教育用や、一括払いや月/年払い、利用できるアプリケーション、利用できるOSがそれぞれ製品によって異なるため、分かりやすいナビをご用意しました。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top