Amazon BigSale!ブラックフライデー開催中
終了まで19時間6分

Office Hack

Kingsoft(キングソフト)のOffice互換ソフト情報まとめ

  • Release
  • Update

「Microsoft WordやExcelなどを使いたいけれど、高い。もっと手頃なオフィスドキュメント作成ソフトを探したい。」と思うことはありませんか?この記事ではOffice互換ソフト売上No.1のキングソフト株式会社のOffice互換ソフトについてご紹介します。

KingsoftのOffice互換ソフトについて

キングソフト株式会社が提供するオフィススイート(オフィス業務に必要なソフト一式)には、Kingsoft Office(キングソフトオフィス)とWPS Office(ダブリューピーエスオフィス)があります。

WPS Officeは2005年にワープロソフト「Word Process System」から一文字ずつ名前をとり、Office互換ソフトとしてリリースされました。

日本語版では2007年から「Kingsoft Office(キングソフトオフィス)」の名称で販売されてきましたが、2016年にグローバルブランド名である「WPS Office」に名称変更されました。

Kingsoft Officeについて

Kingsoft Officeには、「Writer(文章作成)」、「Spreadsheets(表計算)」、「Presentation(スライド作成)」があり、それぞれWord、Excel、PowerPointと互換性があります。

製品は2016年版が最終となり、サポート期間も2019年6月28日で終了しました。Kingsoft Officeのソフト名や機能はWPS Officeに引き継がれています。

 Kingsoft OfficeWPS Office
日本語版販売開始2007年2016年
OfficeソフトWriter(文章作成)
Spreadsheets(表計算)
Presentation(スライド作成)
Writer(文章作成)
Spreadsheets(表計算)
Presentation(スライド作成)
サポート期間~2019年6月28日現在もサポート対象
再インストール方法

Kingsoft Officeはサポート期間が2019年6月28日で終了しており、再インストールはできなくなっているようです。

また、Kingsoft OfficeからWPS Officeへの無償移行期間も2017年12月31日で終了しているため、WPS Officeを利用するためには製品版の購入が必要になります。

kingsoft-office 再インストールについて

手元のシリアル番号でダウンロード可能な場合は、キングソフト公式サイトWPS製品ダウンロードにシリアルコードを入力すると、ダウンロード可能な最新版が表示されます。

2020年9月17日現在は、WPS Officeを新規購入した場合を対象に、2020年12月25日までの期間限定でWPS Office 2への無償アップデートが行われています。

WPS Office とは?

WPS Officeは、日本においてはKingsoft Officeの後継にあたるソフトです。

「Writer(文章作成)」、「Spreadsheets(表計算)」、「Presentation(スライド作成)」があり、それぞれWord、Excel、PowerPointと互換性があります。

WPS Officeについて、詳しくは以下の記事をご参照ください。

評判について

WPS Officeの評判については、下記の記事の「評判について」をご参照ください。

Microsoft Officeとの違いと互換性

WPS Officeとマイクロソフトの違いについては、下記の記事をご覧ください。

価格について

WPS Officeは、2020年6月にWPS Office 2へとメジャーアップデートしました。2020年9月17日現在、WPS OfficeとWPS Office 2が一部並行して販売されています。

WPS Officeのなかでもっとも人気が高い「Standard Edition」は、2020年9月17日現在、Amazonでは以下の価格で販売されています。

 WPS Office WPS Office 2
パッケージ版
(DVD-ROM版)
¥5,544(税込)¥5,164(税込)

メジャーアップデートの内容は、下記記事の「WPS Office 2の種類」にございます。

「Standard Edition」については、下記記事に詳細がございます。

なお、価格は時期によって変動する場合がございますので、詳しくは以下のセクションをご覧ください。

各モールで「WPS Office 2 Standard Edition」の価格を見る
ダウンロード/インストールする方法

下記の記事「インストール方法」をご覧ください。

安全性について

「ダウンロードしようとしたら、ウイルス対策ソフトにマルウェアと警告を受けた」などWPS Officeの安全性について気になる方もいるかと思います。ウイルス対策ソフトによっては「ダイアログボックス」を表示するアプリケーションをマルウェアとみなすものもあるようです。

WPS Officeの安全性については、下記の記事の「安全性」をご参照ください。

シリアルクラックについて

「Kingsoft Office シリアルクラック」「キングソフト シリアルクラック 無料」で検索される方もいるようです。

クラックソフトを使いシリアル番号を偽造したり、シリアル番号を入力せずに製品版を使うことは、ライセンス違反となります。キングソフトのトラブル対応などのサポートを受けることができません。

また、ネット上のクラックソフトをダウンロードすることは、マルウェアやウイルスに侵入される可能性が高く危険です。ウイルスに感染するだけでなく、ウイルスの巣となり感染源になる可能性もあります。

パソコンでMicrosoft Wordなどを無料で編集したい場合には、他のオフィススイートを検討されることをお勧めします。

無料でMicrosoft Wordなどを編集したい場合には

インターネット環境があればMicrosoft Office Onlineを利用することができます。Microsoft Office Onlineについては、下記の記事をご覧ください。

常時インターネットに接続するのが難しい場合には、LibreOfficeなどのフリーオフィススイートもあります。LibreOfficeについては、下記の記事をご覧ください。

その他WPS Officeに関する情報

その他Office互換ソフトに関する情報






3~4つの質問で最適なOffice製品をご提案します

個人用/法人用/教育用や、一括払いや月/年払い、利用できるアプリケーション、利用できるOSがそれぞれ製品によって異なるため、分かりやすいナビをご用意しました。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top