Office Hack

Outlookのアドレス帳にデータをインポートする方法

  • by masahiro
  • Release
  • Update

エクセルで作成した住所録のデータはOutlookのアドレス帳にインポートしてお使いいただくことが可能です。その際に、インストール版とWeb版で手順が異なりますので、その点をご注意ください。

本記事では、Outlookに住所録をインポートする方法だけでなく、アドレス帳のインポートに関するトラブルについても掲載しています。こちらも一緒にご覧に頂ければ幸いです。

Outlook(インストール版)でアドレス帳をインポートする

.pstのデータ

ここでは、Outlookからエクスポートした.pstのデータをインポートする方法について説明します。

作業時間:3分

  1. .pstのデータを用意
    .pstのアイコン

    .pstのデータを用意します。これはOutlookのデータをエクスポートすることによって作成可能です。

  2. 「ファイル」タブの選択
    Outlookを開く

    Outlookを開き、【ファイル】タブを選択します。

  3. 「インポート/エクスポート」を選択
    インポート/エクスポートの選択

    ①【開く/エクスポート】タブ、②【インポート/エクスポート】の順に選択します。

  4. 「他のプログラムまたはファイルからのインポート」を選択
    他のプログラムまたはファイルからのインポート

    ①【他のプログラムまたはファイルからのインポート】を選択し、②【次へ】ボタンを押します。

  5. 「Outlook データファイル」の選択
    Outlookデータファイルを選択

    ①【Outlook データファイル】を選択し、②【次へ】ボタンを押します。

  6. 「自分がインポートしたいファイル」を参照
    次へ

    ①【自分がインポートしたいファイルを「参照」】から選択します。②【自分の好きなオプション(例:重複してもインポートする)】を選択し、③【次へ】ボタンを押します。

  7. パスワードの入力
    パスワードを入力

    ①『パスワード』を入力し、②【OK】ボタンを押します。

  8. パスワードの再入力
    パスワードを入力

    ①もう一度『パスワード』を入力し、②【OK】ボタンを押します。

  9. 「完了」ボタンを押す
    完了ボタンを押す

    【完了】ボタンを押します。

  10. 連絡先の表示
    連絡先の表示

    ここで連絡先に.pstのデータが反映されたかどうかの確認を行います。矢印が指している【連絡先】を選択すると、赤枠の連絡先が表示されます。

CSVのデータ

ここでは、エクセルのファイルをCSVファイルで保存して、Outlookのアドレス帳に連絡先をインポートする方法について説明します。

ファイルタブの選択

エクセルの住所録のデータを用意します。ここからエクセルのファイルをCSVのファイルとして保存します。

【ファイル】タブを選択します。

このPC

①【名前を付けて保存】タブ、②【このPC】の順に選択します。

保存

「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されました。①【自分が保存したい場所(例:デスクトップ)】を選択します。

②『ファイル名(例:住所一覧)』を入力し、③【CSV(コンマ区切り)】を選択し、④【保存】ボタンを押します。

Outlookの起動

①Windowsの左下の【スタート】ボタンを押し、②【Outlook】を選択します。

ファイルタブの選択

Outlookが開きました。【ファイル】タブを選択します。

インポート/エクスポートの選択

①【開く/エクスポート】、②【インポート/エクスポート】の順に選択します。

他のプログラムまたはファイルからのインポート

「インポート/エクスポート ウィザード」ダイアログボックスが表示されました。

①【他のプログラムまたはファイルからのインポート】を選択し、②【次へ】ボタンを押します。

テキストファイル カンマ区切り

「ファイルのインポート」ダイアログボックスが表示されました。

①【テキストファイル カンマ区切り】、②【次へ】ボタンを押します。

自分がインポートしたいファイルを選択

①【自分がインポートしたいファイルを「参照」】から選択します。

②【自分の好きなオプション(例:重複してもインポートする)】を選択し、③【次へ】ボタンを押します。

連絡先の選択

①【連絡先】を選択し、②【次へ】ボタンを押します。

フィールドの一致

①【赤枠のチェックマーク】、②【フィールドの一致】ボタンを押します。

フィールドを一致させる

「フィールドの一致」ダイアログボックスが表示されました。【インポート/エクスポート元】の値と【インポート/エクスポート先】のフィールドをそれぞれ【ドラッグ】して一致させます。

項目を一致させ終わったら【OK】ボタンを押します。

完了ボタンを押す

【完了】ボタンを押します。

確認

ここで連絡先にCSVのデータが反映されたかどうかの確認を行います。

矢印が指している【連絡先】を選択すると、赤枠の連絡先一覧が表示されます。

Outlook.com(Web版)でアドレス帳をインストールする

CSVのデータ

ここでは、エクセルのファイルを「CSV UTF-8」で保存して、Outlook.comのアドレス帳に連絡先をインポートする方法について説明します。

ファイルタブを選択

【ファイル】タブを選択します。

このPCを選択

①【名前を付けて保存】タブ、②【このPC】の順に選択します。

CSV UTF-8(コンマ区切り)

「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されました。①【自分が保存したい場所(例:デスクトップ)】を選択します。

②『ファイル名(例:住所録)』を入力し、③【CSV UTF-8(コンマ区切り)】を選択し、④【保存】ボタンを押します。

連絡先をインポート

保存が終わったら、Outlook.comにログインします。①【連絡先】、②【管理】、③【連絡先をインポート】の順に選択します。

※連絡先を未入力の方は【連絡先をインポート】を押してもOKです。

Outlook.comにログインしたい方はこちら
参照

【参照】ボタンを押します。

住所録を開く

「開く」ダイアログボックスが表示されました。

①【自分がファイルを保存した場所(例:デスクトップ)】、②【ファイル名(例:住所録)】の順に選択し、③【開く】ボタンを押します。

インポート

①ファイル名が入力されたことを確認し、②【インポート】ボタンを押します。

OK、続行します

【OK、続行します】ボタンを押します。

閉じる

【閉じる】ボタンを押します。

インポート完了

Outlookのオンラインの画面に戻りました。CSVのデータが無事インポートされました。

アドレス帳のインポートに関するトラブル

Outlook.com(Web版)では.pstをインポートできない

Outlook.com(Web版)では、Outlookでエクスポートした.pstのファイルはインポートできません。

.pstのファイルはOutlookのインストール版でインポートするようにしましょう。

エラーが発生する

変換エラーが発生

インポートしようとするファイルが開いたままの状態でインポートしようとするなどすると、上の図のようなエラーメッセージが出ることがあります。

その場合は、ファイルを上書き保存して閉じてください。

おすすめの商品をご紹介

その他、アドレス帳の使い方と様々な編集方法

アドレス帳の使い方

連絡先追加

グループ分け

アドレス帳の編集

エクスポート

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

Page Top