Office Hack

Outlookの初期設定を行う方法(Windows 10の場合)

  • Release
  • Update

「Outlookを立ち上げたけど、最初にメールアドレスをどうやって登録するのか分からない」とお困りの方は多いでしょう。

本記事では、Outlookの初期設定を行う方法について説明します。初期設定の作業は簡単ですので、あまり難しく考えずに以下を参考にしてください。

Outlookで初期設定を行う方法(Windows 10)

Outlookで初期設定を行う方法については、次のとおりです。

作業時間:5分

  1. Outlookの選択

    Outlook

    Windows 10を開きます。①【スタート】、②【Outlook】の順に選択します。

  2. ファイルタブの選択

    ファイルタブ

    【ファイル】タブを選択します。

  3. アカウントの追加ボタンを押す

    アカウントの追加

    ①【情報】タブを選択し、②【アカウントの追加】ボタンを押します。

  4. Outlookメールアドレスの入力と接続

    メールアドレスの入力

    「Outlook」ダイアログボックスが表示されました。①『Outlookのメールアドレス』を入力し、②【接続】ボタンを押します。

  5. 詳細設定から選択

    Microsoft 365

    ここでは、【Microsoft 365】を選択します。Microsoft 365をお持ちでない方は、別の項目を選択してお進みください。

  6. 完了ボタンを押す

    完了

    「アカウントが正常に追加されました」が表示されました。【完了】ボタンを押します。

  7. 閉じるボタンを押す

    閉じる

    【閉じる】ボタンを押します。

  8. Outlookの再起動

    Outlook

    ①【スタート】、②【Outlook】の順に選択してOutlookを再起動します。

  9. 接続したOutlookメールアドレスの表示

    開く

    先ほど接続したOutlookメールアドレスが表示されました。

Outlookでメールのフォントを初期設定にする方法

「フォントを色々変更したけれど、初期のフォントに設定したい」という方がいらっしゃいます。しかし、2021年2月16日現在、Outlookにはボタン1つでフォントを初期設定にする機能はありません。

初期のフォントに直したいと思う方は、以下をご覧ください。

ファイルタブ

【ファイル】タブを選択します。

オプションタブ

【オプション】タブを選択します。

ひな形およびフォント

「Outlookのオプション」ダイアログボックスが表示されました。

①【メール】タブ、②【ひな形およびフォント】ボタンを押します。

文字書式

「署名とひな形」ダイアログボックスが表示されました。

「新しい書式」の【文字書式】ボタンを押します。

フォントの初期設定

「フォント」ダイアログボックスが表示されました。

上図が初期状態になりますので、この通りに手動でお直しください。

このページを見ている人におすすめの商品

Outlookにメールアドレスを追加する方法

Outlookにメールアドレスを追加して複数のアカウントを管理したい場合は、以下の記事をご覧ください。

[Outlook 基本操作]の関連記事

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top