• 公開日:

Macbookでパワーポイントを無料で使う方法

Macbookを使ってプレゼン資料を作成する場合、一般的にはMicrosoft Officeのパッケージ版(複数のアプリがセットになっている製品)を購入することが多いです。

しかし、費用負担なく無料でパワーポイントを利用することができます。

この記事では、Macbookでパワーポイントを無料で使う方法をご紹介します。

Macbookでパワーポイントを無料で使うには?

Macbookでパワーポイントを無料で使うには、以下の3つの方法があります。

  • PowerPoint Onlineを使う
  • 体験版Microsoft 365を使う
  • 代わりのプレゼンソフトを使う

Microsoft 365の無料体験版や代わりのプレゼンソフトを使って無料でパワーポイントを利用できますが、PowerPoint OnlineはWebブラウザ上で簡単に使えるので特におすすめです。

以下でそれぞれについて詳しく説明しています。

Macbookでパワーポイントを無料で使う方法

Macbookでパワーポイントを無料で使う方法の1つとして、PowerPoint Onlineを利用する方法があります。ここでは、MacbookでPowerPoint Onlineを使う方法をご紹介します。なお、利用するにはMicrosoftのアカウントとインターネット接続が必要になります。

作業時間:2分

PowerPoint Onlineにアクセスする

PowerPoint Onlineにアクセスする

ブラウザ(例:Google Chrome)でPowerPoint Onlineを開きます(上記「Macbookでパワーポイントを無料で使うには?」セクションに記載のURLをクリック)。「サインイン」ボタンを押します

メールアドレスを入力する

メールアドレスを入力する

「Microsoftアカウントのサインイン」ダイアログボックスが表示されました。①Microsoftアカウントのメールアドレスまたは電話番号を入力し、②「次へ」ボタンを押します

パスワードを入力する

パスワードを入力する

「Microsoftアカウントのパスワードの入力」ダイアログボックスが表示されました。①Microsoftアカウントのパスワードを入力し、②「サインイン」ボタンを押します

「はい」ボタンを選択する

「はい」ボタンを選択する

「サインインの状態を維持しますか?」と表示されます。ここでは「はい」ボタンを押します

PowerPointを開く

PowerPointを開く

サインインが完了しました。①PowerPointを選択した後、②空白のプレゼンテーションを選択します。

PowerPointが開いた

PowerPointが開いた

新しいプレゼンテーションが表示されました。

詳しいPowerPoint Onlineの使い方については、以下の記事をご参照ください。

無料のPowerPoint Online(パワーポイントオンライン)の使い方

体験版Microsoft 365を使う

Macbookでパワーポイントを無料で使う方法の1つとして、Microsoft 365の無料体験版を利用する方法があります。

Microsoft 365では、WordやExcel、PowerPointなどのOffice機能を1ヶ月間無料でお試しいただくことができます。期間終了後は有料プランに移行するか、支払いの無いまま解約することができます。

MacにMicrosoft 365の無料体験版をインストールする方法については、以下の記事の「Microsoft 365 for Macのインストール方法」セクションを参照してください。

MacでMicrosoft 365を使うには?(評判からインストールまで)

代わりのプレゼンソフトを使う

Macbookでパワーポイントを無料で使う方法の1つとして、PowerPointの代わりになるプレゼンテーションソフトを利用する方法があります。

以下のソフトで代用できます。

  • Googleスライド
  • Libre Office
  • Open Office
  • Keynote

以下の記事の「PowerPointの代わりに無料のプレゼンテーションソフトを使う」セクションで、それぞれについて詳しく解説しています。

使い方やメリット・デメリットも説明しているので、PowerPointの代替ソフトを選ぶ際の参考にしてください。

無料でPowerPointやプレゼンソフトをダウンロード(7選)