無料版Teamsの時間制限なしはいつまで?

  • Release
  • Update

リモートワークやオンライン授業の需要が高まる中、ビデオ会議やビデオ通話ができるMicrosoft社の「Teams」が注目されています。

この記事では、無料版Teamsの時間制限なしの期間はいつまでなのかについてご紹介します。

Teamsの無料版で会議や通話時間が無制限に利用できていた期間について詳しく紹介しています。

無料版Teamsの時間制限なしはいつまで?

Microsoft公式には、無料版Teamsの時間制限なしの期間について公表されていません。

おそらく、2023年4月12日まで会議や通話の時間は制限なく利用できていたと考えられます。

なぜなら、Teamsの無料版(クラシック)は2023年4月12日にサービスを終了したからです。

以前の無料版(クラシック)では会議や通話時間は無制限でしたが、新しい無料版では時間制限が設けられています。

後述の「Teamsの新しい無料版でできること」セクションでは、新しい無料版の時間制限について説明しています。

無料版Teamsの時間制限なしの措置について

以前のTeamsの無料版(クラシック)では時間制限なしで会議や通話が可能でした。

これは、新型コロナウイルスに対応するためにTeamsがとった措置です。

無料版クラシックの時間制限なしの措置

Microsoft公式の無料版(クラシック)で会議を始めるという案内では「COVID-19に対応するために、現在、会議の時間や人数に制限をもうけていません。」と明記しています。

いつまでかは公表されていませんが、しばらくは無制限で利用できていたようです。

他サイトによると、2022年8月2日時点では9時間以上会議がつながっていたのことです。

Teamsの新しい無料版の時間制限

Teamsの新しい無料版の制限時間について、一般法人向けと家庭向けをそれぞれご紹介します。

一般法人向けの時間制限

一般法人向けでは1対1の会議は30時間まで、グループ会議は60分までとなっています。

家庭向けの時間制限

家庭向け(個人用)でもグループ会議は60分までととなっています。

会議の時間だけでなく、会議に参加できる人数にも変更があります。

以下の記事の「無料版(クラッシック)と新しい無料版の違い」セクションでは無料版(クラッシック)と新しい無料版の変更点・違いについて詳しく説明しています。

Teamsの無料版終了(廃止)はいつまで?

問題は解決できましたか?

記事を読んでも問題が解決できなかった場合は、無料でAIに質問することができます。回答の精度は高めなので試してみましょう。

  • 質問例1 ExcelのIF関数で複数条件に対応する方法を教えて
  • 質問例2 Microsoft 365でできることを教えて
あなた

あと100文字

コメント

この記事へのコメントをお寄せ下さい。

0 コメント
すべてのコメントを表示

ショートカットキーのPDFやエクセルなどのテンプレートが登録なし・無料でダウンロードできます。

キーワードで記事を探す: 記事数