Office Hack

Windows 10でユーザーアカウントを追加する方法

  • Release
  • Update

「ユーザーアカウントを追加したい」、「ユーザー権限を管理者にしたい」と思う方は多いでしょう。本記事では、Windows 10でユーザーアカウントを追加する方法について説明します。

複数のユーザーアカウントを適切に管理し、上手に使用しましょう。

ユーザーアカウントの追加方法

「ログインする際のユーザーを追加したい」などと思う方はいらっしゃいませんか?

以下のセクションでは、Winodws 10(Win10)で行う様々なユーザーの追加方法について説明します。本PCはWindows 10 Homeを使用しています。

Microsoftユーザーアカウントを追加する

設定ダイアログボックスを使う

Windows 10のPCにMicrosoftアカウントを新たに追加して、そのアカウントに切り替えてログインできます。

下記では、Windows 10のPCにMicrosoftアカウントを新たに追加する方法について説明します。

設定

Windows 10を開きます。①【スタート】、②【設定】の順に選択します。

アカウント

「設定」ダイアログボックスが表示されました。【アカウント】を選択します。

その他のユーザーをこのPCに追加

①【家族とその他のユーザー】タブ、②【その他のユーザーをこのPCに追加】の順に選択します。

アカウントの追加

「Microsoft アカウント」ダイアログボックスが表示されました。

①『新しく追加したいMicrosoftアカウント』を入力し、②【次へ】ボタンを押します。

完了ボタン

「準備が整いました」が表示されました。【完了】ボタンを押します。

Microsoftアカウントの追加

追加したMicrosoftアカウントのユーザーが表示されました。

PCを再起動すると、ログイン/サインイン画面で新しく追加したMicrosoftユーザーアカウントに切り替えて使用することができます。

netplwizのコマンドを使う

「設定ダイアログボックスでMicrosoftアカウントが追加できない」という方は、ショートカットを使って「netplwiz」のコマンドを試してみてください。

Windows 10を開きます。Windows+Rを押します。

netplwiz

「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスが表示されました。

①「テキストボックス」に『netplwiz』を入力し、②【OK】ボタンを押します。

追加

「ユーザー アカウント」ダイアログボックスが表示されました。

①【ユーザー】タブを選択し、②【追加】ボタンを押します。

メールアドレスの入力

「このユーザーのサインイン方法」画面が表示されました。

①『Microsoftアカウント』を入力し、②【次へ】ボタンを押します。

完了

「ユーザーの追加」画面が表示されました。【完了】ボタンを押します。

Microsoftアカウントの追加

「このコンピューターのユーザー」を見ると、Microsoftのアカウントが新たに追加されたことが分かります。

ローカルアカウントを追加する

ローカルアカウントはWindowsを使用するためのアカウントであり、アカウントを作成したコンピューターでのみ使用できます。

Microsoftアカウントとは異なり、インターネットに接続せずにアカウントを作成できることが特徴です。下記では、このローカルアカウントを追加する2つの方法について説明します。

設定ダイアログボックスを使う

このセクションでは、「設定」からローカルアカウントを作成する方法について説明します。

設定

Windows 10を開きます。①【スタート】、②【設定】の順に選択します。

アカウント

「設定」ダイアログボックスが表示されました。【アカウント】を選択します。

その他のユーザーをこのPCに追加

①【家族とその他のユーザー】タブ、②【その他のユーザーをこのPCに追加】の順に選択します。

このユーザーのサインイン情報がありません

「Microsoft アカウント」ダイアログボックスが表示されました。

【このユーザーのサインイン情報がありません】を選択します。

Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する

【Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する】を選択します。

ローカルアカウント情報の入力

①『ユーザー名』、②『パスワード』、③『確認用のパスワード』をそれぞれ入力します。

④『パスワードを忘れた場合の各項目』を入力し、⑤【次へ】ボタンを押します。

ローカルアカウントの追加完了

「officehack(ユーザー名)」のローカルアカウントが追加されました。

netplwizのコマンドを使う

「設定ダイアログボックスでローカルアカウントが追加できない」という方は、ショートカットを使って「netplwiz」のコマンドを試してみてください。

Windows 10を開きます。Windows+Rを押します。

netplwiz

「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスが表示されました。

①「テキストボックス」に『netplwiz』を入力し、②【OK】ボタンを押します。

追加

「ユーザー アカウント」ダイアログボックスが表示されました。

①【ユーザー】タブを選択し、②【追加】ボタンを押します。

Microsoftアカウントを使わずにサインインする(お勧めしません)

「このユーザーのサインイン方法」の画面が表示されました。

【Microsoftアカウントを使わずにサインインする(お勧めしません)】を選択します。

ローカルアカウント

「ユーザーの追加」の画面が表示されました。【ローカルアカウント】を選択します。

次へ

①『ユーザー名(例:officehack2020)』、②『パスワード』、③『パスワードの確認入力』をそれぞれ入力します。

④『パスワードのヒント(例:環境問題)』を入力し、⑤【次へ】ボタンを押します。

完了

【完了】ボタンを押します。

ローカルアカウントの追加

ローカルアカウント(例:officehack2020)が追加されました。

コマンドプロンプトを使う

このセクションでは、コマンドでローカルアカウントを作成する方法について説明します。

なお、コマンドプロンプトではMicrosoftユーザーアカウント追加はできませんのでご注意ください。

管理者として実行

Windows 10を開きます。

①「ここに入力して検索」に『cmd』を入力し、②【管理者として実行】を選択します。

net user officehack2020 /add

「管理者:コマンド プロンプト」ダイアログボックスが表示されました。

①『net user ユーザー名 /add』(ユーザー名の例:officehack2020)を入力し、②Enterを押します。

追加完了

「コマンドは正常に終了しました」のメッセージが表示されました。

ローカルアカウントの追加

実際にコマンドプロンプトで作成したローカルアカウントが追加されているかどうかを確認しましょう。上記の「設定ダイアログボックスを使う」のセクションを参考にして「家族とその他のユーザー」タブを開いてみましょう。

「officehack2020 ローカルアカウント」という表示が確認できます。ローカルアカウントが追加されたことが分かります。

ユーザーアカウント追加に関する様々な設定

ユーザー権限を管理者に変更する

ユーザーアカウントを追加すると、標準ユーザーと管理者の権限を切り替えることができるようになります。

管理者はすべてのWindows操作を実行できます。一方で、標準ユーザーはプログラムのインストール、アンインストール、セキュリティに関連する重要な設定の変更を制限されています。

下記では、ユーザー権限を標準ユーザーから管理者に変更する方法について説明します。

設定

Windows 10を開きます。

①【スタート】、②【設定】の順に選択します。

アカウント

「設定」ダイアログボックスが表示されました。【アカウント】を選択します。

管理者の確認

【ユーザーの情報】タブを選択し、現在のユーザー権限が「管理者」であることを確認します。

アカウントの種類の変更

①【家族とその他のユーザー】タブを選択します。②【変更したいユーザーアカウント(例:officehack)】を選択し、③【アカウントの種類の変更】ボタンを押します。

管理者

「アカウントの種類の変更」ダイアログボックスが表示されました。

①【「アカウントの種類」を「管理者」】に変更し、②【OK】ボタンを押します。

管理者にユーザー権限を変更

「officehack」が標準ユーザーから管理者に変更されました。

リモートデスクトップ接続許可に関する設定

GoogleのユーザーアカウントやMicrosoftのユーザーアカウントを使ってリモートデスクトップの接続許可を行うこともできます。詳しくは以下の記事をご覧ください。

このページを見ている人におすすめの商品

その他Windowsのユーザーに関する情報




よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top