• 公開日:
  • 更新日:

Windows 10でマイクを認識しない/マイクが反応しない時の対処方法

Windows 10のパソコンにマイクを接続して使用しようとしても、パソコンがマイクを認識せず、無音になってしまう場合があります。

本記事では、Windows 10でマイクを認識しない(マイクが反応しない)時の原因および対処法について説明します。パソコンのマイクに関するお悩みをここで解決しましょう。

Windows 10でマイクを認識しない時の原因

Windows 10でマイクを認識しない(反応しない)時は、以下の原因が考えられます。

  • マイクがミュートになっている
  • マイクとパソコンの間で接続不良がある
  • Windowsの設定に問題がある
  • マイクを使用するソフトウェアの設定にミスがある
  • デバイスドライバーに不具合がある
  • マイク機器に故障がある

マイクを認識しない時の対処方法については、以下のセクションをご覧ください。

マイクを認識しない時の対処方法

Windows 10でマイクを認識しない時の対処方法は、以下のとおりです。

マイクのミュートスイッチをオフする

多くのマイクには、ミュートに切り替えるためのスイッチがあります。 そのため、マイクのミュートスイッチをオンにすると、マイクで音を認識できなくなります。

まずマイク側のスイッチを確認し、ミュートになっていないことを確認してください。

マイクとパソコン間の接続を確認して修正する

マイクとパソコン間の接続に誤りがあると、パソコンがマイクを認識しません。その場合、以下の2点を確認してください。

  • マイクのプラグがマイク入力端子に正しく挿入されていることを確認する
  • マイクのプラグがしっかりと端子の奥まで挿入されていることを確認する

上記2点が確認できたら、パソコンがマイクを認識するかどうかを点検してください。

別の端子を接続する

パソコンの中には、マイク接続端子が複数存在している場合もあります。

マイク接続端子の1つに不具合がある場合は、他のマイク接続端子にプラグを挿入してみましょう。症状が改善することがあります。

USB接続のマイクを利用する

パソコンのマイク入力端子が全て故障している場合、USB接続のマイクを利用することで症状が改善される場合があります。

急な故障の事態に備えて、USB接続のマイクを別に準備しておくことをお勧めします。

PR

Faunow マイク コンデンサーマイク USBマイク 単一指向性 PCマイク ミュートボタン付き ノイズ軽減 マイクスタンド付き LED指示ライト 音量調節 ゲーム実況 Skype 在宅勤務 YOUTUBE 生放送 Windows/Mac/PS4対応

Faunow マイク コンデンサーマイク USBマイク 単一指向性 PCマイク ミュートボタン付き ノイズ軽減 マイクスタンド付き LED指示ライト 音量調節 ゲーム実況 Skype 在宅勤務 YOUTUBE 生放送 Windows/Mac/PS4対応

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

マイクの許可設定を確認する

マイクの接続状態に問題がない場合は、Windows側のマイク許可設定を確認しましょう。

マイク入力が特定のアプリケーションにのみ応答しない場合は、Windowsのマイク許可設定に問題がある可能性があります。

設定

Windows 10を開きます。

①「スタート」を【右クリック】し、②【設定】を選択します。

プライバシー

「設定」ダイアログボックスが表示されました。

【プライバシー】を選択します。

マイクの使用を許可

①【マイク】タブを選択し、②「アプリがマイクにアクセスできるようにする」を【オン】の状態にします。

使いたいマイクのみオン

①画面右側のスライダーを下に【スクロール】し、②マイクを使いたいアプリのみ【オン】の状態にします。

ここまでの作業が終わったら、オンの状態にしたアプリを開き、パソコンがマイクを認識するかどうかの確認をしてみてください。

マイクの入力レベルを最大にする

マイクの入力レベル設定が低いために、マイクが認識していないように見える場合があります。

その場合、入力レベル(マイク)の設定を確認し、試しに最大レベルまで上げてみましょう。

ただし、ビデオ会議などを行っていない時に試されることをおすすめします。

サウンドの設定を開く

Windows 10を開きます。

①画面右下のタスクバーに「スピーカー:ミュート」があるのでこれを【右クリック】し、②【サウンドの設定を開く】を選択します。

プロパティ

「設定」ダイアログボックスが表示されました。

①【サウンド】タブ、②【デバイスのプロパティ】の順に選択します。

ボリュームを100

「デバイスのプロパティ」が表示されました。

①「無効にする」のチェックマークが【外れた状態】にし、②ボリュームのスライダーを「100」まで【スライド】させて完了です。

パソコンがマイクを認識するかどうか確認してみてください。

推奨されるトラブルシューティング ツールの確認をする

パソコンとの接続状態や機器の選択に問題がない場合は、Windowsのシステムにトラブルが起きているかもしれません。

システムの問題があればトラブルシューティング ツールで修正できる場合があるので、要修正かどうかを一度ご確認ください。

設定

Windows 10を開きます。

①「スタート」を【右クリック】し、②【設定】を選択します。

更新とセキュリティ

「設定」ダイアログボックスが表示されました。

【更新とセキュリティ】を選択します。

トラブルシューティングタブ

【トラブルシューティング】タブを選択します。

画面右側を見ると「現在、推奨されるトラブルシューティング ツールはありません」が表示されているので、ここではトラブルシューティング ツールを実行しなくて良いことが確認できました。

もし、「トラブルシューティングの実行」ボタンが表示されたら、このボタンを押してトラブルシューティングを実行してください。

マイクのデバイスドライバーをアップデートする

マイクのデバイスドライバーに問題があると、マイクの入力が正しく認識されない可能性があります。

マイクのデバイスドライバーに関する問題は、ドライバーを更新することで修正される場合があります。

デバイス マネージャー

Windows 10を開きます。

①「スタート」を【右クリック】し、②【デバイス マネージャー】を選択します。

ドライバーの更新

「デバイス マネージャー」ダイアログボックスが表示されました。

①「オーディオの入力および出力」の【v】を選択します。②「マイクのデバイス名(例:ヘッドホン(Realtek High Definition Audio(SST))」を【右クリック】し、③【ドライバーの更新】を選択します。

ドライバーを自動的に検索

「ドライバーの更新 - ヘッドホン(Realtek High Definition Audio(SST))」ダイアログボックスが表示されました。

【ドライバーを自動的に検索】を選択します。

最新のドライバーがインストール済

「このデバイスに最適なドライバーが既にインストールされています」が表示されていますので、今回はデバイスドライバーのアップデートはされませんでした。

新しいドライバーがまだインストールされていない場合は、アップデートは自動的に実行されます。

マイクのデバイスドライバーを再インストールする

デバイスドライバーを更新しても問題が解決しない場合は、ドライバーを再インストールすることをおすすめします。

デバイスドライバーが原因である場合は、再インストールすることで修正できることがあります。

右クリック

Windows 10を開きます。

①「スタート」を【右クリック】し、②【デバイス マネージャー】を選択します。

デバイスのアンインストール

「デバイス マネージャー」ダイアログボックスが表示されました。

①「オーディオの入力および出力」の【v】を選択します。②「マイクのデバイス名(例:ヘッドホン(Realtek High Definition Audio(SST))」を【右クリック】し、③【デバイスのアンインストール】を選択します。

アンインストールボタン

「デバイスのアンインストール」ダイアログボックスが表示されました。

【アンインストール】ボタンを押します。

ヘッドホンがアンインストール

「ヘッドホン(Realtek High Definition Audio(SST)」がアンインストールされました。

【×】ボタンを押して閉じます。

再起動

ここでパソコンの再起動を行います。

①【スタート】、②【電源】、③【再起動】の順に選択します。

デバイス マネージャー

再起動が終わりました。

①「スタート」を【右クリック】し、②【デバイス マネージャー】を選択します。

ヘッドホンが復活

「デバイス マネージャー」ダイアログボックスが表示されました。

「ヘッドホン(Realtek High Definition Audio(SST)」が表示されていますので、再インストールに成功したことが分かります。

マイクを購入する

上記の解決策を試してもパソコンがマイクを認識しない場合は、マイクが故障しているかもしれません。

修理を依頼する方法もありますが、新たにマイクを購入する選択肢もあります。

マイクの主な種類と特徴を以下に紹介しますので、ご購入の際はご検討ください。

スタンド型

スタンド型のマイクは、ZoomなどのWeb会議を行う際によく使用されています。

頭部に載せるヘッドホンや、耳に密着させるイヤホンが煩わしいと感じる方に適しています。

パソコン マイク usb 卓上 pc 単一指向性 ドライバ不要 フレキシブル 小型

パソコン マイク usb 卓上 pc 単一指向性 ドライバ不要 フレキシブル 小型

フラット型

多くの人がSkypeやLINEの音声通話にフラット型マイクを使用しています。

ノートパソコン内蔵マイクで通す声は良くなかったけれども、フラット型マイクに切り替えることで「音声が良くなった」というレビューがたくさんあります。

PCマイク iGOKU パソコンマイク フラット型 集音マイク 3.5mmステレオミニプラグ 無(全)指向性 Web会議・ビデオ会議・テレワーク・オンライン会議・在宅 会議用システム・通信講座・ビデオチャット・VoIP通話やWindows Liveメッセンジャー・Skype通話などに対応

PCマイク iGOKU パソコンマイク フラット型 集音マイク 3.5mmステレオミニプラグ 無(全)指向性 Web会議・ビデオ会議・テレワーク・オンライン会議・在宅 会議用システム・通信講座・ビデオチャット・VoIP通話やWindows Liveメッセンジャー・Skype通話などに対応

クリップ型

ヘッドホンをしてヘアスタイルを乱したくない、イヤホンでも長時間の装着がきついという方もいらっしゃるでしょう。

クリップマイクをネクタイに取り付けると、フリーハンドのまま音を拾うことができるので便利です。

エレコム コンデンサーマイク 3.5mm接続 パソコンマイク クリップ付 1.6m HS-MC06BK

エレコム コンデンサーマイク 3.5mm接続 パソコンマイク クリップ付 1.6m HS-MC06BK

イヤホン型

イヤホン型のマイクは軽くて持ち運びがしやすいです。

パソコンを外に持ち出して使用する方は、コンパクトなケースに入れられるイヤホン型マイクがおすすめです。

ソニー(SONY) イヤホン MDR-EX15AP : カナル型 リモコン・マイク付き ホワイト MDR-EX15AP W

ソニー(SONY) イヤホン MDR-EX15AP : カナル型 リモコン・マイク付き ホワイト MDR-EX15AP W

ヘッドホン型

イヤホンと比べ、ヘッドホンは音の表現がやや空間を感じやすいとよく言われます。

オンラインでトークを行う際、相手から聞こえる声の音質にこだわる方にはヘッドホンをお勧めします。

EKSA 業務用 ワイヤレスヘッドセット Bluetooth 片耳 USBドングル付属 通話ノイズリダクション 単一指向性 マイク搭載 オフィス用 超軽量 最大45時間使用 充電スタンド付き ハンズフリー 通話 web会議用 コールセンター パソコン用 スマートフォン/PC/タブレット対応

EKSA 業務用 ワイヤレスヘッドセット Bluetooth 片耳 USBドングル付属 通話ノイズリダクション 単一指向性 マイク搭載 オフィス用 超軽量 最大45時間使用 充電スタンド付き ハンズフリー 通話 web会議用 コールセンター パソコン用 スマートフォン/PC/タブレット対応

それでもマイクを認識しない時は?

それでもパソコンがマイクを認識しない時は、Microsoft コミュニティでご相談することができます。

外付けマイクをお使いの方は、マイクを扱うメーカーに問い合わせてみると良いでしょう。