Office Hack

Windows 10 Proとは?ライセンスの購入価格や機能など情報まとめ

  • by kenji
  • Release
  • Update

MicrosoftのOS、Windows 10を選ぶときにHomeやPro(professional用)などのエディションがありますがどちらにした方がいいのか迷われる方も多いと思います。

この記事ではWindows 10 Proについて購入方法や価格、HomeとProとの違いやProに関するその他製品をまとめました。

Windows 7のサポートが終了したのでアップグレードしたい人のためにすぐに購入できるリンクも用意しています。ご活用ください。

Windows 10 Proとは?

Windows 10 Proとは、プロフェッショナルユーザーに向けたエディションとなっております。もちろん個人としても、そしてビジネスとしても利用できます。

Windows 10には32bitと64bitの2種類があります。まずはその違いを説明します。

32bit版と64bit版の違い

まずbitという単位は、コンピューターが扱うデータの単位のことを言います。よく聞くKB(キロバイト)やMB(メガバイト)の「バイト」という単位がありますが、さらに小さい単位となります。1byte(バイト)=8bit(ビット)です。

32bit版か64bit版はCPUによって決定されます。

Windows 10の場合は32bit版か64bit版のどちらをインストールするか選べるようになっていますが、どのような違いがあるのでしょうか?

32bit 64bit
最低限の動作保証のメモリ 1GB 2GB
認識する最大のメモリ 上限4GB 上限2TB
※10 Proの場合
ストレージ 上限2TB なし
処理速度 2の32乗(遅い) 2の64乗(速い)

特に注目すべき点は、「認識する最大のメモリ」に大きな差異があるということです。Proを考えている方は、メモリを使う重めの作業が発生する方が多いと思いますので、64bitを選択するのがおすすめです。

32bitから64bitにアップグレードを考えてる方は、64bit版のWindowsでは対応していないソフトやドライバがありますので、慎重に行う必要があります。

現在のbit数を確認する方法は以下の記事をご確認ください。

Windows 10 Pro(日本語版)の購入方法と価格

Windows 10 Proを購入するには、主に3つの方法がありますのでご説明します。価格については各ストア先でご確認ください。

オンラインコード版

オンラインコード版とは、ストアで購入後にオンラインコード(プロダクトキー)が発行され、そのコードを入力することによりライセンスが付与される仕組みです。

購入後すぐに利用できる点がメリットということと、物がない分パッケージ版よりもたいてい安くなっております。

パッケージ版

パッケージ版とは、ストアで購入後に箱(パッケージ)が発送される方法です。箱の中身にはメディア:USBメモリスティックが入っており、USBメモリからインストールできる方式です。

メリットは箱が届くので買った感があることですが、デメリットは届くまでに時間がかかるのと、オンラインコード版より値段が少し高くなります。

DSP版

DSP版とは、パソコン内部へ組み込み可能な「ハードウェアとのセット」で購入する方法です。

DSP版のライセンス条件として、セットで購入したハードウェアを組み込んだPCに対してのみインストールが可能です。OSとパーツの抱き合わせ販売のようなものです。

Windows 10 ProのISOファイルをダウンロードする

Windows 10を新たにインストールしたり、再インストールしたりする際に、USBメモリやDVDディスクに書き込んだISOファイルがあれば、そこからインストールが行えます。

メディアを作成する場合は、8GB以上の空き領域がある空のUSBメモリーまたは空のDVDを用意ください。

ISOファイルをダウンロードする

Windows 10 Proでリモートデスクトップをするには

後ほど公開します。

Windows 10 ProとHomeの違い

Windows 10にはビジネス用の「Pro」と一般家庭用の「Home」の2種類のエディションがあります。

以下の記事ではWindows 10 ProとWindows 10 Homeを価格、機能、拡張性に分けて違いを分かりやすく説明しています。

Windows 10 HomeからProにアップグレードする

Windows 10 HomeからWindows 10 Proにアップグレードすると、リモートデスクトップや仮想環境を使用できるなど役立つ機能が追加されます。

Microsoft Storeでアップグレードを購入するか、Windows 10 Proのプロダクトキーを用意する必要があります。

以下の記事ではWindows 10 HomeからProにアップグレードする2通りの方法とアップグレード価格をご紹介しています。アップグレードする際に参考ください。

その他の製品について

Windows 10には「Windows 10 Pro」や「Windows 10 Home」の他にも様々なエディションが用意されています。

その中から「Windows 10 Pro for Workstations」「Windows 10 Enterprise」「Windows 10 Pro for Education」の概要をご紹介します。

Windows 10 Pro for Workstationsとは?

Windows 10 Pro for Workstationsについて価格や機能を以下の記事でまとめています。

Windows 10 ProとWindws 10 Enterpriseの違い

「Windows 10 Pro」と「Windows 10 Enterprise」は同じWindows 10ですが、Windows 10 Enterpriseの方がより高度なセキュリティと管理が利用できます。

Windows 10 ProとWindows 10 Enterpriseには以下のような機能の違いがあります。

機能名 機能概要 Windows 10
Pro
Windws 10
Enterprise
Microsoft Edge 作業をより迅速かつ安全に行うためのブラウザ
Cortana インテリジェントなアシスタント
Windows Hello for Business WindowsとAzureにパスワードなしでサインイン
BitLocker/BitLocker to Go デバイスの紛失または盗難時に、不正なアクセスから情報を保護
Windows Information Protection 情報を偶発的または意図的なデータ漏洩から保護
Windows Defender Credential Guard 仮想化ベースのセキュリティで機密を隔離
Windows Defender System Guard デバイスのファームウェアベースの構成要素とデバイス構成を保護
Windows Update for Business 最新の状態を保持
モバイルデバイス管理(MDM) デバイス管理の安全で統一された方法
モバイル アプリケーション管理(MAM) 個人のデバイスを使って仕事用のアプリやコンテンツにアクセス
永続性メモリ 不揮発性メモリ モジュール (NVDIMM-N)
SMB ダイレクト RDMA搭載のネットワークアダプタをサポート
Windows Defender Application Guard オンラインで遭遇するマルウェアやハッキングの脅威を防ぐ
Windows Defender Application Control マルウェアや信頼できないアプリをブロック
ユーザー エクスペリエンスの管理 Microsoft Storeへのアクセスやスタートメニューなどの管理

Windows 10 Enterpriseはボリュームライセンスのみで提供されています。詳しくはマイクロソフト公式でご確認いただけます。

Windows 10 Pro for Educationについて

Windows 10 Pro for EducationはWindows 10 Proをベースにした教育機関向けのエディションです。Windows 10 Enterpriseと同じ機能となっています。

Windows 10 Pro for EducationがプリインストールされたPCを購入するか、Windows 10 Proからアップグレードすることで利用することができます。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

Page Top