Office Hack

Windows 10の付箋アプリ(Sticky Notes)の使い方

  • Release

デスクトップ画面にペタペタ付箋が貼ることのできるフリーソフト、「付箋」についてご説明します。

一時的に覚えておくことがある場合は、メモを素早く保存できるので付箋のアプリが便利です。

付箋がない!消えた?と思ったら

「付箋」のアプリが探してもない!と思ったら、「Sticky Notes」という名前で保存されているかもしれません。

過去のWindows 10のアップデートで、もともと付箋というアプリ名だったものが、Sticky Notesに変更されました。※現在ではまた付箋に戻っております

左下の検索ボックスに「Sticky」と打つと出てくるかもしれません。それでも見つからない場合は、以下のSticky Notesインストール方法をご確認下さい。

Sticky Notes(付箋アプリ)のインストール

2種類のインストール方法をご説明します。

Microsoft Storeのアプリからインストール

Microsoft Storeを選択

まずは、左下の検索ボックスに①『store』と入力し、②【Microsoft Store】を選択しましょう。

Sticky Notesを検索

「Microsoft Store」アプリが立ち上がりますので、右上の検索ボックスに①『sti』と入力すればSticky Notesがリストアップされますので、②【Microsoft Sticky Notes】を選択しましょう。

Sticky Notesを入手

Microsoft Sticky Notesの入手画面に遷移しました。まずは、すでにインストール済みか確認しましょう。インストールされていない場合は、【入手】ボタンを押してインストールをして下さい。

Webサイトからインストール

2つ目の方法は、Webサイトからインストールする方法です。こちらの方法では、現在インストール済みか確認はできないです。

Webサイトからインストールしたい場合は、以下のリンクをご確認下さい。
Microsoft Sticky Notes を入手

付箋アプリの使い方

ショートカットキーを使う

ショートカットキーを一つでも覚えて、効率化しましょう。

付箋に対する操作
説明文 キー
付箋の新規作成 Ctrl+N
付箋の削除 Ctrl+D
次の付箋へ移動 Ctrl+Tab
前の付箋へ移動 Ctrl+Shift+Tab
文字に対する操作
説明文 キー
太字 Ctrl+B
斜体 Ctrl+I
下線 Ctrl+U
取り消し線 Ctrl+T
その他
説明文 キー
箇条書き Ctrl+Shift+L

文字サイズを変更する

文字サイズを変更するショートカットキーは以下となりますが、Sticky Notesに名前が変更になってからは、文字サイズの変更ができなくなりました。

また、Sticky Notesから付箋に名前が変わった現在でも、文字サイズを変更することはできなくなっております。

説明文 キー
文字サイズ拡大 Ctrl+Shift+>
文字サイズ縮小 Ctrl+Shift+<

付箋の色を変更する

黄色い付箋

付箋自体の色を変更するには、右上の【・・・】を押します。

付箋の色変更

色が7色用意されておりますので好きな色を選びましょう。ここでは【ピンク】を選択しました。

ピンクの付箋

付箋の色が変更になりました。

文字色は変更できる?

文字色を変更することはできませんので、黒一色の文字色となります。

リンクをつけられる?

テキストにハイパーリンクを付与することはできません。

スタートアップに登録して起動時に自動起動

付箋をデスクトップ上にドラッグ

①【スタートメニュー】を押し、②【付箋をデスクトップ上にドラッグ】します。

付箋のショートカットの作成

デスクトップに付箋のショートカットアイコンを作成しました。

shell:startupの実行

Windows+Rを押して、「ファイル名を指定して実行」を立ち上げます。

名前に①『shell:startup』と入力し、②【OK】ボタンを押します。

スタートアップに付箋のショートカットをドラッグ

スタートアップのフォルダが立ち上がりますので、その中に先ほど作ったショートカットアイコンを【ドラッグ】します。

完了

スタートアップ内に置きましたので、次回から起動時に付箋のアプリケーションが自動起動されます。

付箋の保存場所とバックアップ方法

PCの選択

バックアップするためには、付箋の保存場所を探します。

①【スタートメニュー】を押し、Wまで下にスクロールし、②【Windowsシステムツール】の③【PC】を選択します。

隠しファイルの表示

「PC」フォルダが開かれますので、①【表示】タブの、②【隠しファイルをチェック】します。その後、③【Cドライブ】を開きます。

Cドライブ

Cドライブのルートディレクトリが開かれました。ここから以下を辿っていきます。

  1. ユーザー
  2. 任意のユーザー名
  3. AppData ※表示されない場合は隠しファイルにチェックが入ってません
  4. Local
  5. Packages
  6. Microsoft.MicrosoftStickyNotes_8wekyb3d8bbwe
  7. LocalState
付箋の保存場所

ここは「LocalState」フォルダです。この中に「plum.sqlite」というファイルがありますので、これが付箋の保存ファイルになります。

こちらのファイルを任意の保存場所に【コピー】しましょう。その際に、復元できるようファイル名は変更しないで下さい。これでバックアップが完了です。

隠しファイルの非表示

隠しファイルをむやみに触ってしまうとOSが壊れてしまうで、バックアップが終わったら①【表示】タブの、②【隠しファイルをチェックを外し】ます。

削除した付箋の復元方法

付箋を削除する前に、上記の手順でバックアップを取っていたら復元ができます。

バックアップとして保存した「plum.sqlite」ファイルを、元のフォルダ「LocalState」に上書きすればデータの復元ができます。

付箋が起動しない場合は?

付箋が起動しない場合は、アプリをリセットすることで解決するかもしれません。しかしリセットをすると、これまでの付箋データが消えますので、上部の付箋のバックアップ作業を行って下さい。

設定を選択

①【スタートメニュー】を押し、②【設定】を選択します。

アプリの選択

「Windowsの設定」が開かれますので、【アプリ】を選択します。

付箋の詳細オプション

「アプリと機能」の中から①【付箋】のアプリケーションを押して、②【詳細オプション】を押します。

リセット

付箋の詳細オプション画面です。下にスクロールするとリセットエリアがありますので、内容を読んだ上で同意したら【リセット】ボタンを押して下さい。

リセット確定

リセットの最終確認です。問題なければ【リセット】を押して下さい。その後、再度付箋アプリを立ち上げてみましょう。

それでも解決できない場合は、アンインストールして、再度インストールしてみましょう。インストール手順は、記事の上の方に記載しました。

おすすめの商品をご紹介

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

CAPTCHA


Page Top