Office Hack

ワードの均等割り付けのやり方

  • by masahiro
  • Release

ワードで文字の間隔を調整するのに、Spaceを多用する方が多いと思います。ここでは、より便利な「均等割り付け」という方法をご紹介します。

均等割り付けとは、指定された文字数の幅の中で均等に文字列が広がる機能です。覚えておくと大変便利です。

均等割り付けを行う方法

ここでは、均等割り付けを行う方法について説明します。

作業時間:1分

  1. 「均等割り付け」を選択

    均等割り付けを選択

    ①【均等割り付けにしたい文字(例:鵲の渡せる橋に置く霜の)】を選択します。②【ホーム】タブ、③【均等割り付け】の順に選択します。

  2. 文字列の幅の文字数指定をする

    「文字の均等割り付け」ダイアログボックス

    ①【「新しい文字列の幅」の字数を上下のボタン】で調整し、②【OK】ボタンを押します。

  3. 完成

    均等割り付けの完成

    選択した部分の均等割り付けが完成しました。

均等割り付けを解除する方法

ここでは、均等割り付けを解除する方法について説明します。

均等割り付けを選択

①【均等割り付けされている文字(例:鵲の渡せる橋に置く霜の)】を選択します。②【ホーム】タブ、③【均等割り付け】を選択します。

※すでに均等割り付けされている文字を選択すると自動的に水色のアンダーラインが引かれます。

解除ボタン

「文字の均等割り付け」ダイアログボックスが表示されました。【解除】ボタンを押します。

均等割り付けの解除

選択されていた均等割り付けが解除されました。

文字数が設定できない時の現象と対処法

文字数が設定できない時は、行の最後の段落記号(改行のマーク)まで選択されている可能性があります。

行の終わりに文字もしくは記号を入力することで、文字数の指定が可能になります。

現象

均等割り付け

①【文字列】を選択します。②【ホーム】タブ、③【均等割り付け】を選択します。

※文字列の末尾の「る」まで選択すると、自動的に段落記号(改行のマーク)も選択されてしまいます。

行のいっぱいに広がる

文字数の設定ができず、自動的に行いっぱいに文字列が広がってしまいました。原因は段落記号(改行のマーク)まで選択されているためです。

対処法

ここでは、文字数が設定できない時の対処法について説明します。

文字列の末尾に記号を入れる

①行の末尾に『文字もしくは記号(例では「:」)』を入力し、②【文字数を設定したい文字列】を選択します。

③【ホーム】タブ、④【均等割り付け】の順に選択します。

文字列の幅の設定

「文字の均等割り付け」ダイアログボックスが表示されました。①【「新しい文字列の幅」の字数を上下のボタン】で調整し、②【OK】ボタンを押します。

記号の選択

指定した文字列が指定した文字数の分だけ広がりました。記号を削除したいので【:】を選択し、DeteteもしくはBackSpaceを押します。

※水色のアンダーラインが自動的に引かれます。

均等割り付けの完成

「:」が削除され、均等割り付けが完成しました。

※文字列の末尾でSpaceを押すと水色のアンダーラインが消えます。

よろしければ参考にならなかった点をお聞かせください

Page Top