Office Hack

Wordの翻訳機能や他オンライン翻訳ツールのご紹介

  • Release
  • Update

本記事では、Wordの翻訳機能や他のオンライン翻訳ツールをご紹介します。

Wordの機能を使用するか、Wordのテキストをコピーして他のオンラインサイトに貼り付けることにより、Word文書の翻訳が可能です。

Wordの翻訳機能

ファイル全体を翻訳する

ファイル全体を翻訳する方法は、以下のとおりです。

作業時間:2分

「ドキュメントの翻訳」の選択
ドキュメントの翻訳

①【校閲】タブ、②【翻訳】、③【ドキュメントの翻訳】の順に選択します。

翻訳ツールでの設定
英語を選択

①【翻訳先の言語(例:日本語)】、②【翻訳したい言語(例:英語)】の順に選択します。

「翻訳」ボタンを押す
翻訳

【翻訳】ボタンを押します。

翻訳の完了
英語に全体を翻訳

日本語の文章が英語に翻訳されました。

一部分を翻訳する

Word文書の一部を翻訳する方法は、以下のとおりです。

選択範囲の翻訳

翻訳したいページを開きます。①ページの中の【翻訳したい部分】を選択します。

②【校閲】タブ、③【翻訳】、④【選択範囲の翻訳】の順に選択します。

挿入

「翻訳ツール」の右ナビゲーションが表示されました。

①「翻訳先の言語」を【翻訳したい言語(例:英語)】にし、②【挿入】ボタンを押します。

一部分のみ翻訳

選択していた部分が日本語から英語に翻訳されました。

その他おすすめのオンライン翻訳ツール3選

Microsoft Wordの文書の翻訳機能以外にもオンラインのサイトを使って翻訳を行う方法があります。

「Wordの機能で翻訳がなぜかできない」、「使えない」とお悩みの方は以下の翻訳ツールをご覧ください。

Google翻訳

Google翻訳

Google翻訳は、テキストの一部(5000字以内)またはWebページ全体を別の言語に翻訳するGoogleのサイトです。

文章の言語識別機能、リアルタイム翻訳機能、音声入力機能を備えています。

DeepL翻訳

DeePL翻訳

DeepL翻訳は、ドイツ・ケルンのDeepL社によって2017年8月に開始された機械翻訳サービスです。DeepL翻訳者は英語と日本語を含む複数の言語間で翻訳できます。

weblio 翻訳

Weblio翻訳

weblio 翻訳は、ウェブリオ株式会社(本社:東京)が運営する無料のオンライン翻訳サービスです。

単語の意味だけでなく音声で発音を確認することもできます。

[Word 基本操作]の関連記事

Wordの使い方を解説!脱初心者になるための基本操作

ワードのコピーの仕方に関する情報まとめ

Wordの置換で指定した文字列に置き換える方法(Win/Mac)

Wordでのふりがな(ルビ)の振り方や解除などの様々な設定方法

ワードで※(米印)を入力する方法と脚注/注釈などの様々な使い方

ワードの脚注/注釈の入れ方と削除方法(参考文献の挿入など)

Word文書の校閲機能の使い方

ワードのテキストボックスの使い方と編集方法

ワードでテキストボックスなどをグループ化するやり方

ワードで保存ができない場合の対処法(上書き保存含む)